内側半月板損傷 仙腸関節の関連 東京都港区にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

内側半月板損傷を患っていた方には、

サッカーやラグビーなど急な方向転換や接触スポーツで痛めた方
ゴルフやテニスなど非接触スポーツで体の回旋を行う方
変形性膝関節症と併発している方

などスポーツ傷害から慢性疾患まで様々です。

今回紹介するのは、自衛官の方で、パラシュートの落下訓練時に膝の半月板損傷と前十字靭帯断裂をした方です。

症例を紹介するとともに、仙腸関節と半月板の関連についてご紹介します。

 

キーワードは:
ハムストリングスの筋繊維構造の違い筋繊維構造と特異な機能半月板と筋肉の関係


症例:

30代 男性 自衛官

20代の時にパラシュート落下の訓練中、着地時に膝を痛める。

訓練後病院にて前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断され、十字靭帯の手術を行いリハビリを行なった。

基本的な動きには支障はなく、疲れが出てくると膝の内側に痛みと可動域制限が出現。少しずつ悪化していくのが気になり紹介され来院に至る。


基礎解剖学:

内側半月板は半膜様筋によって後方に引き出され、膝の屈曲時に半月板が引っかかる(ロッキング)ことを防ぐことができます。

今回の様に、膝の内側半月板の損傷があった方は、膝の屈曲可動域制限がある場合、多くのかたが、膝の裏側に引っ掛かりを感じることが多いです。

今回の場合も、膝の表側の張りよりも、膝の裏側に詰まった感覚がありました。

半月板とその周囲の組織
半月板とその周囲の組織

症例に戻ります。

検査すると膝の屈曲時に、脛骨の後方変位が強く、前方引き出しにより、膝の屈曲可動域は改善しました。

 

脛骨の前方引き出し
脛骨の前方引き出し

また、膝の屈筋の出力も低下していましたので、坐骨神経の障害も疑い、下部腰椎の調整も行いました。(下記は別のサッカー選手における治療経過で撮影したものですが同様の経過だったので引用します。)

確かに膝の屈曲の筋力テストにおいて改善は見られるものの、膝の屈曲の最終域でまだ詰まった感覚が起こります。

通常、脛骨の治療で改善することが多いのですが、今回はそううまくいきません。

最終結果

仙腸関節の治療に用いる坐骨の調整で最終屈曲も良くなりました。

仙腸関節の調整
仙腸関節の調整

今回はその理由について考察します。

 


機能解剖学からの考察

ハムストリングスにおける筋繊維の違い
ハムストリングスにおける筋繊維の違い

 

腱と筋繊維の向きによって得意とする機能は変わります。

半月板を後方へと引き込む半膜様筋は羽状筋の構造になっています。

内側ハムストリングスを一緒に構成する半腱様筋はと言うと…
紡錘筋(平行筋)という構造になり半膜様筋と機能が異なります。

それが二つの異なる筋肉が存在する理由なのかもしれません。

 

半膜様筋は伸長された際に力を発揮しやすい筋肉のため、起始停止の位置関係が重要になります。

その起始部である坐骨結節は仙腸関節の機能障害によって位置が変化します。

今回坐骨の治療が膝の屈曲角度を改善した理由は、
筋繊維構造の違いによる内側ハムストリングスの協働運動の障害が起始部位の改善によって正常になった、と考察できます。


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

 

膝の痛み 半月板損傷 手術以外の選択肢が決して消極的とは言えない

膝の痛みを抱えて来られる方が続けて紹介されてきました。

症状はと言うと、

1:膝の変形が強い方
2:変形は強くないが半月板損傷が疑われる方
3:過去の怪我が引き金となっている方
4:成長痛の子供
5:スポーツ選手

それぞれ痛みの原因や怪我のキッカケが様々ですので、治療計画は異なります。

今日は②の半月板損傷の症例についてご報告します。

 

数名いらっしゃった半月板損傷の方の中で一番症状の重い方の改善結果についてです。

膝のロッキングという膝を曲げるとガチッとロックする症状で来院されました。

 

「膝のロッキング」と呼ばれる症状で疑われる代表的な疾患は、

1:十字靭帯損傷
2:タナ障害
3:半月板損傷

 

そのうち大病院で「内側半月板の完全断裂」と診断を受け、手術以外はないと言われています。

手術を受けられない事情があったので、ご家族がうちに通っていることもあり、しばらくはこちらで治療を続けることになりました。

 

1回目、2回目はなかなかロッキングも変わるものではなく、なんとなく膝の曲がりに弾力が出てきた程度でした。

3回目の治療は少し間隔を短くして来院してもらい、前回の治療効果がまだ残っている状態で開始しました。

周りの緊張が解けていたこともあり、「ここが引っかかってるな」と感覚でわかり、そこに牽引をかけていると、膝が少し曲がり始めました。

膝の解剖図
膝の解剖図

図で示すと内側半月板の後面に引っかかりがある感覚でした。

実際にはここを通る半膜様筋がこの内側半月板を引き出す作用があるため、この筋肉の機能を上げることで良い結果となりました。

4回目も膝の曲がりが更に良くなることができました。ロッキングはまだ深い角度で起こるため、手術の検討は未だ続きますが徒手でも比較的可動域の改善は可能です。

 

半月板損傷や半月板の炎症などの痛みにお困りの方はご相談ください。

 

西村 公典

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。