ゴルフで起こった股関節の痛みから歩行困難に…

ゴルフで起こる股関節の痛みでは左足と右足で使う動きが若干異なるため、治療方針も左右で異なります。

右股関節であれば、インパクト時に右の腰から股関節を前に押し出す必要があります。

左股関節であれば、右の入れ込みに対して左を少し引くことと、壁といわれる様にインパクトまで体の捻る力と体重移動をためるために固定の役割を必要とされたりします。

 

普段はゴルフ後に腰下肢の筋肉痛程度の方が、ちょっとした力みから歩行困難なまでに痛みの増強が生じてしまった方の症例を紹介したいと思います。

もともと右股関節に疾患を持つため、無理をすると右股関節は痛み(重い痛みとビリッとした痛みの両方)を来すことがある患者さんです。

しばらく大きな問題がなかったため来院されませんでしたが、ゴルフ後から歩行も困難なほど増悪したので急遽来院しました。

足を持ち上げることができず、固定して歩いてきます。

先週末にゴルフの打ちっぱなしをしている最中に違和感を覚え、次の日ラウンドの途中から痛みが強く、さらに痛みが強くなっている状態です。

考えてみるとその前からちょっと違和感は出てきたということでしたので、慢性的な痛みと急性期の痛みが混同していることが予想されます。

右の骨盤が前方・内側に巻き込むような形になっていました。

右腸骨 後面外方 前面内方偏位
右腸骨 後面外方 前面内方偏位

ゴルフの動きと非常に似ています。

腰椎は右側弯を来たし、痛みのある右股関節の上に体を乗っけているような雰囲気。

腰椎の右側弯モデル
腰椎の右側弯モデル

理学検査

SLR R10°  L40°

股関節屈曲 R80° L95°

外転 R10° L30°

内転R10° L15°

腹臥位膝屈曲R90° L60°(右股関節に痛み)

足首の関節も非常に緊張が強い。R>L

まとめると右股関節は可動域の低下が目立ち、ただ左膝を曲げると右股関節に痛みを出すことから、左の腰椎にも問題が診られることが予想できました。

腰椎は右凸の側屈変位。つまり左に下方変位が存在することが予想され上部腰椎は全体的に左下方変位でした。

左側を治療していきます。すると左膝を曲げても右股関節に痛みは走らなくなりました。

右骨盤の回旋と前方への変位を次ぎに取ります。

仰向けで股関節を動かすと、初動時にビリッと痛みますが、可動域はかなり改善しました。
つまりは腰部の右側弯と骨盤の変位が可動域の制限を起こしていました。

しかし初動時のビリッという痛みは取れず、試しに得られていた情報の足関節に注目しました。

つま先を上に上げる動きの背屈をすると抵抗がみらてます。

つま先を上に上げた状態で足を持ち上げるとビリッとした痛みがありません。

これは四頭筋の筋トレに足関節の協同を持たせると効果が高いことと同様の神経機構の働きであると予想されます

 

距腿関節の検査と調整
距腿関節の検査と調整

 

足関節の治療と股関節の牽引を行い歩いてもらうと普通に歩けるということでした。

ゴルフの動作とその人の体の雰囲気を読み取り、適切な検査と治療を行えば、急性期の歩行が困難な程度の痛みであってもすぐに改善することができます。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

