震え

歩行障害

パーキンソン病と誤嚥性肺炎 顎の震え

主に運動機能の障害、例えば歩行障害や震え(振戦)を起こすパーキンソン病についてです。 誤嚥性肺炎を患うことが多いのは、喉や口元を支配している筋肉の失調が原因の1つだと考えられています。 今回の症例はそんな誤嚥と関連の高い、「口元の震え」...
タイトルとURLをコピーしました