腕から手先の痺れ 力が入らない

梅雨時期は湿度のせいで、体が重く感じます。

この「重い」という感覚は湿度によるものだけではなく、神経症状のことがよくあります。

今日は「重い張り感・鈍痛が肩から手の先」まであり、「力が入らない」といった神経症状を呈していた方の症例を報告します。

40代男性:

学校の教員をされている方で、泊りがけの移動教室の時に、「枕の違和感」を感じていました。

すると翌朝から首肩の凝りと、肩から腕の重い張り感が出現し、次第に手の先までしびれるようになりました。

一週間が経過し、手の力まで入らなくなり、整形外科でX-pとMRIを撮影し、並行して当院に受診。

 

座っている体勢で、患側の肩が上がり、頚椎に肩から突き上げるような力を及ぼしていることが予測できました。

また、頚椎の右側(患側)が前に出ており、神経根を圧迫していることも予測できました。

 

スクリーンショット 2018-06-29 16.31.49
黄色が神経(首の隙間から出ているのが神経根)

 

後日のMRI結果では、ごく僅かのヘルニアがあるものの、手術が必要なほどではないため経過観察となりました。

ここで重要なことが
【ごく僅かなヘルニアでも神経根と呼ばれる、首から出てすぐのところにおいて圧迫を取っておかないと痺れは一向に良くならない】
ことです。

初見時の検査からも
「首を右に向けている」
「右肩を軽く下げる」
時には握力が上がることから、頸椎や胸椎の部分での回旋異常や側屈異常を改善することで握力は上がることが予測できましたので、行ってみました。

すると直後から握力は7割程度回復。
肩の可動域は9割回復。
痺れは肘周囲と肩の外側のみ少し残りましたが、手先の方への痺れは取れました。

 

3回目の治療で、ほぼ完治。
体育など運動を再開しても不自由ない程度まで回復。

ただ運動後の筋肉痛が右上肢だけ長く続くことから【遅発性筋痛】と呼ばれる神経症状が若干出現しているようだったので、激しい運動後だけその後も数回続けてもらっています。

 

手の痺れや力が入らない、肩の痛みなどでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表
048-708-2011

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

肩の痛みの多くは肘関節由来

肩関節の治療の基本概念を動画で紹介しています。
ご参考までにどうぞ


 
理論編

数年にわたり、肘関節の触診・検査・治療を講義させていただいてきて、ほとんどの治療家が肘関節の治療を行ってきていない現状に気付かされます。
肘関節の痛みである、テニス肘でさえも周囲の筋肉をほぐすことしか行われていないのです。

肘の検査と治療は肩関節の問題にも必ず必要な部位となりますので、今日はその理由である一つを「テニスを行っている患者さんの肩の痛み」を例としてご紹介します。

スポーツによる肩関節の疾患として多いのが、
【上腕二頭筋腱鞘炎】
【腱板損傷】
【インピンジメント症候群】です。

まずは「上腕二頭筋腱腱鞘炎」と肘の関わりについて

上腕二頭筋腱
上腕二頭筋腱

上腕二頭筋、いわゆる力こぶの筋肉は腕をあげる筋肉でありながら、手のひらを返す(肘の回外)動きを行っているため、テニスで言えばサーブやバックハンドで時に主に働きます。


ここで重要なのが、上腕二頭筋が肩と肘の二つの関節をまたぐ長い筋肉であるという特徴です。
肘の機能障害があった場合に、上腕二頭筋は大きな負担を背負わないといけないのです。
そう言った理由から
上腕二頭筋腱鞘炎は肩の痛みとして訴えてこられますが、実はその背景には必ずといって良いほど肘の機能障害が隠れています。

続いて「腱板損傷」と肘の関わりについて

腱板を構成する筋肉の中で棘上筋が比較的損傷率の高いと言われていますが、この筋肉と肘関節の関わりは「インピンジメント症候群」でお話しします。

2番目に損傷率が高いのが「棘下筋」。

棘下筋
棘下筋

この筋肉の作用は肩を外旋する動きとなり、バックハンドで大活躍する筋肉ですバックハンドで上腕二頭筋が関与するという話を先ほど述べたとおり、二頭筋と棘下筋は協調して働きます。
つまり肘の動きと棘下筋の筋力も関与するのです。

最後に「インピンジメント症候群」と肘の関わりです。

肩が60°から120°にかけて関節内の圧力が高まる構造をしていることから、何かの問題で肩関節の隙間が狭くなっていると、60°〜120°でコリっと音がしたり、引っかかったり、痛みが出たりします。
これがインピンジメント(衝突)症候群と呼ばれる現象です。

