脳神経障害

不定愁訴

声の高さ 痙攣性発声障害

ジストニアの1つとして紹介される「痙攣性発声障害」は、歌手に多く、歌うことを諦める必要があるため、とても深刻な症状です。 一般的な症状として、声帯の張力が保てずに声帯の異常な震えが起こり、発する声も震え「かすれる」「声が震える」など...
腱鞘炎・ばね指

ジストニア 腱鞘炎・手の強張り 音楽家に対する治療

十人十色な体の中で、スポーツや音楽において一人一人の体とパフォーマンスがどのように関わっているのかを考察して治療にあたっています。 音楽の世界でいえば、体つきの差が、その人のスタイルを決めているといっても良いのではないでしょうか。 ...
不定愁訴

視線の移動 神経的メカニズム

患者さんA 世界がグルグル回るようなめまい。メニエールかなと言われました。 にしむら治療院 「メニエール」という症状自体未だ、よくわかっていないとされていますが、視界が回るという感覚を引き起こす神経メカニズムについてご紹介しますね...
不定愁訴

視覚の身体制御メカニズム

眼球の水平運動の特殊な神経機構 患者さんA 横に引っ張られる様なめまい感で悩んでいます・・・ こう言った症状の方に注目しなければならないのが「眼球の水平運動の問題」です。そんな患者さんの中には、病院で「眼振」を指摘さ...
不定愁訴

めまい感 メニエール 眼振と頸椎症

メニエールの確定診断は、様々な検査の上でされますが、細かい検査なくメニエールでしょう、と言われてしまうケースもあります。 実際にメニエールがあったとしても、そうでなかったとしても複数の視点でめまいやふらつきについては検討する必要があ...
不定愁訴

文字を読むのが疲れる 頭痛やめまいの神経学

在宅ワークが進み、普段であればデスクトップパソコンの大きな画面で見ていたのが、タブレット型パソコンによる画面が小さくなり、十分な仕事場を確保できずに画面に近づいてしまっている、そんな方から頭痛やふらつきの相談がありました。 その他に...
タイトルとURLをコピーしました