歩行障害

不定愁訴

めまい感 メニエール 眼振と頸椎症

メニエールの確定診断は、様々な検査の上でされますが、細かい検査なくメニエールでしょう、と言われてしまうケースもあります。 実際にメニエールがあったとしても、そうでなかったとしても複数の視点でめまいやふらつきについては検討する必要があ...
不定愁訴

靴を変えてからめまいで歩けない

めまいやふらつきは脳神経外科受診に対して頭痛の次に多いと言われています。 主に画像診断で脳に問題がないとわかれば、身体の機能障害が経度見られる程度であれば経過観察となるケースがほとんどです。 脳の障害と平衡感覚の受容器である耳...
不定愁訴

頭痛 引っ張られるめまい感

頭痛に加えて、片方に引っ張られるような感覚のあるめまいの症例について今回はご紹介します。 これまでにめまいは様々な病態の治療を経験してきましたが、今回は視覚と頭の傾きがポイントでした。 症例(現病歴) ここ数ヶ月間、めま...
座骨神経痛

足の震えによる歩行障害 不随意運動に対する治療

筋収縮についてリハビリの論文や生理学の研究を読み漁っていると、生理学で習っていることと現場で得られている研究論文とに差が生じることは珍しいことではありません。 理由の1つとして、生理学の研究が多い時期が1930-1980年代に行われ...
不定愁訴

筋萎縮性側索硬化症 ALS 脳内ネットワークの働き 東京都港区/埼玉県さいたま市 治療院

当院には、神経障害の方は多数来院していただいています。 脳梗塞後の拘縮に困る方や、パーキンソン病の震えに困る方、脊柱管狭窄症により足に力が入らない方など様々です。 今回は、病院での診断が肉離れ→脊柱管狭窄症→ミオパチー→ALSと2年にわ...
手・腕の痺れ

片麻痺 神経促通法と運動療法の相乗効果

脳出血や脳梗塞による片麻痺やパーキンソン病などによる関節拘縮は、きちんとやれば必ずよくなります。 しかし、ほとんどの場合、すぐに変化が出ないものであるという間違った認識から、適当な運動療法をただ続けるだけの時間の浪費となっています。 ...
タイトルとURLをコピーしました