ゴルフ 坐骨神経痛 足元からの治療と腰からの治療

「腰から足を治す方法」か、「足元から腰を調整する」かどちらが良いのか、という議論はいろんな場面で発生します。

今回はヘルニアにより腰から足にかけての痺れと痛みを抱えていた方に対しての腰からと足からの双方向からの治療により相乗効果が得られた症例を御紹介します。


症例:
女性(OL)趣味ゴルフ

症状:
2年前ゴルフ中に腰を痛め(ヘルニア持ち)、屈めない、反れないという症状で来院。
週に一回の治療、5回目でかなり改善。
ゴルフに復帰し、月一回の治療で経過観察中。

治療目標は、腰足の痛みは落ち着いており、ゴルフをしても痛めない腰を目標に、コンディショニングとして行なっている状態でした。

現在の症状は:
左足に体重が乗せられない。左片足立ちかなり不安定。親指で強く踏ん張らないと立てない、踏ん張ると足裏がつる。

検査・触診:
股関節の筋力テスト
大腿筋膜張筋、腸腰筋左<右
→左足の壁の機能低下と股関節からの回旋力の低下、左片足立ち不安定に関与

足関節筋力テスト 左長母趾屈筋減弱
→ L5/S1神経圧迫示唆、重心が後ろに移動しやすい。足の裏のつりと関与

SLR(坐骨神経痛伸展テスト) 左30°、右35°
→坐骨神経の伸長不全(圧迫箇所がどこかに存在)

腰椎の触診
L5左下方(L5/S1の圧迫が示唆)、(※下記の写真は右側のL5下方変位)
仙骨も左下方(梨状筋による坐骨神経痛もあるかも)

IMG_0324
右側L5/S1圧迫モデル

片脚立ち時トレンデレンブルグ兆候+
→中臀筋の機能障害
※ここで仙骨の下方変位があるにも関わらずトレンデレンブルグ兆候があるのに注意。何かの大小による片脚立ちができないのかも・・・。

23591709-076A-4DB8-BD8B-7EA8C869B9B5
左トレンデレンブルグ兆候モデル

治療:
左L5/S1の狭窄の解放
左股関節の調整により股関節外転筋力及び長母趾屈筋の筋力の正常化を図る。
体幹の回旋可動域の調整

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

治療結果:
股関節の筋力も上がるが、左片足立ちで左母指球(土踏まず)で強く踏ん張らないとバランスを保てない。
バランスを取ろうとしてるうちに足裏がつってくる


再度触診・検査:
左扁平足>右(舟状骨下方変位)
重心右足優位

治療:
足底圧の強い足根骨の調整。
左重心移動をしやすくなる部位を探し調整。
今回は距骨頭の下方変位。

扁平足の治療についての機能解剖学的調整に関する動画はこちらを参照ください

治療効果:
バランス取りやすくなり、片足重心安定。バランスを崩す際には母指球側に落ちていく。その際に親指で踏ん張ると足裏がつりそうになる
→再度L5/S1を調整
足裏のつり感なく安定

考察:
そもそもの足裏や股関節の筋力低下は腰の神経障害から来ていた。その筋肉を使わない立ち方で足の関節が再構築され、足底圧及び重心を身体が覚えてしまった。
腰からの治療で筋肉の促通が行えても身体の重心やバランスの取り方までは変えられず足下からの調整も必要な状態となってた。

まとめ:
適切なタイミングで適切なポイントを適切に対応すれば難しい病態も改善します。マルチモビディティ(複合病態)は単純な坐骨神経痛でさえ存在しているので、何度もフィードバックを行いながら進めていくことで良い変化を与えられます。

足腰の痛みでお困りの方は一度ご相談ください

ゴルフの左股関節の役割に対する検査と治療について説明した動画はこちら

ランニング障害 インソールで悪化した症例

ランナー膝やシンスプリントなど足の障害の治療としてインソールを使用している方を大勢見かけます。
インソールで治る方はたくさんいらっしゃいますが、一方で治らない方、悪化する方もいらっしゃいます。


