歩行障害

不定愁訴

筋萎縮性側索硬化症 ALS 脳内ネットワークの働き 東京都港区/埼玉県さいたま市 治療院

当院には、神経障害の方は多数来院していただいています。 脳梗塞後の拘縮に困る方や、パーキンソン病の震えに困る方、脊柱管狭窄症により足に力が入らない方など様々です。 今回は、病院での診断が肉離れ→脊柱管狭窄症→ミオパチー→ALSと2年にわ...
手・腕の痺れ

片麻痺 神経促通法と運動療法の相乗効果

脳出血や脳梗塞による片麻痺やパーキンソン病などによる関節拘縮は、きちんとやれば必ずよくなります。 しかし、ほとんどの場合、すぐに変化が出ないものであるという間違った認識から、適当な運動療法をただ続けるだけの時間の浪費となっています。 ...
歩行障害

子供の発達 出産時における回旋異常が発育に及ぼす影響

昔、アメリカでは、カイロプラクタティックドクターが出産に立ち合い、生まれてくる胎児の調整を行っていたそうです。 当時は産科婦人科も学問の対象であったという話から、子供の歩行障害に対しての治療の一環として、正常分娩とは何かの勉強を始めたのが...
歩行障害

パーキンソン病と誤嚥性肺炎 顎の震え

主に運動機能の障害、例えば歩行障害や震え(振戦)を起こすパーキンソン病についてです。 誤嚥性肺炎を患うことが多いのは、喉や口元を支配している筋肉の失調が原因の1つだと考えられています。 今回の症例はそんな誤嚥と関連の高い、「口元の震え」...
腰・股関節の障害

歩行時 腰の引っかかりを感じる

歩いた時の腰の引っかかり 「歩くと腰に響く」そんな症状はよく相談されますが、 今回は、「歩いている時、足を浮かすと腰に引っかかりを感じる」そんな症状についてです。 女性: もともと腰痛(左>右)と坐骨神経痛(左)の治療で来院していました...
腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症 手術後も続く症状に対しての手技の介入

「歩いていると足が痺れて動けなくなる。屈んで休むとまた歩けるようになる」 こう言った間欠性跛行(はこう)と呼ばれる症状に代表される疾患の脊柱管狭窄症は、手術でしか治らないと思われがちですが、実際には、手による徒手的な施術で改善が期待できる例...
タイトルとURLをコピーしました