足がギクッとして力が抜ける 足が詰まった感じ 東京・埼玉・千葉 にしむら治療院

”足の力が急に抜ける”
”股関節がギクッとして力が抜ける”
”股関節が詰まったような感じ”
“お尻の奥が痛くて力が入らない”
こんな症状の方が数人来院しており、ほとんどが仙腸関節の機能制限をリリースすることで症状が改善します。
仙腸関節の治療は全く異常がないと言われた方はもちろんのこと、整形外科で股関節の疾患を診断されている方にも同様に効果を発揮します。
仙腸関節には様々な機能制限があり、その検査なくして改善は認められません。
股関節の動きに対応して仙腸関節が動いているかを必ず検査しなければなりません。
足の長さを比較するだけで矯正をすることは危険です。
今回のように股関節に症状を出している場合は『足の動きに対しての仙腸関節の動き』が重要になるため足の長さを比較するだけでは問題は検出できません。
さて、今回のように股関節の力が入らず、詰まった感覚があるような場合に多い状態をご紹介します。
骨盤シンメトリー
右骨盤離開
写真の向かって左側にある右の骨盤は、丸で囲まれた仙腸関節部分に問題を抱えています。
右の仙腸関節の上部が離開しており、その状態で股関節の寛骨臼は覆いかぶさるように股関節にのしかかって来ています。
このような状態の場合、股関節の問題を抱えるのは必然と言えるでしょう。
横から見た線でも骨盤の外側と股関節の大転子部分との差が逆転しています。
右足は骨盤よりも大腿骨が内側にあるため”詰まった感覚”が出てきます。
上半身の体重を両下肢へと分散する役目がある仙腸関節が離開していると言うことは、まともに体重を乗せることができず、腰で崩れてしまいます。
“腰がギクっと抜ける”
”足の力が抜ける”
このような感覚を持っている方は仙腸関節の不安定性をきたしている場合がとても多いです。
股関節の痛みに悩まされる方のお力となれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

腰部脊柱管狭窄症・仙腸関節の機能不全・股関節の機能不全 どの症状がどの病態と関連しているか

当院の来院で一番多いのが腰下肢痛で、その中でも脊柱管狭窄症と診断されている人が大部分を占めます。
腰部脊柱管狭窄症と言えば、手術が適応とされる疾患であり、実際に手術をされている人は、当院に来院されている方の3割くらいはいらっしゃいます。
なぜ手術をされているのに、腰下肢痛で来院されるのかと言えば、もちろん手術で症状が緩和されないからです。
抱えていた症状のうち、いくつかは改善され、いくつかは残るといった結果から推測するに、抱えている症状が、『腰部脊柱管狭窄症』という一つの病態では言い表すことができないほど多様な病態が絡んでいることが予測できます。
腰部脊柱管狭窄症が起こす多様な症状
腰部脊柱管狭窄症が起こす多様な症状

現在は多様な病態が身体の中で共存している中で様々な症状を出していることが理解されてきました。

脊柱管狭窄症の手術で一番効果が表れにくいのが ”足のしびれ” と言われています。
中には筋力低下を起こしていて、”しびれ”  や ”感覚が鈍い” という感覚神経の障害だけでなく運動神経の障害まで起こっている方も多数います。
実際に「爪先立ちができない」として来院されている方はとても多く、手術後も改善されない方が、仙腸関節や腰背部、股関節の治療で改善しています。
まず、そのヒトの身体にどんな機能制限があるかを把握することが前進するための最初の一歩となります。
皆様は各関節の機能検査を受けてきているでしょうか?
画像による診断だけだったり、ただ足を上げたり、触れた触覚検査、腱反射だけで病名を診断されてはいませんか?
当院では背骨から骨盤、股関節、足首に至るまでの一つ一つの関節を検査し、抱える症状のどこがどの部分と関連しているのかを考えていきます。
足のしびれには多様な病態が共存している
足のしびれには多様な病態が共存している
実際のレントゲン画像と触診で得た情報をもとにモデルを作成してみました。
fullsizeoutput_1301.jpeg
腰部脊柱管狭窄症 多様な病態モデル
脊柱管狭窄症と診断され、症状は股関節の前方・外方・後方と、全体の痛みと痺れがあり、歩いているうちにだんだんと足が上がらなくなった方がいました。
確かに腰椎の変形も歪みも強く、狭窄症が認められるだろうといった触診具合でしたが、きちんと仙腸関節と股関節の可動性を上げることができた時、その方は途中休むこともなく歩けるようになりました。
この図を見ての通り、画面左側の右股関節は関節面が大腿骨に被さるように骨盤の傾斜を伴っています。
特に右の骨盤の傾きがひどいため、仙腸関節の機能異常も存在していることがわかります。
実際に仙腸関節を調整すると股関節の機能制限も改善してきました。
股関節の過剰な緊張が仙腸関節の異常をきたすとともに、骨盤の傾きがまた股関節の緊張を起こすと言った悪循環が存在しています。
また仙腸関節の不安定が腰部のスタビリティに影響を及ぼし、本来持っていた脊柱管狭窄症の状態を悪化させていたも考えられるでしょう。
こう言った複数の病態が同時に存在しているパターンはかなりの率で拝見します。
『脊柱管狭窄症』と診断されたヒトのうち、手術をしても良くならなかった人はほとんどこう言った現象を持っています。
手術したけど良くならない・手術した後から悪化した・できるだけ手術したくないなど、どんな方でも諦めずに身体の細かな分析と評価と改善を繰り返し行えば必ず光は見えてきます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