今回はランナー膝で悩んでいる方の症例と共にインソールの危険性についてお話します。

 

 

症例:
30代女性 

現病歴:
1ヶ月前から毎回5㎞程度走ったところで右大腿外側に痛みを感じるようになる。
1週間ほど前から右足底にも痛みが出たため来院。
 

既往歴:
1年前から腰痛で悩んでおり、様々な場所で治療を受けるも改善せず。
2週間前にランナー仲間から勧められたインソールを付けてみるも改善はあまり見られなかった。

触診・理学検査:
大腿外側の触診→大腿筋膜張筋の緊張↑・圧痛(+)
いわゆるランナー膝であることはすぐにわかります。

さてどこから治療を始めればいいか、全身の検査と細かい触診を行なっていきます。

SLR 右30° 左45°
股関節の外転 右30° 左45°
内転 右15° 左20° 

筋力テスト:
大腿筋膜張筋↓(痛みなし)
出力を見ると、神経系の問題の有無が把握でき、明らかに腰部の治療を必要としている状態でした。
 

考察:
元々腰痛があり、大腿外側の痛みも徐々に出てくるという点を考えると、単なる筋肉の損傷ではなく、神経の圧迫によって痛みが出たと考えられます。  

腰部の触診:
(大腿外側の筋肉である大腿筋膜張筋を支配している上殿神経は腰椎4~5番目から出ている為、腰を触診します。)
L4/5間狭窄

 

fullsizeoutput_45a.jpeg

足底の触診:
舟状骨背側変位=内側縦アーチの上昇
足底筋の緊張↑ 圧痛+(母趾側において優位)
前脛骨筋の緊張↑圧痛+、筋力低下 

IMG_0798

考察:
腰部L4/5の狭窄 →L4/5支配神経の障害(上殿神経・腓骨神経)
→大腿筋膜張筋の筋力低下と痛み(上殿神経の障害)
 

前脛骨筋の過緊張と筋力低下および内側縦アーチの上昇(腓骨神経の障害)
インソールを見ると立方骨と呼ばれる外側縦アーチを形成する骨を押し上げるようなインソールとなっていました。
装具師の話では内側のアーチが高く、重心が右足の外にかかっており、それが足の外側になっているという分析だったそうです。

実際には腰部の狭窄によるアーチの変化と大腿部の痛みだったため、立方骨を無理に押し上げる行為が余計な足の痛みを引き起こしていたようです。 

 

治療:
腰部L4/5のリリース足根骨の調整(舟状骨および立方骨)
股関節のリリース
痛み10→2 

治療頻度;
週に一回の治療を3回行なったところで、10kmでも痛みなし。
2週に一回の治療に切り替わり、症状はないが、自己新記録を出すためのコンディショニング調整を今は行なっています。  

まとめ:
インソールは足元から起こった症状に対してはかなり有効ではあるが、腰部から起こった症状には変化がありません。
足根骨や重心の位置も足元から変えることが果たして有効なのか、現在に至る症状と触診結果から検討する必要があります。
ただ腰の問題が長くかかっていた場合、足元からの治療も必要なため、インソールを補助的に用いることは我々もよく行なっています。
腰から、足から、一方からの治療ではなく、双方から変化を見ることをお勧めします。

足腰やランニングの障害でお困りの方はご相談ください。

サッカー選手のイップス 空間定位と身体の位置覚

輝かしい成績を収めていたトップアスリートから相談を受ける機会のほとんどはこの「イップス」です。 今回は動画で空間定位の異常を引き起こす1症例を紹介しながら、イップスを起こす原因を説明したいと思います。

症例:
社会人サッカー

現病歴:
右サイドのトップでプレーしているが、センタリングが思うように上がらない。
股関節痛(グロインペインgroin pain)を長く患っており、現在は落ち着いているが股関節を曲げる屈曲可動域は未だ回復はしていない。
当初感じていた蹴る時の痛みはないためプレーに支障はないと考え、スポーツマッサージと針をしながらプレーを続ける。

