ゴルフ 坐骨神経痛 足元からの治療と腰からの治療

「腰から足を治す方法」か、「足元から腰を調整する」かどちらが良いのか、という議論はいろんな場面で発生します。

今回はヘルニアにより腰から足にかけての痺れと痛みを抱えていた方に対しての腰からと足からの双方向からの治療により相乗効果が得られた症例を御紹介します。


症例:

女性(OL)趣味ゴルフ

症状:
2年前ゴルフ中に腰を痛め(ヘルニア持ち)、屈めない、反れないという症状で来院。
週に一回の治療、5回目でかなり改善。
ゴルフに復帰し、月一回の治療で経過観察中。

治療目標は、腰足の痛みは落ち着いており、ゴルフをしても痛めない腰を目標に、コンディショニングとして行なっている状態でした。

現在の症状は:
左足に体重が乗せられない。左片足立ちかなり不安定。親指で強く踏ん張らないと立てない、踏ん張ると足裏がつる。

検査・触診:
股関節の筋力テスト
大腿筋膜張筋、腸腰筋左<右
→左足の壁の機能低下と股関節からの回旋力の低下、左片足立ち不安定に関与

足関節筋力テスト 左長母趾屈筋減弱
→ L5/S1神経圧迫示唆、重心が後ろに移動しやすい。足の裏のつりと関与

SLR(坐骨神経痛伸展テスト) 左30°、右35°
→坐骨神経の伸長不全(圧迫箇所がどこかに存在)

腰椎の触診
L5左下方(L5/S1の圧迫が示唆)、(※下記の写真は右側のL5下方変位)
仙骨も左下方(梨状筋による坐骨神経痛もあるかも)

IMG_0324
右側L5/S1圧迫モデル

片脚立ち時トレンデレンブルグ兆候+
→中臀筋の機能障害
※ここで仙骨の下方変位があるにも関わらずトレンデレンブルグ兆候があるのに注意。何かの大小による片脚立ちができないのかも・・・。

23591709-076A-4DB8-BD8B-7EA8C869B9B5
左トレンデレンブルグ兆候モデル

治療:

左L5/S1の狭窄の解放
左股関節の調整により股関節外転筋力及び長母趾屈筋の筋力の正常化を図る。
体幹の回旋可動域の調整

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

治療結果:
股関節の筋力も上がるが、左片足立ちで左母指球(土踏まず)で強く踏ん張らないとバランスを保てない。
バランスを取ろうとしてるうちに足裏がつってくる


再度触診・検査:

左扁平足>右(舟状骨下方変位)
重心右足優位

治療:
足底圧の強い足根骨の調整。
左重心移動をしやすくなる部位を探し調整。
今回は距骨頭の下方変位。

扁平足の治療についての機能解剖学的調整に関する動画はこちらを参照ください

治療効果:
バランス取りやすくなり、片足重心安定。バランスを崩す際には母指球側に落ちていく。その際に親指で踏ん張ると足裏がつりそうになる
→再度L5/S1を調整
足裏のつり感なく安定

考察:

そもそもの足裏や股関節の筋力低下は腰の神経障害から来ていた。その筋肉を使わない立ち方で足の関節が再構築され、足底圧及び重心を身体が覚えてしまった。
腰からの治療で筋肉の促通が行えても身体の重心やバランスの取り方までは変えられず足下からの調整も必要な状態となってた。

まとめ:
適切なタイミングで適切なポイントを適切に対応すれば難しい病態も改善します。マルチモビディティ(複合病態)は単純な坐骨神経痛でさえ存在しているので、何度もフィードバックを行いながら進めていくことで良い変化を与えられます。

足腰の痛みでお困りの方は一度ご相談ください

ゴルフの左股関節の役割に対する検査と治療について説明した動画はこちら

 


【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

膝下のしびれ 坐骨神経を刺激する原因には仙腸関節の不安定が関与

腰痛のタイプ分類について動画で紹介しています。
ご参考までにどうぞ Youtubeリンク

 