鼠径部の痛み サッカー・テニス・ゴルフ Groin pain

Groin painと言われれば、サッカーなど足に過度の負担をかけるスポーツで有名な股関節前面の痛みです。

3d illustration of Female foot with ankle pain
他にもランニング、ゴルフ、野球、テニス、バスケットボールと様々なスポーツで見かける症状です。

Soccer player kicking soccer ball

スポーツと縁がないという方でも意外と同様の症状をもつこともあり、このことから、過度の股関節の負担が原因ではないことがわかります。
腸腰筋のストレッチが効果的と言われてはいますが、多くの方がそれで改善していないことが現場にいてよくわかります。
そんな方々の多くは仙腸関節・腰仙関節・大腿神経の三つのワードで大体が解決できます。
オーバユース(使い過ぎ)ではなく、なぜ回復できないかが問題のようです。
さて、今回はサッカー選手のGroin painの症状改善を元に仙腸関節と股関節の機能についてご紹介したいと思います。
両足の股関節ともに前面に痛みがあり、パスを出す、シュートを打つ、切り返す、しゃがむ動作で詰まるような股関節の違和感を感じ数ヶ月が経過。
整骨院では腸腰筋のストレッチと電気治療によって使った筋肉の疲労回復を行なっていました。
試合に出ればすぐに痛むことを繰り返し、だんだんとインコースへのパス、インサイドキック、カーブするシュートが出しにくくなり、当院に来院。
蹴り足は右、軸足は左だが、最近は左足の方がスムーズにけれるといった具合に右足の動きにだいぶ制限が出てきています。
このようにオーバーユースによって起こるとされている症状はただマッサージとストレッチ、電気治療といった使い過ぎと筋肉を刺激する治療ばかりが行われ、なぜその筋肉が過度の負担を強いられるのかを考えた治療はされていないのがこのスポーツ業界の良くないところでしょう。
身体の機能評価をすると、
股関節の可動域
屈曲 右:85° 左:95°  伸展 右:5° 左15°
外転 右:35° 左:40°  内転 右:0° 左5°
外旋 右:40° 左:50°  内旋 右:0° 左10°
かなり右の可動域が制限されていることがわかります。
骨盤の回旋偏位
左の仙骨は下方に固定され、上方への動きが制限、反対に仙骨の右側は上方へと緊張し、下方への動きを制限されています。
右の腰痛を日常でも感じるようになっていると話されているのは、この右の腰仙関節の狭小による圧迫症状だと思われます。
特に仙骨の右下端で梨状筋や、仙結節靭帯と呼ばれるものが付着する部分が過緊張を起こしていました。
仙腸関節はというと、右の腸骨は前方・内方変位、左の腸骨は内方・後方変位。
この腸骨の傾きは股関節の問題とかなり関係があります。それは腸骨は寛骨と呼ばれる骨盤を構成する骨の一つで、恥骨や坐骨といった股関節を構成する骨と一つになっています。
つまり股関節の動きを制限する傾きになってしまうのです。
当院ではこの骨盤の関節の機能検査によってどの角度への動きが制限しているかを鑑別し、モビリゼーションによって緩めることを治療のコンセプトとしています。
仙腸関節の施術
仙腸関節の機能を取り戻すことによって股関節の可動域はかなり改善しました。
しかし腸腰筋の筋力はまだ落ちたままでしたので上部腰椎の機能検査をすると第2腰椎が右前下方変位で第2腰椎に付着する腸腰筋の起始部をリリースすると腸腰筋の機能も改善し、可動域がさらに改善しました
股関節のリリース
このように仙腸関節の機能異常がある状態では股関節をいくらストレッチしようが股関節の問題は改善されません。
今回は蹴り足の問題を改善することでよくなることができましたが、中には軸足の問題による蹴り足鼠径部の痛みや、軸足の鼠径部の痛みを抱えていた人もいました。
人それぞれ、緊張部位は若干異なり、それを把握することは関節のあそびの検査でしか判断できません。
スポーツの分野において機能検査が浸透してくれればこれらの問題で苦悩している方が多く救われるのではないかと期待しています。
長く続く股関節の痛みに苦悩している方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

