心臓バクバク 不整脈? 背中も痛い 田町駅にしむら治療院・さいたま新都心アギトス鍼灸整骨院

前回の内臓のブログの後に書く予定としていた呼吸機能についてですが、次回に延期致しまして、今回は、「心臓がバクバクして胸や背中も痛いんです…」という症例に対する良い結果が出たので先にそちらの症例について考察してみます。

呼吸器は循環器とも密接なので、まず、心臓に対する治療から深く考察してみます。


症例

症例:男性 50代 基礎疾患はなく普段から腰痛や足の張り、肩こりに悩む

現病歴:
朝、目が覚めた時に背中の張りや重ダルさがあり、クーラーで当たって寝て筋肉が強張ったからかなと考え、少しストレッチやトレーニングをしていた。

その後少し経ってから、心臓がバクバクいい、胸や背中がズキズキ傷み始めたため、すぐに病院で検査を行いました。

結果は心電図も血液検査も問題なく、ただ血圧が160/80と高かった。
しかし拡張期血圧は落ち着いていたため、痛み止めと胃薬の処方で経過観察となった。

服薬後も続く痛みで辛く、当院に疼痛緩和の問い合わせがあり、医師の診断から重篤な疾患は見つからなかったため、肋間神経痛を疑って治療を行いました。


治療直後は、腰が重い程度で心臓のバクバクも胸や背中の痛みもなくなり、翌日はさらに改善が見られて仕事に戻れたと連絡がありました。

さて、治療結果から、今回の体に起こった変化と、もし違った要素で症状が起こっていた場合のための別の視点の検討をしてみましょう。

 

研究・考察

まず、心臓の収縮の調整がどこで行われるのか。

洞房結節がペースメーカーの役割を果たしているので、洞房結節に対して何が変動をきたす要因となるのかを考えていきます。

①ベーンブリッジ反射(右心房の還流増加に伴い、拍出量を強くする)
②大動脈神経反射、頸動脈小体反射(化学受容器Co2に反応)
③アシュネル反射(三叉神経1枝−迷走神経の反射)

鍼灸や徒手による手技で作用できる部分を考えると、こう言った学校で習う神経反射は利用し難い。

 

心臓神経
心臓神経

参考図書:ネッター解剖学アトラス 南江堂

※素晴らしい本ですので、みなさん是非買いましょう。解剖学書は3、4冊見比べるのをお勧めします。

ここで幅広い内臓系の治療として使われる【星状神経節】(上の図で頸胸神経節)に注目したい。

花粉症や耳鳴りに対する治療としても使われる星状神経節ブロックは、ある副作用があることが知られています。

ごくまれに不整脈が起こり、その考察の研究論文はいくつかあるようで、その1つを読み進めると今回の症例で起こった変化の1つや、他の治療ポイントの検討ができました。

 

結論を言うと、星状神経節、特に右の星状神経節は洞房結節を支配しているので第1胸椎の右側に何かしらのアプローチをすれば良いという見解です。

右の星状神経節の神経支配:洞房結節と心室の前壁→ブロックにより徐脈化
左の星状神経節の神経支配:房室結節と心室の後壁→ブロックによりPR間隔が延長

つまり、右の星状神経節の興奮を抑えることができれば、異常な神経の興奮による不整脈は改善する可能性があることがわかります。

実際に、不整脈の方に星状神経節ブロックが有効であるとされているのは、この理論からですし、鍼灸や徒手医学においても経験的に効果を得られています。


今回の症例の考察

 

今回の場合においては、不整脈など心電図での問題は見られなかったため、肋間神経痛によるものであると理解できます。

Th8など、中部胸椎・下部胸椎での側屈変位(左屈変位)の改善でかなり改善したことからも、星状神経節(Th1〜4)での効果ではないことは推測できます。

神経節の解剖学的位置
神経節の解剖学的位置

参考図書:ネッター解剖学アトラス 南江堂

しかし、もしかしたら下部胸椎が第1胸椎などに多関節筋や運動連鎖を通じて、影響を与えることもあるので、二次的に星状神経節に対してアプローチできたのかもしれない。

 

