心臓バクバク 不整脈? 背中も痛い 田町駅にしむら治療院・さいたま新都心アギトス鍼灸整骨院

前回の内臓のブログの後に書く予定としていた呼吸機能についてですが、次回に延期致しまして、今回は、「心臓がバクバクして胸や背中も痛いんです…」という症例に対する良い結果が出たので先にそちらの症例について考察してみます。

呼吸器は循環器とも密接なので、まず、心臓に対する治療から深く考察してみます。


症例

症例:男性 50代 基礎疾患はなく普段から腰痛や足の張り、肩こりに悩む

現病歴:
朝、目が覚めた時に背中の張りや重ダルさがあり、クーラーで当たって寝て筋肉が強張ったからかなと考え、少しストレッチやトレーニングをしていた。

その後少し経ってから、心臓がバクバクいい、胸や背中がズキズキ傷み始めたため、すぐに病院で検査を行いました。

結果は心電図も血液検査も問題なく、ただ血圧が160/80と高かった。
しかし拡張期血圧は落ち着いていたため、痛み止めと胃薬の処方で経過観察となった。

服薬後も続く痛みで辛く、当院に疼痛緩和の問い合わせがあり、医師の診断から重篤な疾患は見つからなかったため、肋間神経痛を疑って治療を行いました。


治療直後は、腰が重い程度で心臓のバクバクも胸や背中の痛みもなくなり、翌日はさらに改善が見られて仕事に戻れたと連絡がありました。

さて、治療結果から、今回の体に起こった変化と、もし違った要素で症状が起こっていた場合のための別の視点の検討をしてみましょう。

 

研究・考察

まず、心臓の収縮の調整がどこで行われるのか。

洞房結節がペースメーカーの役割を果たしているので、洞房結節に対して何が変動をきたす要因となるのかを考えていきます。

①ベーンブリッジ反射(右心房の還流増加に伴い、拍出量を強くする)
②大動脈神経反射、頸動脈小体反射(化学受容器Co2に反応)
③アシュネル反射(三叉神経1枝−迷走神経の反射)

鍼灸や徒手による手技で作用できる部分を考えると、こう言った学校で習う神経反射は利用し難い。

 

心臓神経
心臓神経

参考図書:ネッター解剖学アトラス 南江堂

※素晴らしい本ですので、みなさん是非買いましょう。解剖学書は3、4冊見比べるのをお勧めします。

ここで幅広い内臓系の治療として使われる【星状神経節】(上の図で頸胸神経節)に注目したい。

花粉症や耳鳴りに対する治療としても使われる星状神経節ブロックは、ある副作用があることが知られています。

ごくまれに不整脈が起こり、その考察の研究論文はいくつかあるようで、その1つを読み進めると今回の症例で起こった変化の1つや、他の治療ポイントの検討ができました。

 

結論を言うと、星状神経節、特に右の星状神経節は洞房結節を支配しているので第1胸椎の右側に何かしらのアプローチをすれば良いという見解です。

右の星状神経節の神経支配:洞房結節と心室の前壁→ブロックにより徐脈化
左の星状神経節の神経支配:房室結節と心室の後壁→ブロックによりPR間隔が延長

つまり、右の星状神経節の興奮を抑えることができれば、異常な神経の興奮による不整脈は改善する可能性があることがわかります。

実際に、不整脈の方に星状神経節ブロックが有効であるとされているのは、この理論からですし、鍼灸や徒手医学においても経験的に効果を得られています。


今回の症例の考察

 

今回の場合においては、不整脈など心電図での問題は見られなかったため、肋間神経痛によるものであると理解できます。

Th8など、中部胸椎・下部胸椎での側屈変位(左屈変位)の改善でかなり改善したことからも、星状神経節(Th1〜4)での効果ではないことは推測できます。

神経節の解剖学的位置
神経節の解剖学的位置

参考図書:ネッター解剖学アトラス 南江堂

しかし、もしかしたら下部胸椎が第1胸椎などに多関節筋や運動連鎖を通じて、影響を与えることもあるので、二次的に星状神経節に対してアプローチできたのかもしれない。

 

今回のような不整脈があった場合でも、肋胸椎の施術や、星状神経節への調整で症状を軽減することもできます。

 

