歩行時 腰の引っかかりを感じる

歩いた時の腰の引っかかり

「歩くと腰に響く」そんな症状はよく相談されますが、
今回は、「歩いている時、足を浮かすと腰に引っかかりを感じる」そんな症状についてです。

女性:
もともと腰痛(左>右)と坐骨神経痛(左)の治療で来院していました。
数回の治療で坐骨神経痛は取れ、腰痛も比較的軽傷に落ち着いたいる状態で経過を見ていた時です。

気づくと歩いているときに腰に引っかかり(左)を感じ始めました。
特に変わったことはしていないそうです。

触診:
感じている引っかかりは、L5/S1(腰仙関節)のあたりを触っていました。
仙骨左下方変位
左腸骨左傾
L5は左に変位し、L4から右側弯がかすかにあります。

名称未設定.001.jpeg

可動域
SLR:右30°、左20°(これは坐骨神経痛があった時よりも改善)
足関節:左背屈制限

歩行分析:
引っかかりのタイミングは遊脚期初期
股関節伸展時、膝軽度屈曲
左荷重から右荷重に移る瞬間

見立て:
最初、右荷重に移る瞬間と骨盤の左傾から、いわゆるトレンデレンブルグ兆候があり、それが引っかかりの原因であると予想しました。

治療:
仙骨の左傾に対するモビリゼーション
左腸骨の外方変位に対するモビリゼーション
L4の左下方変位(L4の右側弯)に対する調整

 

治療後歩いてもらうと、引っかかりは軽減するが、なんとなくそこにまだ何かあるといった感じが残ります。
体幹の可動域を検査すると、坐骨神経痛の時から同じ体幹の右屈ができません。

再度検査:
座位での側屈(右)検査
左の下方変位は比較的硬さが取れている気はしていましたが、棘突起の右方変位で引っかかりがあります。

歩行時、左の遊脚初期は、体幹(腰椎)ではわずかに右屈と右回旋ですが、確かにその動きに対してL4が抵抗しています。

 

治療:
L4の棘突起コンタクトで右屈モビリゼーション

名称未設定.001結果:歩行がかなり軽くなり、ここ最近で一番快調に成りました。

膝の痛み、股関節のつる感覚 足が内に向かない

治療や痛みの原因の紹介動画も作成しましたので、ご参考にしてください。
膝の内側の痛みを抱えている方で、いわゆるO脚によって痛みが出ている方はたくさんいらっしゃいます。
そのO脚の理由はいくつもあるのはご存知でしょうか。
①股関節によるO脚
②足関節によるO脚
③膝関節によるO脚
この内どれなのか、というよりは不等号で評価する様なものです。
今回の状態は、①=③>②
下肢の各関節の機能検査をしてみると
股関節の内旋可動性が全くなく、足が内側に向けられないことがわかりました。
本人も脚が外に向いてしまい、まっすぐに向けると股関節がつりそうになるという症状も途中で話に出てきました。
内旋可動域:右(患側)5度、左(健側)30度
股関節の内旋可動域制限を改善させるために、
股関節を優しい弱い力で牽引、揺さぶる力を用いるモビリゼーションを用いるも右15度、左30度と改善が少ししか見られませんでした。
股関節は大腿骨と骨盤の臼蓋で形成するため、仙腸関節に問題が起こっていると股関節の動きにも影響を及ぼします。
仙腸関節の触診をすると、
腸骨:右内方変位、左外方変位
1腸骨の内方変位

スクリーンショット 2019-08-06 19.35.09

2腸骨の外方変位


スクリーンショット 2019-08-06 19.35.20

この内方変位というのは、脚が外側に向く様に変位している状態です。
腸骨の内方変位を改善すると、右25度、左30度
スクリーンショット 2019-08-06 19.41.45

本人に脚をまっすぐ向けてもらっても違和感ないくらいに改善しました。

右足の方がO脚が強いのも骨盤と股関節によるものが非常に大きかった様です。

 

腰部脊柱管狭窄症 手術後も続く症状に対しての手技の介入

「歩いていると足が痺れて動けなくなる。屈んで休むとまた歩けるようになる」
こう言った間欠性跛行(はこう)と呼ばれる症状に代表される疾患の脊柱管狭窄症は、手術でしか治らないと思われがちですが、実際には、手による徒手的な施術で改善が期待できる例が多くあります。

病態で分類することも重要ですが話が難しくなるので今回は症状によっての比較を紹介し、通院された方の手術後のMRI画像から治療について、一つの症例を紹介します。

 

手術後に改善されやすいと言われている症状

手術で改善しやすい歩行障害やおしっこが出にくいなどの症状である膀胱直腸障害もあれば、手術では改善が難しい下肢の機能障害やシビレと症状によっても手術の成績が異なっています。