既往歴:
2年前 右もも肉離れ
1年前 右足捻挫
半年前 groin pain

触診・検査:
右四頭筋(緊張↑、筋出力低下、反射テスト速度低下)
股関節可動域
屈曲 右80° 左110°
外転 右30° 左40°
内転 右5° 左20°
外旋 右=左
内旋 右<左

腸腰筋(緊張↑、圧痛+、筋出力低下、反射テスト速度低下、γ運動ループ低下)

腰椎左側弯
骨盤の触診 右ASIN変位(前内方変位)

足関節の可動域
内反↓、外反↑、舟状骨下方変位、距骨の外側上方変位

————————————————–

考察:
2年前の肉離れは上部腰椎の可動性制限により大腿四頭筋の緊張が強くなり、急な負荷がかかった際に肉離れを起こす。肉離れ自体は経過とともに改善をしたが、そもそもの上部腰椎(大腿神経)の機能異常は残ったままだったことにより、急な切り返しの際に腿の筋肉が収縮できず、捻挫を起こした。
足関節が一般的な捻挫(外反捻挫)の反対の内反の可動域が悪かったことから、足関節の捻挫後の固定(内反の方へ引っ張るテーピング)により、徐々に扁平足のように内反足へと変位していった。
その影響で、股関節も内旋し、骨盤も前方回旋され、結果groin painを発症。

groin painと骨盤の機能障害について説明した動画はこちらです。股関節の治療について興味のある方はこちらをご参照ください。

治療計画:
センタリングというインパクトの大きな動作として必要な大腿四頭筋と腸腰筋の神経的調整と骨盤の変位による股関節の空間定位の調整。
これをoutcomeに設定し、競技のパフォーマンスが改善するかを経過観察しました。

治療詳細:
大腿四頭筋、腸腰筋の収縮力や神経系の機能を見ながら上部腰椎を治療。
骨盤の前方回旋、および股関節の可動域を牽引や弛緩法で優しく緩める。
足関節(主に舟状骨、距骨)を調整を行う。

結果:
股関節前面の神経系改善により、細かい切り返しができるようになりました。
そして足関節機能改善によって股関節の回旋可動域も上がり、インサイドの蹴りもスムーズに運べるようになり、センタリングも狙ったところに上がりやすくなりました。
肉離れと捻挫の後遺症がまだ健側と比べるとあるようなので筋トレも一緒に行いながら経過観察を続けています。
今回の症例は、過去の怪我が、その人の足が持っている空間の認識する能力(空間定位)を歪ませてしまって起こった不調(イップス)でした。

股関節が持つ空間認識の異常について説明した動画を作成しましたので興味のある方はこちらを参照ください。

 

“イップス”のほとんどはこの空間定位の異常といっていいと私は思っています。思い描いたように実際の体は動いておらず、今までやっていた行為から知らずにずれてしまう状態です。
治すためには、いつ頃からおかしいのか、おかしくなった背景には過去の怪我と関連することがほとんどですので、既往歴から考察することも重要です。
最後に空間定位とめまい感、高次機能障害の関連について

「めまい感」を起こす空間定位(空間認識)の異常は耳にある耳石が起こすだけでなく、各関節の機能障害でも起こります。
位置覚と呼ばれる関節受容器の異常で起こるこのめまい感は、時には今回のようにスポーツ障害の「イップス」を起こす原因でもあります。
このイップスはいわゆるBody Imageと呼ばれる自分の体の認識する能力に異常と関連しているため、body imageが障害されると言われているパーキンソン病や線維筋痛症などにも関わってきます。

当院ではこの空間定位を治すことによって高次機能障害に対する治療にも応用しています。

スポーツ障害やパフォーマンスが思うように出ない方、その他にも脳障害などでお困りの方は是非一度ご相談ください。

胃の痛み・足のしびれ 神経障害と内臓

腰痛もないのに「足がしびれている、別で胃も痛い」いったい何が起こっているんだろう?と不安になっている方も多いと思います。
わたし自身の身をもって感じている不安でもありました。
しかし施術で良くなることを知った今はそんなに不思議ではありません。