今回のように、下部胸椎などで効果のである場合もあるが、星状神経節に対する調整は様々な効果が期待できるため、しっかりと自律神経の解剖を理解する必要があります。

耳鳴りと難聴を胸椎への矯正で治療したことからカイロプラクティックは始まったそうです。

おそらくこれも星状神経節へのアプローチが成した技だと思います。

現代人は、第1胸椎は前方に変位している人が多いため基本押す動作による治療は難しいパターンの患者さんがほとんどです。
理論は知っていてもなかなかうまく治療ができないため、勉学以外に練習を続ける必要はあり、試行錯誤は今後も続ける必要がありそうです。

 

しかし、頭が痛いや胸が痛い(背中が痛い)は命に関わる深刻な問題の前兆も否定できないため、油断はできません。
かかりつけ医をもち、以後の健康管理にも気をつけなければなりません。

皆様しっかり検査は受けましょう

 


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

足が重い 大腿神経障害 坐骨神経の絞扼 吐き気 星状神経節過敏 交通事故

交通事故は些細な衝突であっても、その後様々な症状を出すことがあります。

頚椎捻挫、いわゆる”ムチウチ”は誰でも想像できる病態ですが、そのほかに意外と多いのが

  • 「足の付け根(股関節)が痛い」
  • 「足首が痛い、動かない」
  • 「足全体が重い」
  • 「足がつる」

こういった足の症状です。

今日の症例の神経障害のポイントはこちら
腕神経叢、頸神経根障害、星状神経節、迷走神経、胸神経(交感神経節)、大腿神経、仙骨神経叢、坐骨神経、腸骨下腹神経

症例:

女性 30代
交通事故から1ヶ月経ち徐々に悪化
・右肩から手の先までの痺れと重だるさ
・吐き気に近い気持ち悪さ
・右股関節付け根の痛みと足が重くて持ち上がらない
・階段の上りで足が持ち上がらない
・右足首全体の動かしにくさ
・足のつれ(こむら返り)
・みぞおちから下腹部にかけてのつれ感

病態:

肩からての症状:
腕神経叢の絞扼神経障害、頚椎症、頚椎捻挫の関連痛、頸神経根障害、肩肘のトリガーポイント

吐き気 気持ち悪さ:
ムチウチによる星状神経節の興奮、迷走神経の過敏症、胸神経の過敏症

右股関節付け根、右足の持ち上がらなさ:
大腿神経の障害、腸腰筋の拘縮、上部腰椎の機能不全、股関節の狭小

右足首全体の動かしにくさ、足のつれ:
坐骨神経障害、仙骨の障害、腰椎の障害

みぞおちから下腹部にかけてのつれ感:
腸骨下腹神経の障害、腸腰筋・腹斜筋の緊張

 

治療:

頚椎右側弯(左回旋変位、左側屈変位)
下部胸椎・上部腰椎右側弯(左側屈変位)
腰椎の機能制限(左回旋変位・左側屈変位)
右股関節のけん引

 

経過:

1回目:
肩の可動域30度→80度
右股関節屈曲80度→90度
SLR右30度→45度
自覚症状では、腕の重さは50%改善、足の重さはなし、足首が少し動かしにくい程度

2回目(前回から3日後):
症状はほぼ最初と同じようになっていた
肩の可動域40度→90度
右股関節屈曲80度→95度
SLR右30度→45度
自覚症状は、足の重さも足首の動かしづらさもなく快調。腕の重さは80度を超えると重い

3回目(前回から3日後):
2回目の治療の後、階段も楽に上り下りできた。右肩首の重さはあるが、比較的腕もマシ。
肩の可動域70度→120度
右股関節屈曲95度→120度
SLR右50度→70度

ちょっと無理するとまた症状は出てしまうが、日常辛くてと言った不調はなく過ごせている。
現在は最後の腕の上がりにくさと、症状の安定を目的として経過を見ている。

 

 

アクセルやブレーキを踏んでいる右足に多く生じる症状ですが、たまに反対の左側に出ることもあります。

なぜだと思いますか?

それは腰からの神経痛が関与しているからです。

もともと症状を持っていた方が事故によって増悪するケースもあれば、腰下肢痛を患ったことがない人でも突然の衝撃を受けてからなる人もいます。

 

事故が関与しているから、その衝撃が足首を負担かけたと最初思われます。
それは股関節においても同様です。衝撃は足を通して股関節にも伝わるため、ブレーキを踏みながら踏ん張る場合はなおさら股関節まで力は及びます。

当初はそう言った捻挫様の痛みであったものも次第に腰部の過緊張となり、神経痛に発展することもあるのです。

 

交通事故の後も続く症状や腰痛・痺れに苦悩している皆様のお力になれれば幸いです。

 

安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

西村 公典