腰臀部痛から鼠径部・下肢まで続く神経痛 仙腸関節の機能不全

当院に通っている方で一番多いのが腰から起こる下肢痛でお悩みの方です。

腰痛はなく、坐骨神経痛だけの方から、
腰痛で歩行困難となっている方、
臀部痛が強くびっこをひく、足が思うように動かない
といったように、人それぞれ症状は異なります。

症状が人それぞれ異なるように、腰部に存在する「腰仙関節」「仙腸関節」の状態も様々です。

今回は、膝の伸びないことによって起こった骨盤の傾きが下肢全体への痛みへと波及した事例をもとに、腰仙関節・仙腸関節の機能制限から起こる下肢の痛みについて症例をもとに当院での治療計画について説明します。

症状:

左の腰下肢痛に悩み、腿(もも)から膝にかけての痛みと痺れが強く、歩行がままならないという
腰部はこのように左側の仙骨が後ろになるように捻られており、さらに仙骨の左側が下方に変位するように傾いています。

fullsizeoutput_fa

 

おそらく、この傾きが立位や座位での左側の坐骨神経を障害しているように見えます。

しかし、今回の症状の腿から膝にかけての痛みは外側から前面にかけても生じているため、大腿神経や外側大腿皮神経といった部分にも影響を受けていることが予想だれます。

確かに第3腰椎/第4腰椎間は狭くなっており、大腿神経も障害されているようです。

左L3/4の狭小モデル
左L3/4の狭小モデル

さらには左の仙腸関節の緊張が強く、可動性が落ちていることからも、仙腸関節由来の鼠蹊部痛や下肢痛の痛みも同時に出現しているようでした。

鼠径部の痛み サッカー・テニス・ゴルフ Groin pain
(鼠径部の痛みをGroin painと言い、アメリカでは仙腸関節由来と言われています。過去の投稿をお読みください)
関節のあそびの触診(モーション・パルペーション)によって、原因関節が特定できたらあとはそこを緩めるだけです。仙骨の緊張が一番強く、股関節や膝関節を優しく緩めた後に再度仙腸関節にアプローチすると緩んでくれました。
IMG_2759

IMG_0582

治療後にこんな歪みを起こす原因など思い当たることはないかと尋ねれば、
最初は膝の痛みがあって整形外科で膝の治療をしていたがそれから少しずつ下肢全体に痛みが広がっていったと、時系列を思い出されていました。

つまりは膝の痛み(背景に腰椎の3番の機能不全)があり、そこから膝が伸びなくなって骨盤の傾斜につながり、仙腸関節の可動性の制限を起こして最終的に、下肢全体と歩行障害となったと仮定できました。

治療後は経過が良く、週一回の治療から現在は3週に一回でも歩行には問題ない程度にまで改善してきています。腰部とそれに付随する下肢の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典