振戦

座骨神経痛

足の震えによる歩行障害 不随意運動に対する治療

筋収縮についてリハビリの論文や生理学の研究を読み漁っていると、生理学で習っていることと現場で得られている研究論文とに差が生じることは珍しいことではありません。 理由の1つとして、生理学の研究が多い時期が1930-1980年代に行われ...
歩行障害

パーキンソン病と誤嚥性肺炎 顎の震え

主に運動機能の障害、例えば歩行障害や震え(振戦)を起こすパーキンソン病についてです。 誤嚥性肺炎を患うことが多いのは、喉や口元を支配している筋肉の失調が原因の1つだと考えられています。 今回の症例はそんな誤嚥と関連の高い、「口元の震え」...
タイトルとURLをコピーしました