片麻痺による歩行障害 神経促通と協調運動 東京都港区田町 埼玉県さいたま市

片麻痺による拘縮や、パーキンソン病による振戦などの効果については今まで何度か紹介してきました。

※上肢の拘縮の改善についてを紹介したのはこちら

歩行障害も同様に効果はあります。

キーワードは:伸張反射の抑制、新しい運動連鎖の作成

歩行障害において問題となるのは、遊脚期の足の引っ掛かりをぶんまわしによって回避する作業と、立脚期の重心の乗せ方です。

ブルンストロームステージは日によって変動がありますが、今回は部位によって4か3といった具合です。

治療前と治療後の歩行動作の変化はこちらの動画です。


まず、治療前の歩行から解説します。

歩行転換時に、
①左足が前に出ないために時間がかかっています。

ももは上がっているので、足関節の背屈がうまくいかないために振り出せません。

座位では、踵も爪先も同時に着くことができるので、随意運動の背屈(前脛骨筋の収縮)ができないことによって起こっていると予想できます。
②体の右回旋もなんだか重そうです。

実際に体幹の回旋を検査してみると右回旋できません。

 

 


体幹の回旋を治療した後が、最初の動画左側の歩行動作です。

すんなりと右回りできています。

しかし左肩が上がり、腕の拘縮が若干強く見えます。

そこで次に頸部と背部の調整をして、左手の拘縮の治療を行いました。

35秒目で現れる動画右側の歩行は、上肢の治療後の歩行動作です。

肘の拘縮も少し抜けているのがわかると思います。

歩行動作も非常にスムーズになりました。

再度下記の動画で確認してみてください。


このように神経の反射の抑制や動きの連動を取ることでその場で効果が現れることも多いです。

脳神経障害でお困りの方もご相談ください。


【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

坐骨神経痛・お尻に電気が走って歩けない

腰痛のタイプ分類を動画にてご紹介しています。

ご参考までにどうぞ Youtubeリンク

「トレンデレンブルグ兆候(歩行)」

という、中臀筋の筋力低下が原因の歩き方があります。

 

腰痛患者さんや、股関節、膝関節に痛みを持つ方が多いこの兆候。

片足立ちで顕著に現れる骨盤の不安定を表し、一般的にも知られていて、スポーツ施設などでも指摘される人は多いのではないでしょうか?

「じゃあ、中臀筋を鍛えましょう」としてトレーニングをするリハビリやスポーツ施設は多く、ほとんどの方で失敗に終わる傾向にあります。

それはなぜか。

大切な身体の問いかけがないからです。

「なぜ中臀筋が弱くなるのか?」

「なぜ骨盤が傾くのか?」

今日はそのなぜの疑問によって、坐骨神経痛が改善した患者さんをご紹介します。

女性:

坐骨神経痛様の臀部の痛みと股関節の詰まる感覚があり、足をつくとびりっと痺れてしまうため、歩けませんでした。

Pain in leg

病院では脊柱管狭窄症と変形性股関節症と診断され、リハビリをし、筋力低下を指摘されたためスポーツジムと契約して運動をしていたが悪くなる一方だったので当院に紹介され来院。

中臀筋のトレーニングも行なっていたことから、【なぜ、筋力がつかないのか】を焦点に当て治療に当たると、

体重を患側にのせようとすると、上半身が健側に残ったままのために、骨盤だけが押し出されています。

これがトレンデレンブルグ兆候の原因だったのです。

胸椎の11番目に大きく傾いた場所があり、そこを治療した途端に片足立ちも痛くなくなりました。

81D05C1A-B33D-4257-B5D9-42902C3F7CFC

他にも重心移動を制限していた要因があり、そこを繰り返し治療と動きの補正を行なったことでみるみる良くなり、苦痛なく運動ができるようになりました。

身体の問いかけ「なぜ?」を大切に治療に当たらせていただきます。

少しでも腰痛や股関節痛で苦しむ方のお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

ゴルフで起こった股関節の痛みから歩行困難に…

ゴルフで起こる股関節の痛みでは左足と右足で使う動きが若干異なるため、治療方針も左右で異なります。

右股関節であれば、インパクト時に右の腰から股関節を前に押し出す必要があります。

左股関節であれば、右の入れ込みに対して左を少し引くことと、壁といわれる様にインパクトまで体の捻る力と体重移動をためるために固定の役割を必要とされたりします。

 

普段はゴルフ後に腰下肢の筋肉痛程度の方が、ちょっとした力みから歩行困難なまでに痛みの増強が生じてしまった方の症例を紹介したいと思います。

もともと右股関節に疾患を持つため、無理をすると右股関節は痛み(重い痛みとビリッとした痛みの両方)を来すことがある患者さんです。

しばらく大きな問題がなかったため来院されませんでしたが、ゴルフ後から歩行も困難なほど増悪したので急遽来院しました。

足を持ち上げることができず、固定して歩いてきます。

先週末にゴルフの打ちっぱなしをしている最中に違和感を覚え、次の日ラウンドの途中から痛みが強く、さらに痛みが強くなっている状態です。

考えてみるとその前からちょっと違和感は出てきたということでしたので、慢性的な痛みと急性期の痛みが混同していることが予想されます。

右の骨盤が前方・内側に巻き込むような形になっていました。

右腸骨 後面外方 前面内方偏位
右腸骨 後面外方 前面内方偏位

ゴルフの動きと非常に似ています。

腰椎は右側弯を来たし、痛みのある右股関節の上に体を乗っけているような雰囲気。

腰椎の右側弯モデル
腰椎の右側弯モデル

理学検査

SLR R10°  L40°

股関節屈曲 R80° L95°

外転 R10° L30°

内転R10° L15°

腹臥位膝屈曲R90° L60°(右股関節に痛み)

足首の関節も非常に緊張が強い。R>L

まとめると右股関節は可動域の低下が目立ち、ただ左膝を曲げると右股関節に痛みを出すことから、左の腰椎にも問題が診られることが予想できました。

腰椎は右凸の側屈変位。つまり左に下方変位が存在することが予想され上部腰椎は全体的に左下方変位でした。

左側を治療していきます。すると左膝を曲げても右股関節に痛みは走らなくなりました。

右骨盤の回旋と前方への変位を次ぎに取ります。

仰向けで股関節を動かすと、初動時にビリッと痛みますが、可動域はかなり改善しました。
つまりは腰部の右側弯と骨盤の変位が可動域の制限を起こしていました。

しかし初動時のビリッという痛みは取れず、試しに得られていた情報の足関節に注目しました。

つま先を上に上げる動きの背屈をすると抵抗がみらてます。

つま先を上に上げた状態で足を持ち上げるとビリッとした痛みがありません。

これは四頭筋の筋トレに足関節の協同を持たせると効果が高いことと同様の神経機構の働きであると予想されます

 

距腿関節の検査と調整
距腿関節の検査と調整

 

足関節の治療と股関節の牽引を行い歩いてもらうと普通に歩けるということでした。

ゴルフの動作とその人の体の雰囲気を読み取り、適切な検査と治療を行えば、急性期の歩行が困難な程度の痛みであってもすぐに改善することができます。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

腰臀部痛から鼠径部・下肢まで続く神経痛 仙腸関節の機能不全

当院に通っている方で一番多いのが腰から起こる下肢痛でお悩みの方です。

腰痛はなく、坐骨神経痛だけの方から、
腰痛で歩行困難となっている方、
臀部痛が強くびっこをひく、足が思うように動かない
といったように、人それぞれ症状は異なります。

症状が人それぞれ異なるように、腰部に存在する「腰仙関節」「仙腸関節」の状態も様々です。

今回は、膝の伸びないことによって起こった骨盤の傾きが下肢全体への痛みへと波及した事例をもとに、腰仙関節・仙腸関節の機能制限から起こる下肢の痛みについて症例をもとに当院での治療計画について説明します。

症状:

左の腰下肢痛に悩み、腿(もも)から膝にかけての痛みと痺れが強く、歩行がままならないという
腰部はこのように左側の仙骨が後ろになるように捻られており、さらに仙骨の左側が下方に変位するように傾いています。

fullsizeoutput_fa

 

おそらく、この傾きが立位や座位での左側の坐骨神経を障害しているように見えます。

しかし、今回の症状の腿から膝にかけての痛みは外側から前面にかけても生じているため、大腿神経や外側大腿皮神経といった部分にも影響を受けていることが予想だれます。

確かに第3腰椎/第4腰椎間は狭くなっており、大腿神経も障害されているようです。

左L3/4の狭小モデル
左L3/4の狭小モデル

さらには左の仙腸関節の緊張が強く、可動性が落ちていることからも、仙腸関節由来の鼠蹊部痛や下肢痛の痛みも同時に出現しているようでした。

鼠径部の痛み サッカー・テニス・ゴルフ Groin pain
(鼠径部の痛みをGroin painと言い、アメリカでは仙腸関節由来と言われています。過去の投稿をお読みください)
関節のあそびの触診(モーション・パルペーション)によって、原因関節が特定できたらあとはそこを緩めるだけです。仙骨の緊張が一番強く、股関節や膝関節を優しく緩めた後に再度仙腸関節にアプローチすると緩んでくれました。
IMG_2759

IMG_0582

治療後にこんな歪みを起こす原因など思い当たることはないかと尋ねれば、
最初は膝の痛みがあって整形外科で膝の治療をしていたがそれから少しずつ下肢全体に痛みが広がっていったと、時系列を思い出されていました。

つまりは膝の痛み(背景に腰椎の3番の機能不全)があり、そこから膝が伸びなくなって骨盤の傾斜につながり、仙腸関節の可動性の制限を起こして最終的に、下肢全体と歩行障害となったと仮定できました。

治療後は経過が良く、週一回の治療から現在は3週に一回でも歩行には問題ない程度にまで改善してきています。腰部とそれに付随する下肢の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典