文字を読むのが疲れる 頭痛やめまいの神経学 東京都港区にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

在宅ワークが進み、普段であればデスクトップパソコンの大きな画面で見ていたのが、タブレット型パソコンによる画面が小さくなり、十分な仕事場を確保できずに画面に近づいてしまっている、そんな方から頭痛やふらつきの相談がありました。

その他にも、頭痛とめまいで来院された方で、症状が出始める前から変わったことがなかったかと状況を問診していく中で、寝ながら携帯を見ていることが多くなったせいだというのがわかったことがありました。

一人目の方は、近くをみることによって起こる眼球の内側への動き、輻輳運動と呼ばれる内側への動きが起こしていためまいで、眼球運動と頸椎の協調運動の調整、そして長時間の座り姿勢による腰と股関節の調整で改善されました。

二人目の方は、普段見ている世界と重力の方向が一定だった状況から、寝ながら携帯で画面を見ることによる重力に対して垂直の世界に視界が広がることによる混乱が影響していることがわかり、眼球の回転と頭蓋や顎関節の調整によって頭痛とめまいが改善されました。

めまいやふらつきといった症状でもその方の状況と症状とをうまく統合して検査と治療を組み合わせることが重要です。

今回は「読む」ということの神経学について最後ご紹介します。

「読む」ことの神経学

文章を読んでいる人の目を追ってみると実際にわかるかと思いますが、文章を読む場合、眼球運動は滑らかに動いてはおらず、高速に単語間を跳ぶように眼球運動します。

この高速に動く動きを衝動性眼球運動 Saccadeと呼びます。

これとは違い、動いているものを目で追う場合のように滑らかに眼球が動くのを滑動性眼球運動 Pursuitと呼びます。

例えば、このブログのように横文字の場合は、外眼筋の外直筋(目を外側に動かす筋肉)によって制御されています。(日本語の教科書のように縦文字はまた別の機能があります。割愛)

外眼筋は6つの筋肉によって成り立っています。

構造と機能を知って本当にうまくできているんだなと思うのは、この外眼筋の外直筋は他の筋肉と違って外転神経によって支配されていることです。

上斜筋も特別な役割があるために、滑車神経という別の神経に支配されています。

国家試験には当たり前のように出題されるこの神経支配の違いは、昨日から考えていくととても合理的にできています。

詳細は割愛します。

一人目の症例でお話しした近い距離で仕事をしていたことがどうしてめまいにつながるのかというと、

ご説明したように近くで見る場合には、目を寄せる内直筋を使って輻輳運動します。

常に焦点を近くにするために行っている眼球の内転によって文字を読む際にサッケードするときに利用する外直筋が利用しにくくなっていたからです。

外眼筋は、他の筋肉と違って筋紡錘と呼ばれる筋肉の張力を感知するセンサーがない組織構造らしく、余計にこの異常を察知できなかったのではないかと推測しています。

文章を読む際のサッケードは、視界の中の興味がある対象物へとジャンプして移動するサッケードと違い、視野の中心窩と呼ばれる目の黄斑中心部分の近傍にある傍中心窩で行っています。

この傍中心窩は視点から1〜5度の範囲でしかありません。

ですのでかなり微細な外眼筋の出力が必要になります。

ちなみに失読症の方は眼球運動の異常をもたらすと言われています。

このように読むという行為はただ視界を探索するのとは違った神経機構が存在しています。

頭痛やめまいでお困りのかたのお力になれれば幸いです。


安心安全な優しい施術

【にしむら治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

ホームページはこちら

【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

ホームページはこちら

頭痛 引っ張られるめまい感 東京都港区にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

頭痛に加えて、片方に引っ張られるような感覚のあるめまいの症例について今回はご紹介します。

これまでにめまいは様々な病態の治療を経験してきましたが、今回は視覚と頭の傾きがポイントでした。

症例:

ここ数ヶ月間、めまいと頭痛に悩まされ、病院に行って脳の検査・耳鼻咽喉科による平衡感覚の検査を行うも異常なまでの数値は出なかったため、知人に紹介されて今回、来院に至ります。

症状:

右側頭部の頭痛、めまいは右に引っ張られる感覚

考察:

右側頭部の頭痛として予測できる病態は、”大耳介神経の痛み“もしくは”咀嚼筋である側頭筋の緊張“です。

側頭部に向かう神経である大耳介神経は、第2頸椎と第3頸椎の間から出てくるため、頸椎の問題で頭痛を起こします。

大耳介神経

側頭筋は、顎関節の状態で硬くなったり萎縮したりします。

症状が出る時期と合わせて歯の治療に通っていたかなどの聴取はとても重要です。

側頭筋と顎関節

現病歴:

仕事はデスクワークでパソコンによる仕事のため、昔から目の疲れは夕方から感じることがあったが、資格試験勉強が重なり、眼精疲労はいつもより強く感じていたそうです。

しかし、試験が終わって生活が落ち着いても症状は変わらず、次第にめまい感が出現し、来院への最終動機となりました。

ポイント:

問診でいくつかのポイントに気づきます。

①「右」という共通の方向。

②資格試験勉強という新たな環境の変化。

試験について詳しく聞いてみると、スキルアップするための資格試験で、週に数回セミナーに参加していたそうです。

授業は筆記で席は窓側に座ることが多く、右前を向いていることが多かった

右に注視

この右に目を向けるというのは、右の外側直筋と左の内側直筋の協調運動によるものです。

授業中、パソコンの前に座り、よく右手で頬杖をついていたそうです。

右手で頬杖をつくと頭は傾いた状態で視線を向けます。

同時に顎関節へのストレスも受けます。

頭の傾きと眼球運動

頭が傾くと、眼球は視覚を水平に保つために滑車筋によって眼球を回転させるような力を発揮します。

この”頬杖による顎のストレス“と”視覚による眼球へのストレス“が症状を招いているという仮説を立てました。

共同性注視の試験を行うと、右への眼球運動で眼振が出現し、特に右上で眼振は強くなりました。

つまり右上を見続けることが辛いことが予想できます。

頭部と頸椎の機能検査を行うと
右回旋制限、左側屈制限が顕著です。

頸椎の状態も右上が見にくい動きで、眼球運動の制限とも重なります。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/3KGuAY7QRJw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

頭頸部の機能解剖

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/s3zt_hsZ-4o?start=108" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

頸椎の検査法

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/opmByarjJJ4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

外眼筋の機能

治療:

第2頸椎の回旋と側屈の制限があり、モビリゼーションで治療

顎関節の機能と眼球運動をチェックし、頸椎の変化と比較していきます。

顎も目も若干スムーズに動きますが、まだ動きの硬さが残ります。

歩行時にもまだ右に引っ張られるような感覚が起こったため、頬杖をついていたというヒントから、右肘と右肩の治療も加え、全体的に動きがスムーズになりました。

数回の治療を重ねるうちに新たに腰や股関節の異常にも気づきがあり、その都度検査と治療を行い、頭痛もめまいも改善しました。

問診から得た情報がそのまま活きた症例でした。


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちらショートコード


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

パーキンソン症候群や高次機能障害に対する治療の注意点 東京港区 埼玉県さいたま市

昨日は、全国に訪問医療マッサージ事業所を持つ会社に講義に行ってきました。
この場を借りて、そのような機会を与えてくださった方々に感謝申し上げます。

さて、内容はというと、事前に聞き取り調査した臨床で起こっている課題に対してお答えする形式を今回とりました。

主な内容としては
・認知症患者に対する意思疎通や治療の進め方などコミュニケーションについて
・パーキンソン病およびパーキンソン症候群に対する治療
・高次機能障害に対する評価、分析、治療
・機能訓練に対する全般的な治療方法
・筋力トレーニングについて

全ての話に繋がることが「患者さんの脳へのストレスを取り除くこと」と「障害されている脳の機能に刺激が加わるようにいろんなアプローチをかけること」を提案をしました。

「脳へのストレス」というのは
例を挙げると、目の悪い方が、メガネなしで生活をするようなイメージです。
足元に注意を巡らせたり、少しでも見えるように目を凝らす、そんなことをすれば疲れますよね?
他に例を挙げれば、騒音の中で会話をするようなイメージです。
騒音の中から、集中して相手の声をキャッチアップして聞き取り、大きな声と口をハッキリと動かして相手に伝えるように話すというのはとても疲れます?

神経疾患を患っている方というのは、注意と集中によって脳に多大な負荷がかかっています。

静かな環境での治療や閉眼によって脳にかかるストレスを減らすことはもちろんのこと、半側空間無視などがある方ではどういったポジションで治療するかによっても脳にかかるストレスを減らすことができます。

空間無視のように脳の障害された機能がわかっている場合、適度にその部位への刺激がリハビリとなり、とても良い変化が現れてくるものです。

ここで注意が必要なのが、

障害された神経や脳の局在に対して、その注意を働かせれば、とても良い変化が出ますが、疲労がある日にそれを行うと、反対にとても疲れて次の日に動けなくなることなども生じます。

当院では、
治療は体調が安定して受けられるように、週に一回または2週に一回といったように決まった頻度かつ、その人がもっとも楽な時間帯に治療を受けることをお勧めしています。

 

脳に障害を負った方だけでなく、例えば「めまい」などのように脳神経が関与する症状の場合も、治療後に疲れを感じることもあり、治療を受ける日の体調に注意することが必要です。

 

少しでも皆さんのお力になれるようにその人に合わせた治療頻度や治療の刺激の量を調整できますよう、皆様にもご協力いただければ幸いです。

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典