今回のような不整脈があった場合でも、肋胸椎の施術や、星状神経節への調整で症状を軽減することもできます。

 

今回のように、下部胸椎などで効果のである場合もあるが、星状神経節に対する調整は様々な効果が期待できるため、しっかりと自律神経の解剖を理解する必要があります。

耳鳴りと難聴を胸椎への矯正で治療したことからカイロプラクティックは始まったそうです。

おそらくこれも星状神経節へのアプローチが成した技だと思います。

現代人は、第1胸椎は前方に変位している人が多いため基本押す動作による治療は難しいパターンの患者さんがほとんどです。
理論は知っていてもなかなかうまく治療ができないため、勉学以外に練習を続ける必要はあり、試行錯誤は今後も続ける必要がありそうです。

 

しかし、頭が痛いや胸が痛い(背中が痛い)は命に関わる深刻な問題の前兆も否定できないため、油断はできません。
かかりつけ医をもち、以後の健康管理にも気をつけなければなりません。

皆様しっかり検査は受けましょう

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

腰部脊柱管狭窄症 手術後も続く症状に対しての手技の介入

「歩いていると足が痺れて動けなくなる。屈んで休むとまた歩けるようになる」
こう言った間欠性跛行(はこう)と呼ばれる症状に代表される疾患の脊柱管狭窄症は、手術でしか治らないと思われがちですが、実際には、手による徒手的な施術で改善が期待できる例が多くあります。

病態で分類することも重要ですが話が難しくなるので今回は症状によっての比較を紹介し、通院された方の手術後のMRI画像から治療について、一つの症例を紹介します。

 

手術後に改善されやすいと言われている症状

手術で改善しやすい歩行障害やおしっこが出にくいなどの症状である膀胱直腸障害もあれば、手術では改善が難しい下肢の機能障害やシビレと症状によっても手術の成績が異なっています。

この手術では改善が難しい、しびれや足の運動障害に関しては、手技を用いることで改善が多く見られます。
重度の歩行障害や、膀胱直腸障害を併発しているしびれに関しては、まずは医師の診断に従ってください。

 

手術後に手技での介入によって寛解した症例

単純に脊柱管が狭窄された部位の手術による解放だけでは良くならない状態を、患者さんからいただいた画像を元に紹介したいと思います。

IMG_0593

下肢痛、痺れ、足関節が思うように動かない、足が持ち上がらないといった脊柱管狭窄症の症状が両側にあった方です。

左足は手術後の経過が良かったのですが、右足は痛みはなくなったものの痺れと運動障害は残っていました。
つまり、右足は脊髄から出た末梢神経のどこかで障害をされていることが予想されます。

手術後のMRIと症状、そして触診から右の腰仙関節が固いことがわかり、仙骨と第五腰椎の治療でかなり寛解しました。

画像と触診から予測される関節の状態

スクリーンショット 2019-04-11 18.32.55

手術後も続く症状でお困りの方など一度ご相談ください。画像診断を頂いているものなどあれば我々の見方と合わせると大変有効ですので持参頂けると幸いです。

西村 公典

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

 

手の痺れ 頚椎症 原因は複数ある

「痺れ (しびれ) 」この症状は簡単には良くならない症状の1つと言われています。

なぜでしょうか?
痛みの場合はその周囲を触れたりさすったり、押したりすることで、「まぎれる」こういった機能が人間の体の中には存在しています。

鍼やマッサージ、そして電気治療が痛みに効果的であると言われているのは、このメカニズムを利用しているからです。

しかし痺れに対しても有効かというと・・・。
効果的ではあるとは言われていても実際にはそう上手くは治らないのが現状です。

なぜか?
それは神経の障害は、その神経の経路上であればどこでも同じ症状を出しえるからです。
症状を出しているところには問題は少なく、その経路を頭に入れ、一つ一つ検査しなくてはなりません。

