内側半月板損傷 仙腸関節の関連 東京都港区にしむら治療院/さいたま市アギトス鍼灸整骨院

内側半月板損傷を患っていた方には、

サッカーやラグビーなど急な方向転換や接触スポーツで痛めた方
ゴルフやテニスなど非接触スポーツで体の回旋を行う方
変形性膝関節症と併発している方

などスポーツ傷害から慢性疾患まで様々です。

今回紹介するのは、自衛官の方で、パラシュートの落下訓練時に膝の半月板損傷と前十字靭帯断裂をした方です。

症例を紹介するとともに、仙腸関節と半月板の関連についてご紹介します。

 

キーワードは:
ハムストリングスの筋繊維構造の違い筋繊維構造と特異な機能半月板と筋肉の関係


症例:

30代 男性 自衛官

20代の時にパラシュート落下の訓練中、着地時に膝を痛める。

訓練後病院にて前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断され、十字靭帯の手術を行いリハビリを行なった。

基本的な動きには支障はなく、疲れが出てくると膝の内側に痛みと可動域制限が出現。少しずつ悪化していくのが気になり紹介され来院に至る。


基礎解剖学:

内側半月板は半膜様筋によって後方に引き出され、膝の屈曲時に半月板が引っかかる(ロッキング)ことを防ぐことができます。

今回の様に、膝の内側半月板の損傷があった方は、膝の屈曲可動域制限がある場合、多くのかたが、膝の裏側に引っ掛かりを感じることが多いです。

今回の場合も、膝の表側の張りよりも、膝の裏側に詰まった感覚がありました。

半月板とその周囲の組織
半月板とその周囲の組織

症例に戻ります。

検査すると膝の屈曲時に、脛骨の後方変位が強く、前方引き出しにより、膝の屈曲可動域は改善しました。

 

脛骨の前方引き出し
脛骨の前方引き出し

また、膝の屈筋の出力も低下していましたので、坐骨神経の障害も疑い、下部腰椎の調整も行いました。(下記は別のサッカー選手における治療経過で撮影したものですが同様の経過だったので引用します。)

確かに膝の屈曲の筋力テストにおいて改善は見られるものの、膝の屈曲の最終域でまだ詰まった感覚が起こります。

通常、脛骨の治療で改善することが多いのですが、今回はそううまくいきません。

最終結果

仙腸関節の治療に用いる坐骨の調整で最終屈曲も良くなりました。

仙腸関節の調整
仙腸関節の調整

今回はその理由について考察します。

 


機能解剖学からの考察

ハムストリングスにおける筋繊維の違い
ハムストリングスにおける筋繊維の違い

 

腱と筋繊維の向きによって得意とする機能は変わります。

半月板を後方へと引き込む半膜様筋は羽状筋の構造になっています。

内側ハムストリングスを一緒に構成する半腱様筋はと言うと…
紡錘筋(平行筋)という構造になり半膜様筋と機能が異なります。

それが二つの異なる筋肉が存在する理由なのかもしれません。

 

半膜様筋は伸長された際に力を発揮しやすい筋肉のため、起始停止の位置関係が重要になります。

その起始部である坐骨結節は仙腸関節の機能障害によって位置が変化します。

今回坐骨の治療が膝の屈曲角度を改善した理由は、
筋繊維構造の違いによる内側ハムストリングスの協働運動の障害が起始部位の改善によって正常になった、と考察できます。


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

 

膝の痛み、股関節のつる感覚 足が内に向かない

治療や痛みの原因の紹介動画も作成しましたので、ご参考にしてください。
膝の内側の痛みを抱えている方で、いわゆるO脚によって痛みが出ている方はたくさんいらっしゃいます。
そのO脚の理由はいくつもあるのはご存知でしょうか。
①股関節によるO脚
②足関節によるO脚
③膝関節によるO脚
この内どれなのか、というよりは不等号で評価する様なものです。
今回の状態は、①=③>②
下肢の各関節の機能検査をしてみると
股関節の内旋可動性が全くなく、足が内側に向けられないことがわかりました。
本人も脚が外に向いてしまい、まっすぐに向けると股関節がつりそうになるという症状も途中で話に出てきました。
内旋可動域:右(患側)5度、左(健側)30度
股関節の内旋可動域制限を改善させるために、
股関節を優しい弱い力で牽引、揺さぶる力を用いるモビリゼーションを用いるも右15度、左30度と改善が少ししか見られませんでした。
股関節は大腿骨と骨盤の臼蓋で形成するため、仙腸関節に問題が起こっていると股関節の動きにも影響を及ぼします。
仙腸関節の触診をすると、
腸骨:右内方変位、左外方変位
1腸骨の内方変位

スクリーンショット 2019-08-06 19.35.09

2腸骨の外方変位


スクリーンショット 2019-08-06 19.35.20

この内方変位というのは、脚が外側に向く様に変位している状態です。
腸骨の内方変位を改善すると、右25度、左30度
スクリーンショット 2019-08-06 19.41.45

本人に脚をまっすぐ向けてもらっても違和感ないくらいに改善しました。

右足の方がO脚が強いのも骨盤と股関節によるものが非常に大きかった様です。

 

膝の痛み 半月板損傷 手術以外の選択肢が決して消極的とは言えない

膝の痛みを抱えて来られる方が続けて紹介されてきました。

症状はと言うと、

1:膝の変形が強い方
2:変形は強くないが半月板損傷が疑われる方
3:過去の怪我が引き金となっている方
4:成長痛の子供
5:スポーツ選手

それぞれ痛みの原因や怪我のキッカケが様々ですので、治療計画は異なります。

今日は②の半月板損傷の症例についてご報告します。

 

数名いらっしゃった半月板損傷の方の中で一番症状の重い方の改善結果についてです。

膝のロッキングという膝を曲げるとガチッとロックする症状で来院されました。

 

「膝のロッキング」と呼ばれる症状で疑われる代表的な疾患は、

1:十字靭帯損傷
2:タナ障害
3:半月板損傷

 

そのうち大病院で「内側半月板の完全断裂」と診断を受け、手術以外はないと言われています。

手術を受けられない事情があったので、ご家族がうちに通っていることもあり、しばらくはこちらで治療を続けることになりました。

 

1回目、2回目はなかなかロッキングも変わるものではなく、なんとなく膝の曲がりに弾力が出てきた程度でした。

3回目の治療は少し間隔を短くして来院してもらい、前回の治療効果がまだ残っている状態で開始しました。

周りの緊張が解けていたこともあり、「ここが引っかかってるな」と感覚でわかり、そこに牽引をかけていると、膝が少し曲がり始めました。

膝の解剖図
膝の解剖図

図で示すと内側半月板の後面に引っかかりがある感覚でした。

実際にはここを通る半膜様筋がこの内側半月板を引き出す作用があるため、この筋肉の機能を上げることで良い結果となりました。

4回目も膝の曲がりが更に良くなることができました。ロッキングはまだ深い角度で起こるため、手術の検討は未だ続きますが徒手でも比較的可動域の改善は可能です。

 

半月板損傷や半月板の炎症などの痛みにお困りの方はご相談ください。

 

西村 公典

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

 

 

膝の痛み 注射をしているが良くならない 東京都港区 埼玉県さいたま市

最近多い、【膝の痛み】について最近多い症例についてご紹介します。

Women Knee joint pain
3d Illustration of Women Knee pain

膝の痛みでヒアルロン酸の注射を続けているが良くなりません。

このような相談は多く、医療業界ではよくある事実ですが、患者さん的には注射が効果的と思っている方が多いので、不安になるのでしょう。

ヒアルロン酸が効果を出す時というのは、ほとんどが軽症の場合です。

効果が見えにくくとも、感染症や関節内出血というリスク以外に副作用がないという利点があり、病院でも永遠と続けているところが多いのが現状かと思います。

 

ヒアルロン酸注射が効果が出る場合というのは、数回で効果があり、2ヶ月も続けている場合は【ヒアルロン酸注射では良くならない状態】だと考えたほうがいいでしょう。

 

【良くならない状態】ってどういう状態だと思いますか?

今日は一つの事例を元にご説明します。

 

ヒアルロン酸が効果を出すのは、「関節の動きを滑らか」にする作用があるからです。

この【関節の動きの滑らかさ】が強制的に抑制された場合、ヒアルロン酸注射をしても痛みが取れるとおもいますか?

足関節による一例をご紹介します。

 

まず、【足の長さ】が膝の痛みに影響することは容易に考えられると思います。

短くなるほうが荷重がかかりやすいく痛みやすいのが通常です。(※実際には長い側が痛くなる人もいます。)

 

【足の長さ】これは骨盤や、股関節だけでなく足関節でも変わってくることをご存知でしょうか?

昔に足関節を骨折して、疲れてくるとその痛みが出ていた方が、ここ数ヶ月は膝の痛みを訴えて来院されました。

 

整形外科で数ヶ月もの間、電気とマッサージ、ヒアルロン酸注射を行なっているが良くならず当院に来院。

既往歴から足首の問題も疑い検査をしてみると、もちろん動きが制限されています。

【扁平足(足の裏が平たく、足のアーチが減少している状態)】となっています。

 

この扁平足は足を短くしてしまうことをご存知でしょうか?

足関節の状態と足の長さの関連.017

足の長さに影響が出るだけでなく、脛骨と言われるすねの骨に回転する力も加わるため(緑の矢印)、地面に足がついている時に膝が痛む場合にはこういった影響が多くでます。

足関節の状態と足の長さの関連.005

足が全身に及ぼす影響は【運動連鎖】という概念で説明されていますので、そちらもご参照いただければ膝だけでなく、肩も痛みなども影響していることがわかります。

『膝が痛い、腰が痛い、肩も痛い、頭痛もする。自分自身の体に何が起こっているのかわからない。』

こういう症状はCRPSと診断されがちですが、意外と運動連鎖の問題だったりするのです。

 

皆様のお力になれれば幸いです。

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表
048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

ランナーズニー 腸脛靭帯炎は【骨盤の回旋過多】が原因

腸脛靭帯 iliotibial-band と呼ばれる膝の外側にある靭帯の炎症は、ランナーに多くランナーズニーとも呼ばれています。

当院ではランニングのフォーム分析と関節機能学検査によって、異常フォームの原因まで追求しているので、ランナーズニーに多い原因部分が見えてきます。

本日はその最も頻度の多い原因をご紹介します。

 

まず一般的に言われるのが、ニーイン(膝が内側に入る)していることが原因と言われ、おしりにある臀筋の筋力強化を指導されます。

しかしなかなか良くならない難治例の方は多くいらっしゃいます。

お読みになっていただいている方の中にはそういった難治例の方もいらっしゃるかもしれません。

筋力低下→筋力強化の流れは安易で、

筋力低下→問題把握→問題改善→結果筋力が上がる→再発防止のため筋力強化

これが本当の治療です。

 

さて、難治例の方の問題の一つをご紹介します。

 

難治例に多いのが【足の接地時に体幹の回旋が強すぎる】ことです。

スピードをあげる場合、歩幅ストライドを大きくするか回転数を上げることを通常行います。

ストライドを大きくするために腰を捻転させすぎると、それによって、ニーイン(膝が内側に入る)状態になり、結果、腸脛靱帯炎を引き起こしてしまいます。

 

問題把握ができました。

問題改善するためにはどうするかというと、
腰の捻転、主に患側の方に回旋が強い部分は反対側に回らないことがほとんどなので、その回旋を作っていきます。

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

人によってはその関節が捻挫のようにゆるくなっていることがあるので、その場合は固定とスタビリティ強化のための体感筋力トレーニングが必要になってきます。

 

さらに動きを体が記憶している場合もあるので、【接地の瞬間の膝と体幹の位置をプライオメトリクスなどを使って体に覚え込ませる】ことも必要なケースがあります。

筋力トレーニングは、使いやすい筋肉を収縮させてしまって、悪化させることがあるので、弱い力で覚えこませて行くことが重要です。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

 

膝の靭帯損傷後の不安定性に対する治療計画

【プライオメトリクス】

という伸張反射とよばれる神経の機能を利用したトレーニングがあります。

※伸張反射とは、腱が急に延ばされた際に、反射的に筋肉を収縮させて守ろうとする反射機能です。筋収縮の調整にも役立っています。

 

膝の靭帯損傷をしたあとには、この伸張反射がうまく機能しない現象が起きるため、当院では、膝の靭帯損傷または、足首のねん挫などによって、伸張反射が減弱している方にプライオメトリクストレーニングを行っています。

 

しかし、伸張反射の減弱する理由として、過去のケガ以外にも影響を与える要因がたくさんあるため、まずは問診と機能検査によって、他因子をあぶりだすことが重要です。

本日は、伸張反射の検査を用いて、他因子の発見と改善する治療についてご紹介します。

動画にまとめました。動画はこちらから参照ください

 

男性

主訴:左ひざの靭帯を伸ばしてから、テニスをしている際に左ひざの不安定を感じる。

受傷機転:テニスをしている際に、足首をひねり、そのまま倒れ、膝の半月板と内側の靭帯を損傷。
病院を受診し血種を抜いた後、接骨院に通って痛みが取れたのでテニスを再開しました。

 

筋力低下が疑われたのでスポーツジムにも通い、トレーニングを続けるも不安定感はとれなかったので困っていたところ、当院を紹介され来院。

 

着地時にすぐに動けないという問診で得た情報から、プライオメトリクスのトレーニングを行って見ると、左足着地はぐらつきます。

膝の筋力テスト(四頭筋)を行うと、患側の左側で筋の出力が遅延、固定力も弱くなっていました。

他にも重要な梨状筋の筋力テストを行うと、四頭筋同様に筋力の発火の遅延、固定力の弱化を示しました。

 

神経の機能検査にも利用できる筋力テストによって大腿神経と坐骨神経の機能の低下が見られたため、上部腰椎と骨盤を触診し、異常部位の判定と治療を行って見た後、再度検査しました。

IMG_0183

すると筋力は上昇し、プライオメトリクスの着地も安定しました。

 

【弱い】から【トレーニング】は間違いで、【なぜ弱いの?】の問いかけで得た仮説を触診によって検証することが大切です。

 

運動の復帰、そしてその後の成長までお力添えできれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

ゴルフ 左足の固定力と回旋力のバランス

最近はゴルフによる障害、それも坐骨神経痛に悩まされている方が多数いらっしゃっています。
左足と右足によって原因となる場所は異なりますが、今回は左足壁の固定力と回旋という柔軟性についてお話をしたいと思います。
ゴルフでは左足での壁を作ることを教えるコーチが多いことから、最近では、左足の固定によって安定したスイングをすることができると考えられているようです。
スイングにもブームがあり、最近の主流は
“親指で踏ん張って、左足の壁を作って安定させる”
のようです。
“左足で壁を作る”ことによって得られる安定性が、固定となってしまい、左足での回旋力を失ってしまう人が非常に多いです。
壁を作ることに意識を費やすがゆえに回旋力を失っている身体の状態の中で、それでも大きく回そうとすると、最終的に足や腰に痛みをきたすことになってしまいます。
”この壁を作る”という行為は『固定』の作用が強いのが難しい点かと思います。
最近では、”この壁を作る”というのを『親指で踏ん張る』という表現で教えているコーチが多いように思えます。
この『親指で踏ん張る』という表現は非常に良い表現だなと思うのですが、そのポイントがうまく伝わっていない人が多いかもしれません。
回旋力は脊柱で捻ることができる角度よりも、股関節のひねる角度の方が非常に大きいため、股関節の回旋力を使わない手はありません。
それを”親指で踏ん張る”という言葉の縛りによって左足全体で親指を踏ん張ろうとすると・・・・
結果回旋できなくなってしまいます。
股関節は余裕を保ちながら、親指で踏ん張り安定を確保するのが重要です。
親指で踏ん張る行為を、例えば、膝で作ったり、足首の関節で作り上げれば、股関節での固定は少なくすみ、可動性に富む状態でスイングを行えます。
いくつかスイングを見てみましょう。
どれが良いというのはなく、下半身と上半身の動きの目的がバラバラになっていないかが重要。手の振り方を変えれば、それに合わせて、下半身の使い方も変えなければならない。
つまり下半身の使い方が変われば、上半身の使い方も変えなければならない。
Golfer

骨盤の左回旋が強く、臀部の中心は右に寄っているタイプ。骨盤の回旋が強いため、不安定になりやすいがパワーが出る。
足元まで見えていないが、膝の方向も前を向いているので、足首から前を向いている様子。この形で、親指で踏ん張るのは股関節にかなり負担がかかる。
左肩はやや低めでフィニッシュしているため、横にスイングしやすい形。

GTY0484483003.jpg

骨盤はほぼ正面を向いているため、股関節の内旋という動作が大きくなければできないスイング。骨盤は右に傾斜している。そのためクラブは地面よりも45°の角度を作れる。

GTY0553013203.jpg

骨盤は右にやや向いているため、左足の固定が強いタイプ。骨盤の右傾斜は強いが、上半身は左傾斜している。下半身が行っている動きと上半身が行なっている動きが異なっている。

Female golfer striking the golf ball骨盤の回旋は弱く、左に傾斜している骨盤の形。左傾斜の方が、左臀部の筋肉は過緊張しやすい。回旋を少なくすることで、その負担を弱めている可能性が高い

GTY0229040702.jpg
この”回旋力”という『動』”親指で踏ん張る””壁を作る”という『静』を多様に存在する下肢の関節で使い分けることが、腰や足に痛みを出さずに動き続けるコツになります。
そのために特に必要なのが、股関節の柔軟性と、仙腸関節の柔軟性と固定力、距腿・距踵関節の股関節に対する協調運動です。
肩と背中との連動がうまく行くためには仙骨がこの中継点なるため、肩や肘など上半身の問題も抱えている方は、股関節の動きに対して仙骨がどのような傾きをしているのかを検査し、改善することも大切となってきます。
当院では各関節の動きの遊びを検査改善することによって、それぞれの動作の可動域精一杯に動かした時の余裕を作ることができます。
運動時の腰や足の痛みにお悩みの方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典