この手術では改善が難しい、しびれや足の運動障害に関しては、手技を用いることで改善が多く見られます。
重度の歩行障害や、膀胱直腸障害を併発しているしびれに関しては、まずは医師の診断に従ってください。

 

手術後に手技での介入によって寛解した症例

単純に脊柱管が狭窄された部位の手術による解放だけでは良くならない状態を、患者さんからいただいた画像を元に紹介したいと思います。

IMG_0593

下肢痛、痺れ、足関節が思うように動かない、足が持ち上がらないといった脊柱管狭窄症の症状が両側にあった方です。

左足は手術後の経過が良かったのですが、右足は痛みはなくなったものの痺れと運動障害は残っていました。
つまり、右足は脊髄から出た末梢神経のどこかで障害をされていることが予想されます。

手術後のMRIと症状、そして触診から右の腰仙関節が固いことがわかり、仙骨と第五腰椎の治療でかなり寛解しました。

画像と触診から予測される関節の状態

スクリーンショット 2019-04-11 18.32.55

手術後も続く症状でお困りの方など一度ご相談ください。画像診断を頂いているものなどあれば我々の見方と合わせると大変有効ですので持参頂けると幸いです。

西村 公典

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

 

足が重い 大腿神経障害 坐骨神経の絞扼 吐き気 星状神経節過敏 交通事故

交通事故は些細な衝突であっても、その後様々な症状を出すことがあります。

頚椎捻挫、いわゆる”ムチウチ”は誰でも想像できる病態ですが、そのほかに意外と多いのが

  • 「足の付け根(股関節)が痛い」
  • 「足首が痛い、動かない」
  • 「足全体が重い」
  • 「足がつる」

こういった足の症状です。

今日の症例の神経障害のポイントはこちら
腕神経叢、頸神経根障害、星状神経節、迷走神経、胸神経(交感神経節)、大腿神経、仙骨神経叢、坐骨神経、腸骨下腹神経

症例:

女性 30代
交通事故から1ヶ月経ち徐々に悪化
・右肩から手の先までの痺れと重だるさ
・吐き気に近い気持ち悪さ
・右股関節付け根の痛みと足が重くて持ち上がらない
・階段の上りで足が持ち上がらない
・右足首全体の動かしにくさ
・足のつれ(こむら返り)
・みぞおちから下腹部にかけてのつれ感

病態:

肩からての症状:
腕神経叢の絞扼神経障害、頚椎症、頚椎捻挫の関連痛、頸神経根障害、肩肘のトリガーポイント

吐き気 気持ち悪さ:
ムチウチによる星状神経節の興奮、迷走神経の過敏症、胸神経の過敏症

右股関節付け根、右足の持ち上がらなさ:
大腿神経の障害、腸腰筋の拘縮、上部腰椎の機能不全、股関節の狭小

右足首全体の動かしにくさ、足のつれ:
坐骨神経障害、仙骨の障害、腰椎の障害

みぞおちから下腹部にかけてのつれ感:
腸骨下腹神経の障害、腸腰筋・腹斜筋の緊張

 

治療:

頚椎右側弯(左回旋変位、左側屈変位)
下部胸椎・上部腰椎右側弯(左側屈変位)
腰椎の機能制限(左回旋変位・左側屈変位)
右股関節のけん引

 

経過:

1回目:
肩の可動域30度→80度
右股関節屈曲80度→90度
SLR右30度→45度
自覚症状では、腕の重さは50%改善、足の重さはなし、足首が少し動かしにくい程度

2回目(前回から3日後):
症状はほぼ最初と同じようになっていた
肩の可動域40度→90度
右股関節屈曲80度→95度
SLR右30度→45度
自覚症状は、足の重さも足首の動かしづらさもなく快調。腕の重さは80度を超えると重い

3回目(前回から3日後):
2回目の治療の後、階段も楽に上り下りできた。右肩首の重さはあるが、比較的腕もマシ。
肩の可動域70度→120度
右股関節屈曲95度→120度
SLR右50度→70度

ちょっと無理するとまた症状は出てしまうが、日常辛くてと言った不調はなく過ごせている。
現在は最後の腕の上がりにくさと、症状の安定を目的として経過を見ている。

 

 

アクセルやブレーキを踏んでいる右足に多く生じる症状ですが、たまに反対の左側に出ることもあります。

なぜだと思いますか?

