ランニング障害 インソールで悪化した症例

ランナー膝やシンスプリントなど足の障害の治療としてインソールを使用している方を大勢見かけます。
インソールで治る方はたくさんいらっしゃいますが、一方で治らない方、悪化する方もいらっしゃいます。


今回はランナー膝で悩んでいる方の症例と共にインソールの危険性についてお話します。

 

 

症例:
30代女性 

現病歴:
1ヶ月前から毎回5㎞程度走ったところで右大腿外側に痛みを感じるようになる。
1週間ほど前から右足底にも痛みが出たため来院。
 

既往歴:
1年前から腰痛で悩んでおり、様々な場所で治療を受けるも改善せず。
2週間前にランナー仲間から勧められたインソールを付けてみるも改善はあまり見られなかった。

触診・理学検査:
大腿外側の触診→大腿筋膜張筋の緊張↑・圧痛(+)
いわゆるランナー膝であることはすぐにわかります。

さてどこから治療を始めればいいか、全身の検査と細かい触診を行なっていきます。

SLR 右30° 左45°
股関節の外転 右30° 左45°
内転 右15° 左20° 

筋力テスト:
大腿筋膜張筋↓(痛みなし)
出力を見ると、神経系の問題の有無が把握でき、明らかに腰部の治療を必要としている状態でした。
 

考察:
元々腰痛があり、大腿外側の痛みも徐々に出てくるという点を考えると、単なる筋肉の損傷ではなく、神経の圧迫によって痛みが出たと考えられます。  

腰部の触診:
(大腿外側の筋肉である大腿筋膜張筋を支配している上殿神経は腰椎4~5番目から出ている為、腰を触診します。)
L4/5間狭窄

 

fullsizeoutput_45a.jpeg

足底の触診:
舟状骨背側変位=内側縦アーチの上昇
足底筋の緊張↑ 圧痛+(母趾側において優位)
前脛骨筋の緊張↑圧痛+、筋力低下 

IMG_0798

考察:
腰部L4/5の狭窄 →L4/5支配神経の障害(上殿神経・腓骨神経)
→大腿筋膜張筋の筋力低下と痛み(上殿神経の障害)
 

前脛骨筋の過緊張と筋力低下および内側縦アーチの上昇(腓骨神経の障害)
インソールを見ると立方骨と呼ばれる外側縦アーチを形成する骨を押し上げるようなインソールとなっていました。
装具師の話では内側のアーチが高く、重心が右足の外にかかっており、それが足の外側になっているという分析だったそうです。

実際には腰部の狭窄によるアーチの変化と大腿部の痛みだったため、立方骨を無理に押し上げる行為が余計な足の痛みを引き起こしていたようです。 

 

治療:
腰部L4/5のリリース足根骨の調整(舟状骨および立方骨)
股関節のリリース
痛み10→2 

治療頻度;
週に一回の治療を3回行なったところで、10kmでも痛みなし。
2週に一回の治療に切り替わり、症状はないが、自己新記録を出すためのコンディショニング調整を今は行なっています。  

まとめ:
インソールは足元から起こった症状に対してはかなり有効ではあるが、腰部から起こった症状には変化がありません。
足根骨や重心の位置も足元から変えることが果たして有効なのか、現在に至る症状と触診結果から検討する必要があります。
ただ腰の問題が長くかかっていた場合、足元からの治療も必要なため、インソールを補助的に用いることは我々もよく行なっています。
腰から、足から、一方からの治療ではなく、双方から変化を見ることをお勧めします。

足腰やランニングの障害でお困りの方はご相談ください。

ランナーズニー 腸脛靭帯炎は【骨盤の回旋過多】が原因

腸脛靭帯 iliotibial-band と呼ばれる膝の外側にある靭帯の炎症は、ランナーに多くランナーズニーとも呼ばれています。

当院ではランニングのフォーム分析と関節機能学検査によって、異常フォームの原因まで追求しているので、ランナーズニーに多い原因部分が見えてきます。

本日はその最も頻度の多い原因をご紹介します。

 

まず一般的に言われるのが、ニーイン(膝が内側に入る)していることが原因と言われ、おしりにある臀筋の筋力強化を指導されます。

しかしなかなか良くならない難治例の方は多くいらっしゃいます。

お読みになっていただいている方の中にはそういった難治例の方もいらっしゃるかもしれません。

筋力低下→筋力強化の流れは安易で、

筋力低下→問題把握→問題改善→結果筋力が上がる→再発防止のため筋力強化

これが本当の治療です。

 

さて、難治例の方の問題の一つをご紹介します。

 

難治例に多いのが【足の接地時に体幹の回旋が強すぎる】ことです。

スピードをあげる場合、歩幅ストライドを大きくするか回転数を上げることを通常行います。

ストライドを大きくするために腰を捻転させすぎると、それによって、ニーイン(膝が内側に入る)状態になり、結果、腸脛靱帯炎を引き起こしてしまいます。

 

問題把握ができました。

問題改善するためにはどうするかというと、
腰の捻転、主に患側の方に回旋が強い部分は反対側に回らないことがほとんどなので、その回旋を作っていきます。

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

人によってはその関節が捻挫のようにゆるくなっていることがあるので、その場合は固定とスタビリティ強化のための体感筋力トレーニングが必要になってきます。

 

さらに動きを体が記憶している場合もあるので、【接地の瞬間の膝と体幹の位置をプライオメトリクスなどを使って体に覚え込ませる】ことも必要なケースがあります。

筋力トレーニングは、使いやすい筋肉を収縮させてしまって、悪化させることがあるので、弱い力で覚えこませて行くことが重要です。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典