顎関節症には頭蓋の調整と頚椎の調整

症状:
顎関節症 口を開けるとジョリっと音が鳴り痛む

現病歴:
数ヶ月前に硬いものを噛むときに顎が痛くなって顎関節症に気づく。
一時痛みは強くなるものの、次第に落ち着き、今は口を開けたときに音が鳴り多少の痛みが残っている。

顎関節症は、重力に逆らいながら顎関節を形成する下顎骨の状態が大きな原因の1つとなっています。

今回の症例 : 女性
左顎関節症
その他に手の痺れ(右>左)、腰痛(左>右)

脊椎の触診
頸部上部右凸、頸部下部左凸、背部右凸、腰部左凸
頭部は左に傾いている

頭部は左に傾いているので顎関節としては狭くなりやすい状態です。
左に傾いている場所(右凸)を探すと骨盤、背部、頸部でした。

頚椎の細かい触診で第4頚椎が左前下方に傾いていました。
顎関節症 第4頚椎.001

第4頚椎をリリースして顎関節の音は小さく口も開けやすくなりました。
骨盤含め他の脊椎の下方変位も取り除きさらに改善。

顎関節症は下顎骨と上顎骨と連結する頭部の変位を読み取れるかが重要です。
とても難しいですが、初回から変化が出て安心しました。

首の痛み 横に倒すと突っかかる感覚

「側屈」動作に付随する関節構造的カップリングについて説明動画を作りました。
治療の助けになりますので参考にしていただければと思います。

横へ倒す動きを「側屈Lateral Bending」と呼びますが、その動きは突っかかるという症状を起こしやすい動きの一つです。

通常、頚椎の片側の上方変位が引っかかりの原因となることが多いのですが、今回は逆の下方変位が問題となっていました。

症例:
男性

先月から首肩の張りと凝りが強く、マッサージやストレッチをするも変化がない。

検査:
上部頚椎の左側弯
下部頚椎の右側弯左スパーリングテスト陽性(頸部から背部にかけて放散する痛み)
左に傾けると左背部に痛みが放散

可動域検査:
回旋は不自由ないが、側屈が左屈<右屈

椎骨(頚椎)の可動性検査:
C1 左屈制限C2 左屈制限C3 左屈制限
硬さとしては(C3=C2>C1)

C4 右屈制限
C5 左屈制限
C3の左屈制限により、肩甲背神経の絞扼神経障害および頚椎症を発症していたと考えました。

頚椎の側屈変位

ほとんどが左に倒れない頚椎の触診結果だったため、左屈制限を改善すれば、スパーリング検査陽性の神経症状も改善すると思ったのですが、左屈制限を改善しても可動域の上昇があるのみで神経症状は変化ない。

試しに右屈制限を改善してみると、神経症状であるスパーリングテストも陰性に、左屈時の左肩から背中に走る症状も改善。大きな歪みよりも、隠れている動きの制限が効果を出した事例です。

肩の検査と治療を紹介した動画はこちらです。
どんな治療をされるか不安になる方はご覧になって安心していただければと思います。

顎関節症 顎関節の機能解剖

過去に記載した顎関節症に関わるブログはこちら

学生の側弯症、顎関節症も合併 動きの触診による評価と治療

舌癖に対する治療考察

顎関節症(Temporomandibular joint:TMJ損傷)は顎関節部や咀嚼筋等の疼痛、関節音、開口障害、顎運動異常を主要症候とする慢性疾患をさします。

口を開けるときにガクッ、パキッと鳴るクリック音や、ジョリジョリ・ジャリジャリという捻髪音がなるもの。

音とともに疼痛が生じるもの。

音は鳴らないが痛みが強いもの。

そもそも口が開かないという状態。

など幅広い状態が顎関節症という一括りになっています。

ガクッ、パキッ、コクッなどはクリック音と言われ、関節を取り巻く靭帯や関節円板の炎症や損傷によって生じます。

関節円板や滑膜に損傷が強く現れると捻髪音と呼ばれる骨と骨がすれる音が聞こえます。

temporomandibular articulation
temporomandibular articulation

顎関節を構成する下顎骨は側頭骨にぶら下がっている為、頭が傾いていたりすると重力の影響を受け顎関節にも不均等な力が生じます。
つまりは顎関節症を治すにはまずは全体の姿勢を整えることからしなくてはなりません。

下顎骨は左右に関節があり、それらが同時に動くことで、口を開けるという動作、噛むという動作が正常に行われます。

噛む動作には、食べ物をすりつぶす動きのようにスライドする動きもあります。
これらは左右の関節が内側外側と別の動きをすることで成り立ちます。

左右の関節の動きが連動して入れば、問題なく動くのですが、目的の動作に対して左右が違う動きをしてしまう際に、顎関節症のような痛みに繋がってくるのです。

痛い方の顎関節だけが問題で顎関節症になっているわけではないのはこういうことです。

顎関節の機能解剖
顎関節の機能解剖

そして首や頭の動きも関係してきます。

下顎が下方と後方に動くことで口が開くと考えがちですが、頭が伸展したり、下顎をひくのに頸椎が下顎骨を後方へ牽引する役目を果たしていたり、頭部と頸椎の関節の動きを正常化することも大切になってきます。

つまり、頸椎の前弯が強い人では、下顎を牽引する力がうまく使うことができません。

また頸椎がストレートの人は頭部が伸展しにくいことが多く、下顎だけで口を開けなくてはならず、飲み込みにくいといった喉や食道の違和感を訴える人もいらっしゃいます。

(脳性麻痺児の嚥下パターンの改善では、嚥下機能障害に直接治療を行う一方で、正しい座位姿勢を促す治療が求められています)

頸椎や頭部の側屈とも関連が高いのは動画で説明していますので、こちらを参照ください

顎関節症は本当に良くなってくれるのですが、難しい状態なのがすでに軟骨がすり減りが強く、関節の破壊が進んでいるような人です。

顎関節症も早期発見、早期治療が大切なのです。

顎の痛みに苦悩している方のお力に慣れれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典