嚥下のリハビリ 誤嚥性肺炎の予防 口腔機能学 東京都田町にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

以前にも、パーキンソン病と誤嚥性肺炎についての症例の中で、嚥下の機能を説明しました。

パーキンソン病と誤嚥性肺炎 顎の震え

その時は、頭の傾きと顎関節について説明しましたが、今回は「嚥下」そのものの機能について症例と共にご紹介します。

口腔筋機能療法 舌がうまく動かない 

でも触れましたが、今回は喉頭蓋の機能解剖を説明します。

 


 

咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き
咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き

 

咽頭を食物が通過する際に、喉頭蓋は気管を塞ぐための蓋をします。

喉頭蓋は軟骨組織のために、それ自体に運動する機能はありません。

喉仏のすぐ上にある舌骨が前上方に動き、それをテコに喉頭蓋は気管を塞ぐべく後下方に倒れます

舌骨に付着する筋肉
舌骨に付着する筋肉

今3つの筋群に分けましたが、
①舌骨を上に動かす「茎突舌骨筋」「顎二腹筋後腹」「オトガイ舌骨筋」「顎二腹筋前腹」
②舌骨を下に動かす「胸骨舌骨筋」「肩甲舌骨筋」など

に大きく分けられます。

ここからは症例をもとに説明します。


 

症例:

80代男性:既往歴に脳出血、片麻痺による側弯

ほぼ寝たきり(座ることはなんとかできている)のため、要介護認定を受けています。

足の治療で当初往診をしましたが、食事が最近取れなくなってきたという相談を聞き、嚥下の治療も開始しました。

足の調子が悪くなってから、寝る時間が長くなり、顎関節の筋力が弱くなったことが原因のようです。

 

ここでポイント

先ほどの図

舌骨に付着する筋肉
舌骨に付着する筋肉

この顎二腹筋とオトガイ舌骨筋がかなり重要な筋肉です。

最初にお話ししたように、飲み込み(嚥下)の際に舌骨が前上方に動くことによって喉頭蓋が気管を塞ぎます。

この舌骨の前上方へと引っ張る筋肉が顎二腹筋とオトガイ舌骨筋です。

ただこの筋肉は下顎骨(顎の下の骨)に付着しているため、下顎骨が固定されていなければ機能しません。

 


 

考察:

寝たきりによって顎の筋肉が落ち、下顎骨が固定できないために舌骨の引き上げができなくなった。

そのため、咀嚼機能だけでなく、飲み込むこともしづらくなり、体力的にさらに低下した。


治療:

下顎骨の固定と、側頭骨に付着する舌骨筋や、舌を動かす筋肉の調律を合わせるために、後頭下筋群の調整を行い、かつ、肩甲骨と胸骨の調整によって、舌骨を下方に引っ張る筋肉の緊張を緩和。

 

最後の最後まで、自分で食事を取れるようにと祈りながら治療に携わらせていただいています。


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

口腔筋機能療法 舌がうまく動かない 

子供の口腔ケアや高齢者の嚥下機能の分野で流行のMFT (Myofunctional Therapy口腔筋機能療法)の理論は、歯並びや嚥下以外にも、発声の障害にも有効です。

主に舌のトレーニングを行い、歯並びや嚥下、発声の機能を改善させるこのMFTの理論を我々の手技療法を用いて行うとより効果があります。

今日は嚥下・咀嚼障害があり、発声の障害も出始めた介護受給者の治療の紹介と共に舌の機能についてもご紹介します。


舌のスポットの調整:

上顎の後ろに舌が収まるスポットがあります。

それよりも下に舌先が落ち込むと、上の歯が前歯を押し出す結果による出っ歯になる傾向にあります。

また舌先が左の方や右の方に寄ると、歯が押し分けられスキッパにもなりかねません。

そのため、この舌の位置を正しくするために舌の運動をする、これがMFTと呼ぶ治療法です。

子供の歯並びが心配な方は、ぜひ、「MFT 歯医者」で調べると近隣の歯医者が見つかるでしょう。

舌の解剖
舌の解剖

舌の機能改善に

舌の筋肉はどこに付着しているかご存知でしょうか

下顎骨、つまり顎の骨にくっついています。

下顎骨は”上顎にぶら下がっているため、頭が傾くと簡単に歪みます。

舌の運動の前に頭の傾きを治療することで、舌の動きはかなり改善します。

咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き
咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き

舌を動かす運動療法(MFT)の治療を受けられている方にはその効果がかなり高くなりますので、一度我々にもご相談ください。

頭の傾きと顎関節症の説明は以前に動画でしていますので、こちらもご参照ください


発声や嚥下機能の改善に

舌の運動が顎関節の調整によって改善することは説明しました。

舌の動きが良くなれば、発声が良くなるか、嚥下機能も改善するか、なかなかそうすぐにはうまくいきません。

そもそも口がうまく開かなければなりません。

口が開くだけではなく、喉仏の上にある舌骨が上下に移動することも非常に重要です。

さて、その舌骨を動かす筋肉はどこからどこに付着しているでしょうか?

舌骨筋
舌骨筋

胸骨や鎖骨・肩甲骨から着く筋肉もあれば、頭蓋の茎状突起へと伸びるものもあります。

つまり、嚥下機能は、肩甲骨の異常や鎖骨の異常でも生じるため、ただ嚥下の運動を行えば強くなるというものではないということです。


実際に嚥下機能の低下を訴えてこられた方に

舌の筋肉の筋力テスト:

舌の筋力低下(突出検査 右<左)

タ行の構音障害

顎関節の機能:歯と歯を触れると左犬歯が触れる。
開口時は右が先に開き、続いて左が追いつく

肩関節の機能検査:左肩の可動域<右肩の可動域
左肩は重く、筋力テストで弱化が見られました。

治療

左肩の可動域の改善を狙って、脊柱の調整
肩の筋力改善を狙った頚椎の調整時に、頭蓋の傾きも補正できるよう心がけて調整すると

噛み合わせも改善、開口時の違和感も改善、舌の筋力異常も改善、そして嚥下時の喉元の引っかかりも取れました。

このように、筋肉はただ使えば改善するものではなく、筋肉の走行を意識して起始停止している関節の調整も必要です。

MFTでも思うような改善が見られない場合でも諦めず、まず一度ご相談ください。

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら