不妊治療 左卵巣の腫れ 十二指腸と第一腰椎の調整の関連 東京都港区三田にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

新しい勉強の課題は、新規で来られる方や久しぶりに再来院される方によってもたらされ、かつその課題は既存の方でうまくいかなかった方を改善する一歩に繋がったりします。

これまでにうまくいかなかった方には、当時出会った頃には至らなかった点で申し訳なく思いますが、これから向き合うかもしれない方々の症状のためにも、こうやって少しずつ治療を成長させなくてはならないと感じる今日この頃。

 

今までは、筋・筋膜、関節、神経とかなり深く学んできたつもりではありましたが、ここに内臓と血管を付け加えるとかなり詳細まで人の体を見ることができるようになります。

今日は、不妊治療(妊活)に関わる点をご紹介したいと思います。


症例:

これまでに妊活を目的とする方や、腰痛や足の痛みなどを主訴として患ってきた方の中に、こんな随伴症状(副症状)を抱えている方がいらっしゃいました。

①左下腹部の張り(当初は便秘と関連付けをしていました)

②左の腎臓の機能低下(40代前半にして左の腎臓は機能を著しく低下していました)

③既往歴:左陰嚢水腫(男性:子供の頃に手術をしていました)

④左卵巣の腫れ(左の卵管が狭い、左の卵巣からの排卵が少ない)

 

こういった随伴症状を骨盤内神経の機能低下による症状として、主症状である妊活や股関節治療の一環として、腰部や骨盤の治療を行っていました。

 

しかし、これらが呼吸(横隔膜)、左卵巣(精巣)静脈、十二指腸とで繋がっていることを知ったのはつい最近です。


機能解剖:

それでは機能解剖学で、これらの症状を紐解いていきましょう。

まずは、機能性ディスペプシアについて記載した部分と重なりますが、

※機能性ディスペプシアについて書いたブログはこちら 胃の痛み・足のしびれ 神経障害と内臓

胃十二指腸 第一腰椎
胃十二指腸 第一腰椎

胃から繋がる十二指腸(上の図緑)は第一腰椎の高さに始まり、第2第3腰椎付近で後腹膜と接続して固定されています。

第1腰椎付近で胃の幽門から十二指腸に至るのですが、この付近では、腹膜内臓器となるため、小網で腹膜と連結してはいるものの、可動性に富む状態です。

トライツ靭帯 十二指腸
トライツ靭帯 十二指腸

十二指腸は横隔膜からなる(今回はこの部分の詳細は割愛します。次回に呼吸と胃の関連で書く予定)と言われているトライツ靭帯(写真黄色で光っている部分)によって、回腸となる前の蛇行部分で第2第3腰椎付近に固定されています。

下部胸椎や上部腰椎への治療が胃腸の機能を改善させるのは、今までも特別なことではありませんでした。

しかし、トライツ靭帯が横隔膜の一部からついていることに気づいた今、なかなか改善しなかった胃腸障害や、呼吸機能の治療に大いに役に立ってくれます。
(※呼吸機能とトライツ靭帯の詳細については次回にアップする予定です。)


 

今回は、妊活との関連をテーマにトライツ靭帯と生殖器の関わりを述べたいと思います。

 

不妊治療で相談される「左の卵巣での卵細胞の発育が遅いみたい」「左の排卵ができていない」「左の卵巣が腫れていると言われました」

『では左の卵巣を支配している左の腰椎で悪い部分を探そう』というのは必ず正解とはならなかったのはこのトライツ靭帯が関係していたようです。

 

左精巣(卵巣)静脈
左精巣(卵巣)静脈

 

写真ではピンク色で描かれている静脈が左の精巣静脈です。(女性であれば卵巣静脈)

(※乳幼児での陰嚢水腫や鼠蹊ヘルニアではこの静脈ではなく、腹膜から伸びて起こる腹膜鞘状突起が関連します)

左卵巣静脈
左卵巣静脈

左卵巣静脈は右側と異なり、左腎静脈につながります。(右側は、そのまま下大静脈に繋がる)

この左の腎静脈は上腸間膜動脈と腹大動脈によって圧迫を受けることがあります。
(重篤だとナッツクラッカー現象と言われる稀な疾患病態が存在しますので、血尿や下腹部痛がある方は、泌尿器科を必ず受診してください)

上腸間膜動脈 トライツ靭帯 左腎静脈
上腸間膜動脈 トライツ靭帯 左腎静脈

 

つまり左の卵巣(男性だと精巣)が腫れる原因の1つに、トライツ靭帯や上腸間膜動脈による圧迫があるということです。

そして話を戻すと、トライツ靭帯は横隔膜の右脚からなると言われているので、横隔膜が付着する肋骨や腰部と関連します。

さらに、十二指腸は後腹膜臓器のため腰部(特に第2・第3腰椎)との接続も強く、その全体の位置関係からトライツ靭帯(組織学的には伸び縮みの少ない組織である)の緊張度と左腎静脈や左卵巣(精巣)静脈の圧迫を起こすとわかりました。

 

このところ内臓や血管の走行にも意識を向け始めたところ、思っても見ない治療効果が出ることもありますが、簡単だと思っていた五十肩の治療で苦戦したり、これならすぐ治せそうだなと思っていた坐骨神経痛も治せなかったりと一喜一憂する臨床の日々です。

また新たな勉強の課題に直面することで、今までに良くできなかった症状をまた1つ改善できる喜びとして感じつつ、人間の体を理解するという途方もない道を漸進していきたいと思います。

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

呼吸機能の改善 肺の手術後やランニングのコンディショニング 東京都/田町駅/三田駅 さいたま市/与野駅/ さいたま新都心駅

今回のページは
前書き→機能解剖→症例の流れで記載しています。

今回と同じ”胸郭”に関係あるブログはこちら
肩の痛みと腕の疲労感 胸郭出口症候群

医療関係者はこちらのアメリカのオステオパシー(徒手療法)の資料をみるととても勉強になりますよ。
肺炎のための有用な補助的ツールのオステオパシー


まえがき

コロナウイルスによる肺炎の懸念はますます高まっており、どのテレビ局も放送時間を割いて注意喚起をしています。
私自身は学生時代の肺炎のトラウマから、日々のニュースでコロナウイルスによる肺炎の症状を見聞きする度に、学生の頃に肺炎で死にかけた事をフラッシュバックしています。

息を吸っても肺に酸素が取り込まれなかったあの時の辛い思いは、今私自身がこうして医療従事者としての人生を歩むきっかけとなっているので、今一度、この場で何ができるのかを見つめ直す機会ともなっています。

※東京都港区にある「にしむら治療院」もさいたま市にある「アギトス鍼灸整骨院」も衛生管理を徹底し、リスク管理を最大限に行いながら最小限の診療を続けております。
各治療院の対策についてはそれぞれのホームページからご確認ください
にしむら治療院ホームページ
アギトス鍼灸整骨院ホームページ

私は学生時代、肺炎によって低酸素状態となり緊急搬送され治療を受けたことがあります。
小児喘息の持病があり、通常よりも呼吸機能が弱かったことが、軽い肺炎でも私にとってはとても酷い重篤な事態となっていました。

症状が改善し、退院する時に、今後も肺炎など呼吸器系の疾患で心配しないようにいくつかのアドバイスを教えて頂いたことを今でも思い出します。

  • 健康なうちに、肺活量を上げるためにトレーニングをすること(例えば、水泳やマラソン)
  • 胸式の呼吸から腹式呼吸を活用する(男性は腹式呼吸の方が強い割合で機能すると言われています)
  • 寒冷時、気管支を刺激しないように鼻呼吸をすること(口呼吸だと冷たい空気がそのまま気管支を通り抜け、刺激することで気管支が狭くなる)

 

この留意点は、健康な方も肺炎になった方も意識しておいてほしい点です。

 

その後医療従事者になる道を選び、いろんな専門書物を読みあさったことで、様々な徒手療法(手技)やエクササイズで呼吸機能を改善させることを学びました。

 

そういった知識と経験は、
肺癌を患い、その手術によって片方の肺の機能が弱くなり、着替えることも休み休み呼吸を整えなければままならない方の治療にも活かすことができています。

手術や疾患によって落ちてしまった呼吸機能の改善だけでなく、
マラソンを行っている一般ランナーやトップアスリートのコンディショニングにも活かすことができています。

幸い昨年は、世界陸上にも選手を送り出したり、テニスでは高校生日本選手権で優勝まで導くことができました。

今思うと、きっかけは学生時代の肺炎の経験だったことを思い出します。

さて、本題に進みます。


機能解剖学:

吸気時上部肋骨

肺は自らによって膨らんだり、しぼんだりすることはできず、肋骨に覆われた胸郭と横隔膜と呼ばれる筋肉によって、受動的に膨らまされ、肺に酸素が入る仕組みになっています。

その胸郭の動きは、背骨と肋骨の関節の構造によって幾つかの特徴があります。

その特徴に合わせた治療法を選択することで、肺に病を患っている方も、スポーツ選手も状態をより良いものにとすることができます。

まず、
上部肋骨(第一肋骨から第5または第6肋骨)までは、肋骨の前方に付着する胸骨が起き上がるようなポンプの柄に例えられる運動をします。

ポンプの柄 肋骨の動きのモデル
ポンプの柄 肋骨の動きのモデル

背骨(椎骨)と肋骨の関節である、「肋椎関節」をてこにして胸骨が持ち上がります。

下部肋骨は、それに対してバケツの柄のような運動をします。

吸気時中部肋骨
吸気時中部肋骨 バケツの柄運動
バケツの柄 中部肋骨 胸郭の運動
バケツの柄 中部肋骨 胸郭の運動

上部肋骨が前後に広がるの対して、下部肋骨は主に横の幅が広がります。

肺の機能が障害されている側の胸郭において、上部の脊椎は伸展(反らす)の制限、下部の脊椎においては側屈の制限があると、胸郭がうまく広がらず酸素が肺の中に取り込まれにくくなります。


症例:

80代 男性

症状 :
肺がん手術後に起こっている息切れ疲労倦怠感、腰痛、足のだるさ(足が持ち上がらない)

検査:

胸郭を触診し、呼吸時の肋骨を触ってみると、手術をした左の胸郭(実際には左の下葉を手術で除去)があまり膨らんでいません。

手術をした側なので手術痕による組織の癒着も考えられます。

肋骨1つ1つの可動性を検査
第6肋骨と第5肋骨で段差ができており、その肋骨を調べると、

第5肋骨:左屈変位
第6肋骨:屈曲変位

呼吸 肋骨(胸椎)の変位
呼吸 肋骨(胸椎)の変位

↑この屈曲変位も側屈変位も胸郭が広がりにくくなる現象なので、この治療で呼吸は深くできるようになります。

側屈の治療の仕方を紹介した動画はこちらです。

ご高齢になられますので骨折にも気をつけなければなりません。
今回は、座ったまま体幹を支えるような治療で少しずつ関節の動きを取り戻していきました。


補足:

横隔神経 C3
横隔神経 C3

今回は胸郭の動きである肋骨についてお話ししましたが、”横隔膜”に注目して考えると頸椎の調整も必要になります。

横隔膜を支配する横隔神経は、第3頸神経から出てくるため、頸椎の調整が必要なことがあります。

頸椎の調整については下の動画の1″44秒くらいから登場しますのでご参照ください。

 

 

まえがきでもご説明したようにマラソンランナーや水泳選手においてもこの呼吸機能を鍛えることは1つのテーマでもあります。

私自身もトップアスリートのケアに携わってきた中で、小さな改善の積み重ねが昨年の世界陸上に選手を送り出すような結果にも繋がりましたので、ぜひスポーツを嗜む方にも意識してほしいことです。

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら