サッカー選手のイップス 空間定位と身体の位置覚

輝かしい成績を収めていたトップアスリートから相談を受ける機会のほとんどはこの「イップス」です。 今回は動画で空間定位の異常を引き起こす1症例を紹介しながら、イップスを起こす原因を説明したいと思います。

症例:
社会人サッカー

現病歴:
右サイドのトップでプレーしているが、センタリングが思うように上がらない。
股関節痛(グロインペインgroin pain)を長く患っており、現在は落ち着いているが股関節を曲げる屈曲可動域は未だ回復はしていない。
当初感じていた蹴る時の痛みはないためプレーに支障はないと考え、スポーツマッサージと針をしながらプレーを続ける。

既往歴:
2年前 右もも肉離れ
1年前 右足捻挫
半年前 groin pain

触診・検査:
右四頭筋(緊張↑、筋出力低下、反射テスト速度低下)
股関節可動域
屈曲 右80° 左110°
外転 右30° 左40°
内転 右5° 左20°
外旋 右=左
内旋 右<左

腸腰筋(緊張↑、圧痛+、筋出力低下、反射テスト速度低下、γ運動ループ低下)

腰椎左側弯
骨盤の触診 右ASIN変位(前内方変位)

足関節の可動域
内反↓、外反↑、舟状骨下方変位、距骨の外側上方変位

————————————————–

考察:
2年前の肉離れは上部腰椎の可動性制限により大腿四頭筋の緊張が強くなり、急な負荷がかかった際に肉離れを起こす。肉離れ自体は経過とともに改善をしたが、そもそもの上部腰椎(大腿神経)の機能異常は残ったままだったことにより、急な切り返しの際に腿の筋肉が収縮できず、捻挫を起こした。
足関節が一般的な捻挫(外反捻挫)の反対の内反の可動域が悪かったことから、足関節の捻挫後の固定(内反の方へ引っ張るテーピング)により、徐々に扁平足のように内反足へと変位していった。
その影響で、股関節も内旋し、骨盤も前方回旋され、結果groin painを発症。

groin painと骨盤の機能障害について説明した動画はこちらです。股関節の治療について興味のある方はこちらをご参照ください。

治療計画:
センタリングというインパクトの大きな動作として必要な大腿四頭筋と腸腰筋の神経的調整と骨盤の変位による股関節の空間定位の調整。
これをoutcomeに設定し、競技のパフォーマンスが改善するかを経過観察しました。

治療詳細:
大腿四頭筋、腸腰筋の収縮力や神経系の機能を見ながら上部腰椎を治療。
骨盤の前方回旋、および股関節の可動域を牽引や弛緩法で優しく緩める。
足関節(主に舟状骨、距骨)を調整を行う。

結果:
股関節前面の神経系改善により、細かい切り返しができるようになりました。
そして足関節機能改善によって股関節の回旋可動域も上がり、インサイドの蹴りもスムーズに運べるようになり、センタリングも狙ったところに上がりやすくなりました。
肉離れと捻挫の後遺症がまだ健側と比べるとあるようなので筋トレも一緒に行いながら経過観察を続けています。
今回の症例は、過去の怪我が、その人の足が持っている空間の認識する能力(空間定位)を歪ませてしまって起こった不調(イップス)でした。

股関節が持つ空間認識の異常について説明した動画を作成しましたので興味のある方はこちらを参照ください。

 

“イップス”のほとんどはこの空間定位の異常といっていいと私は思っています。思い描いたように実際の体は動いておらず、今までやっていた行為から知らずにずれてしまう状態です。
治すためには、いつ頃からおかしいのか、おかしくなった背景には過去の怪我と関連することがほとんどですので、既往歴から考察することも重要です。
最後に空間定位とめまい感、高次機能障害の関連について

「めまい感」を起こす空間定位(空間認識)の異常は耳にある耳石が起こすだけでなく、各関節の機能障害でも起こります。
位置覚と呼ばれる関節受容器の異常で起こるこのめまい感は、時には今回のようにスポーツ障害の「イップス」を起こす原因でもあります。
このイップスはいわゆるBody Imageと呼ばれる自分の体の認識する能力に異常と関連しているため、body imageが障害されると言われているパーキンソン病や線維筋痛症などにも関わってきます。

当院ではこの空間定位を治すことによって高次機能障害に対する治療にも応用しています。

スポーツ障害やパフォーマンスが思うように出ない方、その他にも脳障害などでお困りの方は是非一度ご相談ください。

膝の痛み、股関節のつる感覚 足が内に向かない

治療や痛みの原因の紹介動画も作成しましたので、ご参考にしてください。
膝の内側の痛みを抱えている方で、いわゆるO脚によって痛みが出ている方はたくさんいらっしゃいます。
そのO脚の理由はいくつもあるのはご存知でしょうか。
①股関節によるO脚
②足関節によるO脚
③膝関節によるO脚
この内どれなのか、というよりは不等号で評価する様なものです。
今回の状態は、①=③>②
下肢の各関節の機能検査をしてみると
股関節の内旋可動性が全くなく、足が内側に向けられないことがわかりました。
本人も脚が外に向いてしまい、まっすぐに向けると股関節がつりそうになるという症状も途中で話に出てきました。
内旋可動域:右(患側)5度、左(健側)30度
股関節の内旋可動域制限を改善させるために、
股関節を優しい弱い力で牽引、揺さぶる力を用いるモビリゼーションを用いるも右15度、左30度と改善が少ししか見られませんでした。
股関節は大腿骨と骨盤の臼蓋で形成するため、仙腸関節に問題が起こっていると股関節の動きにも影響を及ぼします。
仙腸関節の触診をすると、
腸骨:右内方変位、左外方変位
1腸骨の内方変位

スクリーンショット 2019-08-06 19.35.09

2腸骨の外方変位


スクリーンショット 2019-08-06 19.35.20

この内方変位というのは、脚が外側に向く様に変位している状態です。
腸骨の内方変位を改善すると、右25度、左30度
スクリーンショット 2019-08-06 19.41.45

本人に脚をまっすぐ向けてもらっても違和感ないくらいに改善しました。

右足の方がO脚が強いのも骨盤と股関節によるものが非常に大きかった様です。

 

ランナーズニー 腸脛靭帯炎は【骨盤の回旋過多】が原因

腸脛靭帯 iliotibial-band と呼ばれる膝の外側にある靭帯の炎症は、ランナーに多くランナーズニーとも呼ばれています。

当院ではランニングのフォーム分析と関節機能学検査によって、異常フォームの原因まで追求しているので、ランナーズニーに多い原因部分が見えてきます。

本日はその最も頻度の多い原因をご紹介します。

 

まず一般的に言われるのが、ニーイン(膝が内側に入る)していることが原因と言われ、おしりにある臀筋の筋力強化を指導されます。

しかしなかなか良くならない難治例の方は多くいらっしゃいます。

お読みになっていただいている方の中にはそういった難治例の方もいらっしゃるかもしれません。

筋力低下→筋力強化の流れは安易で、

筋力低下→問題把握→問題改善→結果筋力が上がる→再発防止のため筋力強化

これが本当の治療です。

 

さて、難治例の方の問題の一つをご紹介します。

 

難治例に多いのが【足の接地時に体幹の回旋が強すぎる】ことです。

スピードをあげる場合、歩幅ストライドを大きくするか回転数を上げることを通常行います。

ストライドを大きくするために腰を捻転させすぎると、それによって、ニーイン(膝が内側に入る)状態になり、結果、腸脛靱帯炎を引き起こしてしまいます。

 

問題把握ができました。

問題改善するためにはどうするかというと、
腰の捻転、主に患側の方に回旋が強い部分は反対側に回らないことがほとんどなので、その回旋を作っていきます。

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

人によってはその関節が捻挫のようにゆるくなっていることがあるので、その場合は固定とスタビリティ強化のための体感筋力トレーニングが必要になってきます。

 

さらに動きを体が記憶している場合もあるので、【接地の瞬間の膝と体幹の位置をプライオメトリクスなどを使って体に覚え込ませる】ことも必要なケースがあります。

筋力トレーニングは、使いやすい筋肉を収縮させてしまって、悪化させることがあるので、弱い力で覚えこませて行くことが重要です。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

 

ゴルフで起こった股関節の痛みから歩行困難に…

ゴルフで起こる股関節の痛みでは左足と右足で使う動きが若干異なるため、治療方針も左右で異なります。

右股関節であれば、インパクト時に右の腰から股関節を前に押し出す必要があります。

左股関節であれば、右の入れ込みに対して左を少し引くことと、壁といわれる様にインパクトまで体の捻る力と体重移動をためるために固定の役割を必要とされたりします。

 

普段はゴルフ後に腰下肢の筋肉痛程度の方が、ちょっとした力みから歩行困難なまでに痛みの増強が生じてしまった方の症例を紹介したいと思います。

もともと右股関節に疾患を持つため、無理をすると右股関節は痛み(重い痛みとビリッとした痛みの両方)を来すことがある患者さんです。

しばらく大きな問題がなかったため来院されませんでしたが、ゴルフ後から歩行も困難なほど増悪したので急遽来院しました。

足を持ち上げることができず、固定して歩いてきます。

先週末にゴルフの打ちっぱなしをしている最中に違和感を覚え、次の日ラウンドの途中から痛みが強く、さらに痛みが強くなっている状態です。

考えてみるとその前からちょっと違和感は出てきたということでしたので、慢性的な痛みと急性期の痛みが混同していることが予想されます。

右の骨盤が前方・内側に巻き込むような形になっていました。

右腸骨 後面外方 前面内方偏位
右腸骨 後面外方 前面内方偏位

ゴルフの動きと非常に似ています。

腰椎は右側弯を来たし、痛みのある右股関節の上に体を乗っけているような雰囲気。

腰椎の右側弯モデル
腰椎の右側弯モデル

理学検査

SLR R10°  L40°

股関節屈曲 R80° L95°

外転 R10° L30°

内転R10° L15°

腹臥位膝屈曲R90° L60°(右股関節に痛み)

足首の関節も非常に緊張が強い。R>L

まとめると右股関節は可動域の低下が目立ち、ただ左膝を曲げると右股関節に痛みを出すことから、左の腰椎にも問題が診られることが予想できました。

腰椎は右凸の側屈変位。つまり左に下方変位が存在することが予想され上部腰椎は全体的に左下方変位でした。

左側を治療していきます。すると左膝を曲げても右股関節に痛みは走らなくなりました。

右骨盤の回旋と前方への変位を次ぎに取ります。

仰向けで股関節を動かすと、初動時にビリッと痛みますが、可動域はかなり改善しました。
つまりは腰部の右側弯と骨盤の変位が可動域の制限を起こしていました。

しかし初動時のビリッという痛みは取れず、試しに得られていた情報の足関節に注目しました。

つま先を上に上げる動きの背屈をすると抵抗がみらてます。

つま先を上に上げた状態で足を持ち上げるとビリッとした痛みがありません。

これは四頭筋の筋トレに足関節の協同を持たせると効果が高いことと同様の神経機構の働きであると予想されます

 

距腿関節の検査と調整
距腿関節の検査と調整

 

足関節の治療と股関節の牽引を行い歩いてもらうと普通に歩けるということでした。

ゴルフの動作とその人の体の雰囲気を読み取り、適切な検査と治療を行えば、急性期の歩行が困難な程度の痛みであってもすぐに改善することができます。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

股関節の痛み・鼠径部がつまる⁈

股関節の前面に問題を抱える症状について簡単に動画で紹介しています。
参考までにご参照ください

昔からずっと股関節の触診、検査、治療と教えてからなのか、足の痛みに対してかなり効果を出せてきている実感があります。

長年の経験から「鼠径部のつまった感覚」について、今日は説明したいと思います。

股関節のインピンジメント(衝突)と呼ばれる疾患があり、骨の変形が進んだ方はCAM型PINCER型と呼ばれ、ここまで行くと完治はかなり難しくなります。

CAM型PINCER型
CAM型PINCER型 Santa Monica Orthopaedic and Sports Medicine Group Hip and Pelvis Institute http://www.smoghip.com/patienteducation/fai.htmlより引用

先日もCAMの初期を診断された方が来院され、2ヶ月ほどかかりましたが、引っかかりもなく完治に近い状態まで回復しました。

今回はそのインピンジメントの1つの原因を紹介したいと思います。

それは【骨盤が傾く】ことによって、起こります。

「仙腸関節」と呼ばれる骨盤にある関節が存在します。

fullsizeoutput_73

その縦長の関節は上部と下部で偏位を起こすことがあり、

上部が離れるようにゆがんだり、骨盤ごと傾いたりすると、

股関節を形成する、大腿骨(太ももの骨)に覆いかぶさってしまいます。

正面像 右股関節インピンジメント
正面像 右股関節インピンジメント

これが足を上げた際などに衝突、つまりインピンジメントした状態を作るのです。

こういった場合には、人によっては恥骨が痛くなったり、太ももの内側痛くなったりと症状の出方は様々です。

股関節の症状を訴えてきた方にはまず、骨盤の状態を把握する必要があるのはこういったことが背景にあります。

股関節のつまり感や、股関節の痛みでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

03-6435-2537

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

足がギクッとして力が抜ける 足が詰まった感じ 東京・埼玉・千葉 にしむら治療院

”足の力が急に抜ける”
”股関節がギクッとして力が抜ける”
”股関節が詰まったような感じ”
“お尻の奥が痛くて力が入らない”
こんな症状の方が数人来院しており、ほとんどが仙腸関節の機能制限をリリースすることで症状が改善します。
仙腸関節の治療は全く異常がないと言われた方はもちろんのこと、整形外科で股関節の疾患を診断されている方にも同様に効果を発揮します。
仙腸関節には様々な機能制限があり、その検査なくして改善は認められません。
股関節の動きに対応して仙腸関節が動いているかを必ず検査しなければなりません。
足の長さを比較するだけで矯正をすることは危険です。
今回のように股関節に症状を出している場合は『足の動きに対しての仙腸関節の動き』が重要になるため足の長さを比較するだけでは問題は検出できません。
さて、今回のように股関節の力が入らず、詰まった感覚があるような場合に多い状態をご紹介します。
骨盤シンメトリー
右骨盤離開
写真の向かって左側にある右の骨盤は、丸で囲まれた仙腸関節部分に問題を抱えています。
右の仙腸関節の上部が離開しており、その状態で股関節の寛骨臼は覆いかぶさるように股関節にのしかかって来ています。
このような状態の場合、股関節の問題を抱えるのは必然と言えるでしょう。
横から見た線でも骨盤の外側と股関節の大転子部分との差が逆転しています。
右足は骨盤よりも大腿骨が内側にあるため”詰まった感覚”が出てきます。
上半身の体重を両下肢へと分散する役目がある仙腸関節が離開していると言うことは、まともに体重を乗せることができず、腰で崩れてしまいます。
“腰がギクっと抜ける”
”足の力が抜ける”
このような感覚を持っている方は仙腸関節の不安定性をきたしている場合がとても多いです。
股関節の痛みに悩まされる方のお力となれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

ゴルフ 左足の固定力と回旋力のバランス

最近はゴルフによる障害、それも坐骨神経痛に悩まされている方が多数いらっしゃっています。
左足と右足によって原因となる場所は異なりますが、今回は左足壁の固定力と回旋という柔軟性についてお話をしたいと思います。
ゴルフでは左足での壁を作ることを教えるコーチが多いことから、最近では、左足の固定によって安定したスイングをすることができると考えられているようです。
スイングにもブームがあり、最近の主流は
“親指で踏ん張って、左足の壁を作って安定させる”
のようです。
“左足で壁を作る”ことによって得られる安定性が、固定となってしまい、左足での回旋力を失ってしまう人が非常に多いです。
壁を作ることに意識を費やすがゆえに回旋力を失っている身体の状態の中で、それでも大きく回そうとすると、最終的に足や腰に痛みをきたすことになってしまいます。
”この壁を作る”という行為は『固定』の作用が強いのが難しい点かと思います。
最近では、”この壁を作る”というのを『親指で踏ん張る』という表現で教えているコーチが多いように思えます。
この『親指で踏ん張る』という表現は非常に良い表現だなと思うのですが、そのポイントがうまく伝わっていない人が多いかもしれません。
回旋力は脊柱で捻ることができる角度よりも、股関節のひねる角度の方が非常に大きいため、股関節の回旋力を使わない手はありません。
それを”親指で踏ん張る”という言葉の縛りによって左足全体で親指を踏ん張ろうとすると・・・・
結果回旋できなくなってしまいます。
股関節は余裕を保ちながら、親指で踏ん張り安定を確保するのが重要です。
親指で踏ん張る行為を、例えば、膝で作ったり、足首の関節で作り上げれば、股関節での固定は少なくすみ、可動性に富む状態でスイングを行えます。
いくつかスイングを見てみましょう。
どれが良いというのはなく、下半身と上半身の動きの目的がバラバラになっていないかが重要。手の振り方を変えれば、それに合わせて、下半身の使い方も変えなければならない。
つまり下半身の使い方が変われば、上半身の使い方も変えなければならない。
Golfer

骨盤の左回旋が強く、臀部の中心は右に寄っているタイプ。骨盤の回旋が強いため、不安定になりやすいがパワーが出る。
足元まで見えていないが、膝の方向も前を向いているので、足首から前を向いている様子。この形で、親指で踏ん張るのは股関節にかなり負担がかかる。
左肩はやや低めでフィニッシュしているため、横にスイングしやすい形。

GTY0484483003.jpg

骨盤はほぼ正面を向いているため、股関節の内旋という動作が大きくなければできないスイング。骨盤は右に傾斜している。そのためクラブは地面よりも45°の角度を作れる。

GTY0553013203.jpg

骨盤は右にやや向いているため、左足の固定が強いタイプ。骨盤の右傾斜は強いが、上半身は左傾斜している。下半身が行っている動きと上半身が行なっている動きが異なっている。

Female golfer striking the golf ball骨盤の回旋は弱く、左に傾斜している骨盤の形。左傾斜の方が、左臀部の筋肉は過緊張しやすい。回旋を少なくすることで、その負担を弱めている可能性が高い

GTY0229040702.jpg
この”回旋力”という『動』”親指で踏ん張る””壁を作る”という『静』を多様に存在する下肢の関節で使い分けることが、腰や足に痛みを出さずに動き続けるコツになります。
そのために特に必要なのが、股関節の柔軟性と、仙腸関節の柔軟性と固定力、距腿・距踵関節の股関節に対する協調運動です。
肩と背中との連動がうまく行くためには仙骨がこの中継点なるため、肩や肘など上半身の問題も抱えている方は、股関節の動きに対して仙骨がどのような傾きをしているのかを検査し、改善することも大切となってきます。
当院では各関節の動きの遊びを検査改善することによって、それぞれの動作の可動域精一杯に動かした時の余裕を作ることができます。
運動時の腰や足の痛みにお悩みの方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典