首・肩の障害

手・腕の痺れ

入院中に肘部管症候群 こんな時の治し方

肘部管症候群は肘の内側にある尺骨神経が通る靭帯が炎症や浮腫によって腫れ、神経の圧迫を起こす神経障害。 入院を余儀なくされた方が、数日目から手の痺れが発症、そしてその後指が開かなくなりました。 これは肘部管症候群だとすぐに気づいたのですが...
タイトルとURLをコピーしました