小胸筋 神経の圧迫
小胸筋 神経の圧迫
頸椎神経根
頸椎神経根
四辺形間隙
四辺形間隙

上記のように有名な神経障害は多数あり、しかし、どれも整形外科で検査されることはまずありません。
画像診断に頼っていれば、わからないのがこれらの絞扼神経障害です。

今までそういった内容を何度も紹介してきましたが、今回の紹介する症例はさらに特異的でした。


 

症例:

ゴルフのスイングで肩から腕に痛みが走り、首を後ろに倒したり、傾けると痺れが出る、いわゆる頚椎症の症状でした。

触診で第6頚椎と第4頚椎が痺れを起こしていることは明確でしたので、当初痛い側の頚椎の調整をしていました。
2回目の治療を終えても一向に変化が出ません。
痺れもうまくやればその都度痺れの範囲が減少したり弱まってきますが変化なしでした。

そこで一旦体全体の緊張を読みとると首に関しては反対側にとても強い緊張が認められたので、そこを調整するとその直後から劇的に変化が見られ、それから3回の治療で完全に取れました。

神経障害の部位とそこが解放されるための部位は別の可能性があるということです。
体はそれなりの戦略を自らとりますので、それをうまく読み取れるかが痺れに対する治療にも必要となります

 

その後、別の方で、肋骨の変位から頸椎にストレスをかけたことによって頸椎の神経根症を患った方がいらっしゃいました。

肋骨の屈曲変位による頸椎症
肋骨の屈曲変位による頸椎症

 

その人その人の原因を探るお手伝いをさせていただければ幸いです。

 

西村 公典

肩や腕の痛みに対する治療紹介動画はこちら


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

腰痛・坐骨神経痛 座ってられず仕事もできない メンタルの問題にしていいのか 東京港区にしむら治療院 さいたま市アギトス鍼灸整骨院

先日から、相次いで同様の症状を呈する患者さんが紹介され、共通の問題で改善が見られましたのでご紹介します。

「うちの社員が、腰痛によって1ヶ月異常休んでいるのですが診てもらえませんか?」

「腰の手術後も足の痛みが半年以上取れず、未だ仕事に行けていないのですが、良くなりますか?」

「軽度のヘルニアは見えるが、手術の必要ないと言われて、薬を飲んでいます。いろんな治療も試しても良くならず、強い薬になっていって未だ続く腰痛と股関節痛、どうにかなりませんか?」


「腰痛で仕事を休み続けている」
この言葉を聞いて、メンタルの問題を疑う整形外科のドクターが多いことにとても残念に感じます。
フィジカルの問題が続ければ、誰でも落ち込みます。
治療家は諦めずフィジカルの原因究明に努めることが大切です。

「この腰痛による仕事を休む」という状態は以外と多いのです。
実際には、【4日以上の休業を要する職業性疾病】のうち、約6割を占めると言われているほど多いのが実態です。
今回の症例のように多くの方のお力になれれば幸いです。


症例:

今回の症例に共通していたことは「実際に痛い場所が、別のところに起因していた」ことです。

1人の症例を元に説明したいと思います。

左の腰痛、腰の4番目の骨L4の肋骨突起に痛みを感じていました。(写真の青丸)

L4肋骨突起
L4肋骨突起

強い痛みで座り続けること、立ち上がることができません。
デスクワークで座り続けることができなく、通勤での電車の乗り換えなどが辛く、出勤もできない日々が続いていました。

今回の痛い場所である、肋骨突起はいろんな筋肉が付着する部位のため、比較的腰痛発生で多い場所です。

腰椎ベルトの固定と、ブロック注射、痛み止めトラムセットの服用、マッサージ、整体、針、いろんな治療を試したけどよくなりませんでした。


考察:

視点を変えてみる必要があります。
【どこに問題が隠されているか】

腰椎のこの部分には腰方形筋や脊柱起立筋など大きな筋肉の他に、横突間筋や多裂筋、腸腰靭帯といった比較的短い組織も付着しています。

腸腰靭帯
腸腰靭帯

L4肋骨突起の圧痛は左の下端にあったため、腸腰靭帯、もしくは横突間筋の痛みの可能性があります。

腸腰靭帯 横突間筋
腸腰靭帯 横突間筋

これらの付着する位置が歪みによって引き伸ばされた場合、より引き延ばすような刺激、例えば、牽引・マッサージ・ストレッチは効果を出しません。

触診:

実際に触診してみると、

L4の右屈
L4の右屈

L3は左が下方に変位し、L4は左が上方、仙骨は左が下方に変位していました。

L4からL5に向かう横突間筋は引き伸ばされ、腸腰靭帯も同様に引き伸ばされてしまいます。

こういった「引き伸ばされている痛み」は骨の一つ一つの動きや位置を読み取れなければよくなりません。

腰痛で苦しむ方のお力に少しでもなれれば幸いです。


安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

腕から手先の痺れ 力が入らない

梅雨時期は湿度のせいで、体が重く感じます。

この「重い」という感覚は湿度によるものだけではなく、神経症状のことがよくあります。

今日は「重い張り感・鈍痛が肩から手の先」まであり、「力が入らない」といった神経症状を呈していた方の症例を報告します。

40代男性:

学校の教員をされている方で、泊りがけの移動教室の時に、「枕の違和感」を感じていました。

すると翌朝から首肩の凝りと、肩から腕の重い張り感が出現し、次第に手の先までしびれるようになりました。

一週間が経過し、手の力まで入らなくなり、整形外科でX-pとMRIを撮影し、並行して当院に受診。

 

座っている体勢で、患側の肩が上がり、頚椎に肩から突き上げるような力を及ぼしていることが予測できました。

また、頚椎の右側(患側)が前に出ており、神経根を圧迫していることも予測できました。

 

スクリーンショット 2018-06-29 16.31.49
黄色が神経(首の隙間から出ているのが神経根)

 

後日のMRI結果では、ごく僅かのヘルニアがあるものの、手術が必要なほどではないため経過観察となりました。

ここで重要なことが
【ごく僅かなヘルニアでも神経根と呼ばれる、首から出てすぐのところにおいて圧迫を取っておかないと痺れは一向に良くならない】
ことです。

初見時の検査からも
「首を右に向けている」
「右肩を軽く下げる」
時には握力が上がることから、頸椎や胸椎の部分での回旋異常や側屈異常を改善することで握力は上がることが予測できましたので、行ってみました。

すると直後から握力は7割程度回復。
肩の可動域は9割回復。
痺れは肘周囲と肩の外側のみ少し残りましたが、手先の方への痺れは取れました。

 

3回目の治療で、ほぼ完治。
体育など運動を再開しても不自由ない程度まで回復。

ただ運動後の筋肉痛が右上肢だけ長く続くことから【遅発性筋痛】と呼ばれる神経症状が若干出現しているようだったので、激しい運動後だけその後も数回続けてもらっています。

 

手の痺れや力が入らない、肩の痛みなどでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表
048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

線維性筋痛症? 長く続く手や肩の痺れ 埼玉・東京

痺れ・痺れ感の原因は①神経 ②筋肉(トリガーポイント)③関節(関節受容器)の三つが主な原因で、最近だとその他に④空間認識がCRPSなどの難治性の疼痛過敏に影響していると研究が発表されています。
それらはどれも影響しあっているため、どこが起点となっているのか、どこを先に治療するべきなのかを把握しなければなりません。
そこで当院で利用しているのがTherapy Localizationセラピーローカリゼーションと呼ばれる、治療部位の判定に使われる触診法です。
治療に適しているポイントに手を触れると症状が軽減したり、筋力がアップしたり好転反応がすぐに出ます。
力の方向や力加減、治療のタイミングによって刻々と変化するため、今一番適した施術場所はどこなのかを探すのにとても有効な手段です。
まずは、左肩から手の痺れ、特に手の指(小指薬指だったり、親指人差し指だったり移動する)を患っていた方の症例検討を含めて再度”痺れ”について考えてみたいと思います。
”腕からのの痺れを訴えていて、手の先の痺れは日によって場所が変わる”
この場合、真っ先に疑うのは頚椎の問題、つまり手に向かう神経の問題として考えられます。
それなりの年齢の方であれば、頚椎の変形があるためほとんどの方で頚椎症や、頚椎椎間板症、変形性頚椎症という診断が下されます。
なのに首の治療を受けても一向に良くならない場合、次はどんなことを考えなければならないでしょうか?
頚椎にTherapy Localizationを用いても、痺れが増強するため、今は首の治療を行うタイミングではないことがわかりました。
次はどこを触診しなければならないか。
今回のように広範囲の痺れをきたしている場合、トリガーポイントと呼ばれる筋肉の過緊張(攣縮)から起こる『痺れ感』(神経から起こっているわけではないので痺れ感とします)が考えられます。
よく言われる腕に向かう痺れ感をきたす筋肉といえば、肩甲骨周囲の筋肉です(例えば肩甲下筋、棘下筋)
確かに、過緊張を起こしており、肩の可動域にも影響をきたしているため、トリガーポイントも有効かもしれません。
しかし、肩甲骨周囲の筋肉に触れても痺れが再現そして増強します。
なのでこれも今治療する部位ではありません。
もう一つの関節受容器の異常による痺れ感だあった場合、肘関節と手関節の過緊張や機能異常が考えられます。
肘関節の橈骨が過緊張を起こしていたため、軽く牽引を行って見るが、今までと同様に痺れが増強。
尺骨肘頭は内方上方変位しているため、肘頭のモビリゼーションを試みるが思うような効果は得られなかった。
手・腕・肩の痺れの場合、だいたい今までやってみたところで変化が見られますが、今回は全て痺れが増強するサインが出ているため、うまくいきません。
最後に残った手関節を触診してみます。
尺骨茎状突起が背側に緊張を起こし、手首が背屈制限を起こしています。
背屈させながら尺骨をリリースすると、その瞬間から小指・薬師の痺れが消失します。
指を動かすのは鈍い感触がまだあります。
尺骨の背側偏位
尺骨の背側偏位
そのあと痺れは母指側に3本付近が気になり、舟状骨の外転変位・内転制限、母子中手骨と大菱形骨の外転制限がありました。
実際に親指を動かすのに自覚する制限はあるかと尋ねると、伸展できません。
大菱形骨・第一中手骨をリリースすると指の伸展の痛みのなくなり、手の痺れが消失しました。
舟状骨の偏位
舟状骨の偏位
大菱形骨の偏位
大菱形骨の偏位
そのあと、最初に触って痺れが増強した首や腰を触ると痺れは増強せず、むしろ指の動きの鈍さが改善されやっと施術できる状態になりました。
Therapy localizaitonでは、当初増悪サインを出していた頚椎や腰椎も、動きが軽くなるといった寛解ポイントのサインが現れましたので手の治療の後にはいつもの全体治療の効果を出すことができました。
このように主観的な症状である”痺れ”の治療は治療ポイントを見つけるのが難しく、1回目でそれを発見できるかは問診が鍵となっていたりします。
今回も振り返れば、手に負担がかかる仕事をしていることや手に急激な力がかかることをした翌日から症状が悪化していることから、手の問題が多く関連していることにすぐに気づけていたかもしれません。
長らく痺れの症状でお困りの方に対して、少しでも早く解決に向かいますようお力添えできれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典