それは腰からの神経痛が関与しているからです。

もともと症状を持っていた方が事故によって増悪するケースもあれば、腰下肢痛を患ったことがない人でも突然の衝撃を受けてからなる人もいます。

 

事故が関与しているから、その衝撃が足首を負担かけたと最初思われます。
それは股関節においても同様です。衝撃は足を通して股関節にも伝わるため、ブレーキを踏みながら踏ん張る場合はなおさら股関節まで力は及びます。

当初はそう言った捻挫様の痛みであったものも次第に腰部の過緊張となり、神経痛に発展んすることもあるのです。

 

交通事故の後も続く症状や腰痛・痺れに苦悩している皆様のお力になれれば幸いです。

 

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

 

西村 公典

症例 ゴルフ外側大腿皮神経痛 椎間関節性腰痛の関連痛 肩甲背神経の絞扼

寒い時期でも天気が良ければゴルフに行かれる方もいらっしゃいます。

寒さが関係したのかもしれませんし、年末年始の休みで体が固まったのかもしれませんが、ゴルフ人口が落ち着くこの時期にゴルフをされている方のギックリ腰は意外と多いのです。

ゴルフの左足の壁と関わる股関節の外転機能制限の検査と治療について紹介動画を作成しました。
今回の外側大腿皮神経も一部関わる部分がありますので、ご参照いただければ幸いです。

症例:

急性腰痛(前屈時痛、椎間関節の狭小)

太もも外側の痺れ(外側大腿皮神経痛と椎間関節性腰痛の関連痛)

振り向いた時の背中の痛み(肩甲背神経の絞扼)

女性:50代 自由診療を選択

負傷から来院までの流れ:

年末年始の休みの後から、体の硬さを感じており、そのまま次第に腰が強張って動かなかった。

物を取ろうとした瞬間に、ぎっくり腰になり、前かがみの状態から動くことができず、寝返りも痛む。

一週間経ちとりあえず出歩く程度はできるようになったので来院。

三日後に控えるゴルフのコンペに間に合うようにと連日で来院されました。

所見:

立位からの前屈10度で腰の痛み(下部腰椎から仙骨にかけて、左右差はない)

回旋左5度 右10度 痛みというよりは腰の張り(板が入ってるようだと本人)

両太ももの前に張り

臀部から太もも横にかけて痺れ (左>右)

首も振り向くことができない (右向くと右背中に引っかかり、左向くと10度しか回らない)

施術:

仙骨の左傾斜

腰部左側弯 (第4腰椎左下方変位、第2腰椎右後方)

胸椎右側弯 (第7胸椎右後上方変位、第4胸椎右後方)

頚椎左側弯 (回旋変位)

経過:

治療一回目

前屈10度→30度

回旋 左5度→15度 右10度→30度

治療2回目

前屈45度

回旋左右30度

ゴルフ二回ラウンド

治療3回目

前屈床に手がつく

首も振り向き○

太ももの痺れなし

伸脚時に内腿の張り改善

ゴルフスイング時の首の引っかかりもなし

3回目の治療で大きな問題は改善しました。

それ以降は、ゴルフラウンド二回につき一回のメンテナンスで継続中。

今回の症例の病態:

椎間関節性腰痛、大腿外側皮神経の絞扼神経障害、肩甲背神経の絞扼神経障害、C3の頚椎症(椎間孔の狭窄)、

腰痛や痺れでお困りの方のお力になれれば幸いです。

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

腰臀部の痛み 3つの神経が分布する領域 難治生腰痛を分析 東京都田町三田西村治療院 さいたま新都心与野アギトス鍼灸整骨院

ここ最近、「どこに行っても治らない」そんな難治生の腰痛の方が立て続けに来院されました。
嘘の様に軽減する人もいれば、やはり難しい手探りを続けている方もいます。

寛解した人、そして手探りで手当たり次第に調整を試みてなんとか改善し始めた人、そんな経験からいくつかの改善点がわかってきました。

その経験を解剖学書に照らし合わせると、ちゃんと納得いく証拠が記載されているものです。

今回は、腰臀部痛について神経学から考察してみます。

腰臀部痛 人体図
腰臀部痛 人体図

腰痛の中でも骨盤の部分から臀部にかけての痛みについてです。

近年流行の仙腸関節の近くのため、”骨盤矯正”なんてすぐに勧められたりした方もいるかもしれません。

確かに、この部分の痛みは【仙腸関節】および【股関節】の治療で多くの方が改善しています。

しかし改善しない方については違った視点で、この部分の痛みを考察しなければなりません。

仙腸関節・股関節やその周囲の筋肉の治療でも効果がなかった場合、目を向けるべき視点は神経です。

この部分にはどんな神経が分布しているのか、そこに答えがあったのです。

腰痛・坐骨神経痛 仙骨の調整

3つの神経がこの部分には分布しています。

  1. 上殿皮神経:第11胸椎〜第5腰椎から出て腸骨領のすぐ上で胸腰筋膜を貫通して皮膚表面の感覚を支配しています。
    胸腰筋膜が緊張したりすると、神経が締め付けられて神経痛を引き起こす。
  2. 上殿神経:中臀筋や小臀筋、一部に大腿筋膜張筋へと神経を送る運動神経。坐骨神経とともに表面へと出て、梨状筋の上方を走行する。大臀筋中臀筋の間で絞扼を受けることもあれば、梨状筋が仙骨そして上後腸骨棘のすぐ下の部分で圧迫を受けることがある。運動神経なので、中臀筋の機能障害、いわゆるトレンデレンブルグが見られることがある。
    当院では骨盤の調整と大中臀筋・梨状筋の調整で寛解できている神経障害。
  3. 第3・第4腰神経:デルマトーム(皮膚分節)で分節ごとに分かれている皮膚神経支配。ちょうどこの部位は第3第4腰神経が分布しています。
    最近では第3・第4腰神経の部分に付着する多裂筋による皮膚分節障害が知られていて、棘突起の圧痛などがある場合は、この可能性が高いと経験的には感じています。

 

上殿皮神経・上殿神経・腰神経
上殿皮神経・上殿神経・腰神経

 

腰痛以外にも、腕の痛み、お腹の痛みも同様にいくつかの神経が支配している場合は、その走行ごとに触り分けていき、圧痛や動きの悪い部分があれば治療をしていく、その繰り返しで難治生の症状も寛解に向かうことがあります。

少しでもお力になれれば幸いです。

安心安全丁寧な治療

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
048-708-2011
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

 

 

腰痛・坐骨神経痛と仙骨の機能異常

当院でも最も多いと言っても過言ではない、「坐骨神経痛」。

慢性的な坐骨神経痛でも、意外とあっさりと変化を来たすことも多いです。
この「あっさり」という言葉は誤謬があるかもしれません。
なぜなら「細かい触診」の結果であるからです。

今日は、腰痛・坐骨神経痛の原因の一つである【仙骨】についてご説明します。

 

仙骨は寛骨とともに、骨盤を構成する骨であり、背骨を支える骨です。

仙骨は背骨と同じような骨が成長の過程で癒合し、一つの骨となります。

成長期から腰痛を患う方は、この骨が変形していたり、独特な形状を形成することがあります。
お年を召した方でも昔から腰痛があるかは聞いておく必要があるのは、仙骨の問題を見つけるためでもあります。
成長期から何度も繰り返した腰痛の方は仙骨はまず検査するべき場所でしょう。

 

スライド2

 

要点:

  • 背骨全体の歪みに関与
    腰椎(脊柱)を支えている。
  • 体重の配分調整に仙骨の傾きが関与
    上半身の荷重を左右に分配する。
  • 坐骨神経を直接圧迫 / 牽引する。
    仙骨の害則から坐骨神経が表面に出てくる。

三つの要点を記載した通り、仙骨は他の背骨と異なり、そしてまた寛骨(腸骨恥骨坐骨)と異なり、特別な役割を果たします。

この要点を踏まえると、問題点が浮かんできます。
仙骨は股関節の大きな筋肉が付着し、さらに脊柱起立筋もガッチリと付着するため、傾いたりすることがよくよくあります。
傾いて真っ先に思い浮かぶ問題はなんでしょうか?

スライド3スライド4

 

背骨の最下端に存在する仙骨が傾けば、上層部は大きくゆがんでしまいます。
これが頭痛に影響を与えてしまうこともあるため、肩こりや肩の痛み、頭痛、肘の痛みであっても仙骨は検査するべきです。

足にかかる荷重も変わってしまいます。
トレンデレンブルグ歩行という異常歩行も仙骨の機能制限を改善することで良くなる人も多いので、歩行動作できになる問題があれば、仙骨は必須の触診場所です。

スライド5.jpeg

 

最後に重要なのが、坐骨神経の走行です。
身体の表面に最初に現れるのが、この仙骨の外方です。
膝下は全て、坐骨神経によって支配されているため、足の症状において重要なポイントであります。
治りにくい足の症状は坐骨神経を疑って、仙骨を細かく調整していきましょう。

 

主な当院での治療方法は、モービリゼーションと呼ばれる関節を優しく揺り動かす治療方法を用いています。
子供でもお年を召した方でも安心して治療が受けられます。

スライド6

坐骨神経の原因として仙骨以外にもたくさんの要因があります。
当院では一つ一つ検査を大切にして、少しでも原因に近づけるように治療に携わります。

お力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
048-708-2011
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典