【坐骨神経痛】

かなり多くの方が患っており、すぐ良くなる方もいらっしゃれば、難治例もあり、日々精進して学び続けなければならない病態です。

今日はその難治例の一つ「仙腸関節の可動性亢進」について話をしたいと思います。

骨盤の回旋偏位
骨盤の回旋偏位

昨今、たくさんの手技療法が存在しており、【仙腸関節】と呼ばれる骨盤にある関節は非常に施術頻度の高い部位となりました。

皆さんの中にもその部位への治療で腰痛や足の痛みが取れた方はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、それでも長引く腰痛や坐骨神経痛の方の中には、度重なる仙腸関節への治療によって、いわゆる捻挫のように【仙腸関節の不安定】を患っている方がいらっしゃいます。

そんな方の治療は、「仙腸関節の固定」と、股関節や背部といった遠隔部に存在する部位への治療で改善することが多いです。

難治例の坐骨神経痛でお困りの方は是非一度ご相談ください。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

坐骨神経痛・お尻に電気が走って歩けない

腰痛のタイプ分類を動画にてご紹介しています。

ご参考までにどうぞ Youtubeリンク

「トレンデレンブルグ兆候(歩行)」

という、中臀筋の筋力低下が原因の歩き方があります。

 

腰痛患者さんや、股関節、膝関節に痛みを持つ方が多いこの兆候。

片足立ちで顕著に現れる骨盤の不安定を表し、一般的にも知られていて、スポーツ施設などでも指摘される人は多いのではないでしょうか?

「じゃあ、中臀筋を鍛えましょう」としてトレーニングをするリハビリやスポーツ施設は多く、ほとんどの方で失敗に終わる傾向にあります。

それはなぜか。

大切な身体の問いかけがないからです。

「なぜ中臀筋が弱くなるのか?」

「なぜ骨盤が傾くのか?」

今日はそのなぜの疑問によって、坐骨神経痛が改善した患者さんをご紹介します。

女性:

坐骨神経痛様の臀部の痛みと股関節の詰まる感覚があり、足をつくとびりっと痺れてしまうため、歩けませんでした。

Pain in leg

病院では脊柱管狭窄症と変形性股関節症と診断され、リハビリをし、筋力低下を指摘されたためスポーツジムと契約して運動をしていたが悪くなる一方だったので当院に紹介され来院。

中臀筋のトレーニングも行なっていたことから、【なぜ、筋力がつかないのか】を焦点に当て治療に当たると、

体重を患側にのせようとすると、上半身が健側に残ったままのために、骨盤だけが押し出されています。

これがトレンデレンブルグ兆候の原因だったのです。

胸椎の11番目に大きく傾いた場所があり、そこを治療した途端に片足立ちも痛くなくなりました。

81D05C1A-B33D-4257-B5D9-42902C3F7CFC

他にも重心移動を制限していた要因があり、そこを繰り返し治療と動きの補正を行なったことでみるみる良くなり、苦痛なく運動ができるようになりました。

身体の問いかけ「なぜ?」を大切に治療に当たらせていただきます。

少しでも腰痛や股関節痛で苦しむ方のお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点からの治療考察

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。

手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。

では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが、それだけでは治らない人が多いのはなぜでしょうか?

今日は、膝の手術後に起こった患者さんの例からご説明したいと思います。

3d Illustration of Men Feeling the Wrist Pain

膝が痛い人のように、立っているとき、片膝だけ曲げるとどうなるでしょう?

3d Illustration of Women Knee pain

身体は傾き、肩は下がりますよね。

では逆に曲がっていた膝が急に伸びる様になったらどうでしょう?

今度は下から突き上げるような力を受けることになります。

この突き上げる力が「腰の圧迫」「首の圧迫」に繋がり、神経痛や運動障害へと広がって行きます。

膝の手術によって、今まで膝を曲げているのが急に伸びることは、必ずしもその方に取って良い方向に進むとは限らないのです。

そういった方の治療は、膝が伸びることによって下から突き上げる力を股関節や骨盤、背骨の関節で緩衝できていない場所を探すことが重要です。

今回の患者さんは、仙骨と呼ばれる背骨の一番下の骨が傾いていることによって、膝が手術によって治った際の足が伸びる力を鑑賞できなかったことが大きな原因となっていました。

杖をついての歩行が手に負担かけていたこともあったので、手の関節や肘の関節の治療を行うのももちろん大切です。

手関節橈屈尺屈

怪我による身体の変化がいろんな症状を起こして行く様に、手術による良い変化も同様の理由で症状を巻き起こして行くことが在ることは、医療関係者みんなが念頭に置かなくてはならないことかもしれません。

手の障害や足の障害にお困りの方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典