脳神経障害

不定愁訴

頭痛 引っ張られるめまい感

頭痛に加えて、片方に引っ張られるような感覚のあるめまいの症例について今回はご紹介します。 これまでにめまいは様々な病態の治療を経験してきましたが、今回は視覚と頭の傾きがポイントでした。 症例(現病歴) ここ数ヶ月間、めま...
不定愁訴

声のかすれなど発声の障害

パーキンソニズムによる声のかすれなどの症状でお困りの方で来院された方が、一回目の治療でかなり改善されたので、前回投稿した「声のかすれ」に詳細を加えていきたいと思います。 声のかすれ 嗄声 反回神経の麻痺 今回は以前の投稿で...
座骨神経痛

足の震えによる歩行障害 不随意運動に対する治療

筋収縮についてリハビリの論文や生理学の研究を読み漁っていると、生理学で習っていることと現場で得られている研究論文とに差が生じることは珍しいことではありません。 理由の1つとして、生理学の研究が多い時期が1930-1980年代に行われ...
不定愁訴

声がかすれる 嗄声 反回神経の障害

今日は「声がかすれる(嗄声)」や「喉のいがいが」「喉の痒み」「咳が出る」についてです。 声を出す声帯の機能異常や、喉の粘膜の知覚の問題ですので、その解剖学を理解すると良い結果が出ます。 嗄声の病態については、後半で述べます。 ※大動脈瘤...
不定愁訴

筋萎縮性側索硬化症 ALS 脳内ネットワークの働き 東京都港区/埼玉県さいたま市 治療院

当院には、神経障害の方は多数来院していただいています。 脳梗塞後の拘縮に困る方や、パーキンソン病の震えに困る方、脊柱管狭窄症により足に力が入らない方など様々です。 今回は、病院での診断が肉離れ→脊柱管狭窄症→ミオパチー→ALSと2年にわ...
脳神経障害

片麻痺による歩行障害 神経促通と協調運動 東京都港区田町 埼玉県さいたま市

片麻痺による拘縮や、パーキンソン病による振戦などの効果については今まで何度か紹介してきました。 ※上肢の拘縮の改善についてを紹介したのはこちら 歩行障害も同様に効果はあります。 キーワードは:伸張反射の抑制、新しい運動連鎖の作成 歩...
タイトルとURLをコピーしました