子供の発達 出産時における回旋異常が発育に及ぼす影響

昔、アメリカでは、カイロプラクタティックドクターが出産に立ち合い、生まれてくる胎児の調整を行っていたそうです。

当時は産科婦人科も学問の対象であったという話から、子供の歩行障害に対しての治療の一環として、正常分娩とは何かの勉強を始めたのが数年前になるかと思います。

今回の症例は、出産における回旋異常が、その後の発育に及ぼす影響について説明を交えてご紹介します。


骨盤回旋

※胎児は出産時に回旋しながら胎盤を通り抜けます。

症例:

母親の腰痛と坐骨神経痛が最初の来院動機でした。

主訴:
左腰痛と左足坐骨神経痛(臀部が一番強く、足は痺れよりは張って重いという感覚)

左に骨盤が傾斜し、あぐらをかいて子供を足に乗せる際に、当初左足の上に乗せるのが辛いなという感覚から起こり、次第に腰痛・坐骨神経痛を発症。

治療方法:
股関節の屈曲と外旋の可動域が減少しており、あぐらがかけなくなっているのを改善させる目的で股関節の牽引と仙腸関節の調整。

骨盤の傾斜に伴い、腰痛が左側弯している
仙腸関節の調整の後、左側弯し坐骨神経となる前の第4腰神経の圧迫を側弯の調整。

この腰痛や坐骨神経痛の治療に関しては、ご説明したようにいつも通りの治療で改善しました。
腰痛の治療を重ねる中で、お子さんの出産の話や、歩いている時の片足を少しひきづるような仕草について相談があり、一度見させて頂くことになりました。


今回のテーマ

「子供の成長と出産時の回旋以上」

左足を少しひきづるような歩き方をしていました。
触診してみると、

SLR(下肢挙上テスト) 左30度 右90度
股関節外転 左30度 右45度
股関節外旋・内旋 左<右

といったように、左足の股関節の可動域が低下していました。

新生児の頃には向き癖が強く、左側をよく見ていたそうです。

今度は体幹と頸椎の振り向きに差があるのかをチェックすると
頸椎 左回旋90度 右回旋45度
体幹 左回旋>右回旋

今も向き癖の名残はあるようでした。

治療:

姿勢反射の観点から、頸椎と体幹の回旋可動域を改善させてあげると左股関節の可動域も改善し、歩行の動作もスムーズにすることができました。

むきぐせが新生児の時から強い場合、多くは出産時や妊娠中の胎児の状態が関わっています。

難産(出産時の回旋異常)だったことや、逆子の期間が長かったことが後々の問診で聞き取れたので、やはり母体の骨盤や腰椎、そして股関節の状態が子宮を傾け、胎児の回旋異常を起こしたと仮定できます。

妊娠するまでだけに目を向けず、子供のためにも出産の時のストレスにも目を向けていただければ幸いです。

妊娠中の施術を希望される場合は、安定期を過ぎてから、もしくは担当医師にご相談の上、ご連絡ください。

 

不妊治療でお困りの方もぜひ一度ご相談ください。


【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

不妊治療 骨盤内神経刺鍼

鍼灸治療を続けて妊娠できたという方もいますが、当院では必ずしも鍼灸治療を受けている人が妊娠しているわけではありません。

それはなぜか、鍼灸でも整体でも、「どこを刺激するか」が重要だからです。
もちろん針の刺激は指で押すよりも神経に対する刺激としてとても有効です。

まず、最近の鍼灸治療での不妊治療に対する効果についてご説明します。

 

東洋医学的な考え方
「経絡」いわゆる「気の流れ」から見た手足のツボやお腹や脈を診て、治療するツボを判定する方法があります。
そこでよく使われる膀胱系のツボの1つ「次髎」(☆印)について紹介します。

次髎ジリョウのツボ
次髎ジリョウ

東洋医学的に使われているツボですが、西洋医学の観点からも重要なツボです。
西洋医学でも重要なツボとされているのは、「坐骨神経」と並行して走る「陰部神経」が骨盤内の臓器に付着するからです。

鍼灸学会では不妊治療に「陰部神経」や「骨盤内神経」が重要であるという研究結果が挙げられています。
当院で不妊治療で困っていた方で無事出産された方というのは、ほとんどが当初腰痛で紹介されてきた方々です。
つまり腰痛である状態が、骨盤内神経を障害させ、結果、子宮内膜や骨盤の正常な機能を妨げていたということです。

腰痛が良くなっていく中で、不妊についての相談が発覚し、そのまま妊娠出産という嬉しい報告を聞くことができました。

腰痛を患っている方や、下肢の痛みを患っている方の中で不妊を患っている方は、足の方へと向かう神経と並行して走る、骨盤の中へと向かう神経の問題を抱えている場合がありますので、ちゃんとした腰の治療を受ける必要があります。

特に不妊専門で治療している治療院は腰痛に対する知識が乏しいため、腰痛を患っている方で不妊治療に通っている方は、腰痛に対する専門の治療をきちんと受けることをお勧めします。

不妊・逆子治療 婦人科に対する治療効果

開業して何年も経つと3世代に渡り治療させて頂くことがよくよくあります。

お母様が来院されていたことをきっかけとして娘の不妊治療、孫の発達障害やスポーツ障害を治療させていただく機会はどんどん増えていきます。

いつもありがとうございます。

 

この度、ご懐妊後、お腹の中で順調に育っていた30週目に「逆子」であることがわかり、逆子に対する治療が始まりました。

東洋医学では足の小指にある「至陰」というツボが有名です。

 

PXT00001683809602
至陰のツボ

 

至陰へのお灸に加えて、構造学的に逆子を見ていきます。

腹診から胎児の動きを予想します。

 

婦人科の学問によれば、

出産前に子供の頭が骨盤の中にスッポリとはまり込むことで、出産の準備が始まります。

骨盤の傾斜や仙骨の後傾、ゆがみは子供の頭が降り辛くなります。

プリンシンプル参加婦人科学
プリンシンプル参加婦人科学 胎児の回旋

腹部を優しく触診しながら子供の動きが悪い方向を探し、腰椎や骨盤の動きの悪い方向と関連付けながら施術を行っていると

今回の症例では3回目の施術後の検診で逆子が治っていました。

不妊や逆子の治療経験も増えてきて、命の誕生を耳にする喜びは格別です。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典