口腔筋機能療法 舌がうまく動かない 

子供の口腔ケアや高齢者の嚥下機能の分野で流行のMFT (Myofunctional Therapy口腔筋機能療法)の理論は、歯並びや嚥下以外にも、発声の障害にも有効です。

主に舌のトレーニングを行い、歯並びや嚥下、発声の機能を改善させるこのMFTの理論を我々の手技療法を用いて行うとより効果があります。

今日は嚥下・咀嚼障害があり、発声の障害も出始めた介護受給者の治療の紹介と共に舌の機能についてもご紹介します。


舌のスポットの調整:

上顎の後ろに舌が収まるスポットがあります。

それよりも下に舌先が落ち込むと、上の歯が前歯を押し出す結果による出っ歯になる傾向にあります。

また舌先が左の方や右の方に寄ると、歯が押し分けられスキッパにもなりかねません。

そのため、この舌の位置を正しくするために舌の運動をする、これがMFTと呼ぶ治療法です。

子供の歯並びが心配な方は、ぜひ、「MFT 歯医者」で調べると近隣の歯医者が見つかるでしょう。

舌の解剖
舌の解剖

舌の機能改善に

舌の筋肉はどこに付着しているかご存知でしょうか

下顎骨、つまり顎の骨にくっついています。

下顎骨は”上顎にぶら下がっているため、頭が傾くと簡単に歪みます。

舌の運動の前に頭の傾きを治療することで、舌の動きはかなり改善します。

咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き
咽頭を通過する時の喉頭蓋の動き

舌を動かす運動療法(MFT)の治療を受けられている方にはその効果がかなり高くなりますので、一度我々にもご相談ください。

頭の傾きと顎関節症の説明は以前に動画でしていますので、こちらもご参照ください


発声や嚥下機能の改善に

舌の運動が顎関節の調整によって改善することは説明しました。

舌の動きが良くなれば、発声が良くなるか、嚥下機能も改善するか、なかなかそうすぐにはうまくいきません。

そもそも口がうまく開かなければなりません。

口が開くだけではなく、喉仏の上にある舌骨が上下に移動することも非常に重要です。

さて、その舌骨を動かす筋肉はどこからどこに付着しているでしょうか?

舌骨筋
舌骨筋

胸骨や鎖骨・肩甲骨から着く筋肉もあれば、頭蓋の茎状突起へと伸びるものもあります。

つまり、嚥下機能は、肩甲骨の異常や鎖骨の異常でも生じるため、ただ嚥下の運動を行えば強くなるというものではないということです。


実際に嚥下機能の低下を訴えてこられた方に

舌の筋肉の筋力テスト:

舌の筋力低下(突出検査 右<左)

タ行の構音障害

顎関節の機能:歯と歯を触れると左犬歯が触れる。
開口時は右が先に開き、続いて左が追いつく

肩関節の機能検査:左肩の可動域<右肩の可動域
左肩は重く、筋力テストで弱化が見られました。

治療

左肩の可動域の改善を狙って、脊柱の調整
肩の筋力改善を狙った頚椎の調整時に、頭蓋の傾きも補正できるよう心がけて調整すると

噛み合わせも改善、開口時の違和感も改善、舌の筋力異常も改善、そして嚥下時の喉元の引っかかりも取れました。

このように、筋肉はただ使えば改善するものではなく、筋肉の走行を意識して起始停止している関節の調整も必要です。

MFTでも思うような改善が見られない場合でも諦めず、まず一度ご相談ください。

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

 

舌癖に対する治療考察 東京都にしむら治療院

ここ最近、何かの運動遂行機能の障害の患者さんが多数来院されています。
「足が動かない」
「手が動かない」
「手を口元に持っていくと震える」
「足が痙攣する」
がこれまでよく相談されていたものでした。
ほとんどが神経系のトラブルによる運動機能の障害だったので、大体の方が治るもしくは良くなっていきました。
今回新たに「舌が偏る、うまく動かない」といった舌下神経麻痺用の症状を来した方の変化が出ましたので勉強を兼ねて考察をしていきたいと思います。
体幹の筋肉が縮まると、その方向へと体は傾きねじれます。
力こぶが収縮すると肘は曲がり、太ももの前の筋肉が収縮すれば、膝が伸びます。
しかし、筋肉で構成される舌は収縮すれば伸びるという性質があるため、機能障害が起こった時には舌は患側へとよる傾向があります。そんな特異な性質のある舌の障害について、症例を元に考えていきたいと思います。舌の麻痺が幼い頃からあり、構音障害(発音の障害)を来している。
口をすぼめることが難しいのと、下を突き出すと左に偏ってしまう。
病院では、舌の奥が麻痺しているとの診断で、脳深部刺激療法を行いましたが、舌が偏るのは逆に強くなっていましました。
もともと脳に特に目立った異常がなかったため、治療は中止し、現在に至る。
先天的な右半身の麻痺が少しあるのが影響しているのかもしれませんが、今回施術にあたって「空間認識」も踏まえて治療にあたりました。
頚椎は右屈しているため下顎は右にスライドしており、右の顎関節は緊張が強く、口を開けると下顎は右に寄ってしまいます。
「下顎は右に、舌は左に偏ってしまう」
こういった現象が関連あるのであれば、顎関節に対する治療と変わりませんので、私の対応範囲であることがわかります。
temporomandibular articulation
temporomandibular articulation
実際に頚椎を安定させ、下顎の調整を行うと舌はまっすぐ伸び出し、口すぼめもしやすくなりました。
頭蓋・環椎・軸椎の不整列
頭蓋・環椎・軸椎の不整列
舌の動きは舌下神経によって支配されています。
舌下神経が麻痺すると、舌は患側に曲がるのです。
つまり今回の左偏るのは左側の舌下神経の機能障害であることはわかります。
実際に脳深部刺激の電極は左の脳にありました。
もし舌下神経の機能障害が、脳による問題ではなく、顎関節の機能の障害によって起こっているものだとしたら・・・。
そもそも舌は下顎に付着してるものですので、下顎が偏れば、下顎に付着する舌が示すまっすぐと、身体の中心からの真っ直ぐは違ったものとなってしまいます。
「めまい」という症状があるように、舌も前後左右を混同することがあるのかもしれません。
今回の方と同様の「舌の機能障害」を患う他の患者さんにも対応できるかわかりませんが、変わる人もいるということも経験することができました。
今後も良い変化が続くことを祈りつつ、精進を続けたいと思います。
今回ご縁をいただきました、お医者様にも感謝申し上げます。いつもありがとうございます。
今回の経験を歯科医師の先生と議論した際に、「舌癖」というものが矯正歯科分野で盛んになってきている話を教えていただきました。
舌の筋機能障害に対するトレーニングです。
とても良いトレーニングでしたので舌のトラブルを抱える方にご紹介をしていきたいと思います。
歯科医師の先生にもこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典