 今日は胃の痛み(機能性ディスペプシア)と足のしびれについての症例を紹介致します。

足のしびれは、必ず腰が原因であるとは言い切れないが、やはり最も多い原因は腰からであるのは間違いないでしょう。 

腰痛がなくても押さえられてみて「圧痛」を感じる場合、そこはしびれと関連している場合があります。
 その圧痛のポイントが胃と関連していれば2つの異なった症状を出していても不思議ではありません。
 それでは症例をもとに細かく検証していきましょう。


 

症例 : 男性風邪を引き、長時間の睡眠によって腰痛を発症。体調の改善に伴い、いつもの日常生活に戻れ腰痛は改善。
その数週間後、食後に起こる胃痛と膨満感が始まる。
それに続くように右足大腿部内側のしびれが出現。
来院に至る


 

検査・触診 圧痛は「第1腰椎」でした。右は大腿部に放散痛があり、しびれと関連することが予想できました。 

可動域検査
SLR 右30度 左40度
外転 右30度 左40度

腹部の触診
季肋部に強い圧痛浅い層では左に緊張があり、深い層では右にも強い圧痛と右下肢に放散しました。


 

考察:

 第1腰椎の左下方変位(右起立筋の緊張過多)による後腹膜のねじれが起こり十二指腸の機能を制限させ、同部位より始まる大腿神経を刺激して右モモのしびれを発症。

胃十二指腸 第一腰椎変位
胃十二指腸 第一腰椎変位

胃痛の原因

 胃潰瘍は基本は空腹時痛が症状なので、食後の胃痛を最近では、「機能性ディスペプシア」胃の運動機能低下による症状と言われ始めています。

これは我々の技術でも改善できる症状です。
今回の症例から治療法を考えていきます。

 機能異常の原因としては、胃は後腹膜臓器ではないので動きは大きく神経的な要因が多いことが予想できます。

十二指腸は後腹膜臓器ですので、腰のすぐ表側に固定され、腰の状態で十二指腸は動きを悪くすることがあります。

胃十二指腸 第一腰椎
胃十二指腸 第一腰椎

胃痛を改善させるためには、
①胃に向かう神経系の促通による機能改善
②腰部の調整による後腹膜を介した十二指腸の機能改善


今回の症例は主に②でした。 

第1腰椎の治療そして第1腰椎の変位に対してバランスを崩していそうな背部や骨盤を調整してその場でしびれは改善しました。
座っている体勢が悪く、確かに食後にお腹を圧迫させていそうでしたので、姿勢維持のために治療を続けていて、しびれは体調の悪い時だけ出ている、そんな状態で落ち着いています。

ヒッティングスポーツ 腱鞘炎と神経障害

腱鞘炎や関節炎は頻繁に見かける症状の一つで、難しい症状はたまにあるものの、だいたい5回以内で結果が出る症状です。
診察で重要なのが、「行うべき行為」と「症状の部位」です。 

今回は「ゴルフ」を趣味にする方の「左人差し指」を曲げた時の痛みについて症例を元に機能解剖学的に原因を紹介します。キーワードは【指を支配する神経系】です。

ゴルフなどのようにクラブやラケットを握る競技では人差し指や母指の症状が比較的多く見られます。

手の障害の分類
手の障害の分類

理由は大きく2つあります。今回の「左手人差し指」はクラブやラケットを持つ際に、①グリップ部分に対して指が横(中指の方向)に押される形になります。

指の内転ストレスと腱鞘炎
指の内転ストレスと腱鞘炎

そこにスイング時にしなってくる②クラブの重みが加わると痛みを起こしやすくなります。 ではどうすれば治るのか、それぞれに対してお答えします。 ①の指が横にかかるストレスに耐えられるようにするためには、指と指の間にある骨間筋と呼ばれる筋肉が強くなければなりません。

 

