不定愁訴

舌癖に対する治療考察 東京都にしむら治療院

ここ最近、何かの運動遂行機能の障害の患者さんが多数来院されています。 「足が動かない」 「手が動かない」 「手を口元に持っていくと震える」 「足が痙攣する」 がこれまでよく相談されていたものでした。 ほとんどが神経系のトラブ...
ゴルフ肘・野球肘

ゴルフ 左肩を使うための脊柱の運動連鎖

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。 来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。 なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来...
椎間板ヘルニア

手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点からの治療考察

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。 手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。 では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが...
手・腕の痺れ

入院中に肘部管症候群 こんな時の治し方

肘部管症候群は肘の内側にある尺骨神経が通る靭帯が炎症や浮腫によって腫れ、神経の圧迫を起こす神経障害。 入院を余儀なくされた方が、数日目から手の痺れが発症、そしてその後指が開かなくなりました。 これは肘部管症候群だとすぐに気づいたのですが...
タイトルとURLをコピーしました