手の内在筋
手の内在筋


 通常この筋肉が異常を起こすのは尺骨神経と呼ばれる神経の障害が多いので、尺骨神経を促通することで大体の場合は改善できます。 ②のクラブの重みがなぜ加わるか、ですが、ダウンスイング時シャフトのしなりが戻ってくるタイミングでリストターンが上手くできていれば、人差し指には力がかかりません。このリストターンは肘で行われているので肘の機能異常を改善すると指の痛みも改善します。 更に言えば、左手においてはリストターンに使われる回外筋は指を伸展する筋肉を支配する後骨間神経を通しているため、それも効果がある理由です。

回外筋と後骨間神経

 「痛みある部位と症状」そして「必要とされる動き」これを組み合わせるとなかなか治らなかった痛みも意外と改善できるものです。

長時間の同一姿勢による仙腸関節の離開

電車や飛行機での長距離移動や、会議やセミナー、展示会での長時間の同一姿勢、腰に疲労がたまり腰痛や坐骨神経痛を発症するだろう状態は、確かにマッサージで楽になることは多いです。 

しかし、中にはかえって悪化してしまう人もいます。
同一姿勢後に腰痛を繰り返す人やマッサージ後は良いけどすぐに坐骨神経痛は戻ってしまう、そんな人はこの「仙腸関節の離開」を起こしているかもしれません。

仙腸関節が離開する原因は様々です。
下記の動画で示したように上部の負担を片側の骨盤で背負ってしまう場合や他には股関節の筋肉に引っ張られて仙骨から腸骨が引き離されてしまう場合もあります。

 


仙腸関節が離開する方向も様々です。
図では単純に外側へと離れていますが、前方や後方に強く引っ張られる場合もあります。 

その人が行なっていた行為と姿勢から「①原因」と「②離開している方向」を推測し検査、適切な治療によって少しずつ安定を取り戻すことができます。

 

パーキンソン病と誤嚥性肺炎 顎の震え

主に運動機能の障害、例えば歩行障害や震え(振戦)を起こすパーキンソン病についてです。

誤嚥性肺炎を患うことが多いのは、喉や口元を支配している筋肉の失調が原因の1つだと考えられています。

今回の症例はそんな誤嚥と関連の高い、「口元の震え」についてです。

頭から顎、そして腕にかけての震えが止まった方をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
症例

男性:
10数年前、手の震えから始まったパーキンソン病の症状。
薬を増量しながらコントロールを図るも震えは治らず、次第に顎や頭まで震え始める。
夜中、震えによって歯と歯がカタカタと音を鳴らすようになり睡眠も思うように取れない。

症状:
左腕の震えが一番強いが、次に強いのが頭。
頭の揺れは振幅が左>右

これまでの経過:
パーキンソン病治療で有名な治療院を全国回るも効果が見られず、専門の病院で薬を増量しながら震えのコントローつを続ける。
薬の副作用(認知症のリスクがあるとドクターからも言われている)から他の治療を求められており、紹介によって当院に来院される。

パーキンソン病だからと言って特別な治療はないので、位置覚や振動覚といった深部感覚である関節受容器の過敏な状態を抑えることを目的に行うと説明した上で治療を行いました。
震えが強い部分周囲の異常から治療ポイントを考えるのが有効なケースが多いので、今回もそのように考えています。

顎と頭の震えが強いということでしたので、頭蓋と頚椎の触診をし、調整を試みました。
その場で次第に震えは治り、数回の治療で完全に止まりました。
体調が悪くなるとまた震えが大きくなりますが治療でまた止まるのでコントロールできています。

ポイントは頭の傾きでした。
顎関節はもともと頭の横への傾きに対して敏感です。(下顎が重力に逆らって上顎にぶら下がっているため)
頭が何らかの理由で傾くと、顎関節に異常なシグナルが発生し筋肉が痙攣しました。

前回記載した「顎関節の機能解剖」を見ていただければわかりやすいと思います。

パーキンソン病の震えや動作の不調でお困りの方は是非一度ご相談ください