関節の隙間が狭いことで起こる棘上筋の損傷(インピンジメント)は肩の回旋運動が原因で起こります。

棘上筋
棘上筋

腕をあげるときには肩の回旋運動が自然と受動的に行うことによって関節の隙間を常にキープしているのですが、それが筋肉の緊張によってや肩甲骨や鎖骨、肘関節の機能障害によって妨げられると、結果インピンジメントしてしまうのです。

さらに肘関節が重要と訴えるのにはもう一つ大きな理由があります。

目的の方向へ飛ばすヒッティングスポーツにおいて、ボールと道具の面というのが重要になってきます。
つまり手の平が目的の方向に対して向くために、肩の受動的な回旋に対して、肘関節が緩衝しなければ、面自体が変わり、ボールが他所に飛んで行ってしまいます。

このことから、肩の痛みだけでなく、競技のパフォーマンスとも関係するため、肘関節の機能検査と治療ができなければ、ヒッティングスポーツにおいてはきちんとしたスポーツコンディショニングも行えません。

我々は関節の機能構造学や神経学、そして空間の認識能力など様々な身体の機能を用いて安心安全で優しい治療を行っています。
肩の痛みやスポーツのパフォーマンスでお悩みの方のお力になれれば幸いです。

肩を動かすと脇がゴリゴリ擦れる音がする

ゴルフ障害 肩・肘・手のコーディネーション

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

手の腱鞘炎 神経学的調整法にて改善

子育て、レジ打ち、品出し、テニスやゴルフ、人によっては手をそんなに使っていない人まで腱鞘炎になります。

【なぜ手に負担をかけていない人にも腱鞘炎になるのでしょうか?】

 

問題が手や指より手前にあるからです。

これまでに何度もこの話は説明していますので今回は症例報告のみさせていただきます。

 

過去の腱鞘炎の症例についてはこちら

バネ指・腱鞘炎に対する治療

繰り返す足首の痛み・こわばり  関節炎?腱鞘炎?捻挫?リウマチ?

手のこわばりや腱鞘炎に肋骨の機能異常が多い

 

主訴:腰痛と左手の腱鞘炎

腰痛は昔からあり左足に坐骨神経痛を持っています。この数週間で左手の痺れが起こり、手のこわばりと腱鞘炎様の痛みまで出現しました。

※「腱鞘炎様」としているのは、炎症がある場合はその場で痛みが消失することはないのですが、今回は痛みが消えたので「様」をつけています。腱鞘炎と思われて来院する方の6割はその場で痛みが消えます。

 

仕事は仕分けをしているので手を使っています。
そのため本人も休めば治ると思っていたのですが、それでも痛みは消えず、来院されました。
輪ゴムを左手で広げて、物を閉じるため?左手の母指に痛みが出たようです。

親指を反らすと手の甲に痛みが走り、いわゆるド・ケルバンと呼ばれる状態です。

【治療で改善したポイント】は「」でした。

肘の検査と治療
肘の検査と治療

 

首肩肘手と【動きの触診】を用いて検査をすると、全てに異常が見つかります。
仕分けの仕事ですから、痛みのあるポイントだけではなく、当然手から腕全体に問題が出ています。
そこから指の動きと関連するポイントを探るべく、普段行なっている手の動きから推測すると、手関節と肘関節が可能性が高いと判断しました。

一つ一つ改善させてみると
その場で痛みがなくなりました

まだこわばりが残るため、頚椎の状態や骨盤の傾きなど、もう少し全体を見ながら治療する必要はありますが、【肘で良くなる】ことがわかれば運動療法や家でのストレッチも伝えやすいです。

その後わかったのですが、手のこわばりは腰痛の治療の過程で改善しました。

腰椎骨盤の歪みモデル
腰椎骨盤の歪みモデル

 

皆さんの手の痛みの原因はどこにあるでしょうか?

 

手の痛みでお困りの方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

バネ指・腱鞘炎に対する治療

手で有名な病院でもこれからお話しする治療と検査はほとんど行われていません。

今までに何万人という腱鞘炎の方を治療させていただいていて、ほとんどの人が手術する必要なく治っています。

今日はその検査と治療の一部をご紹介します。

簡単な動画でご紹介しています。

動画はこちらからご覧ください。

腱鞘炎で腫れることの多い指の根元の関節の機能についてお話しします。

指の動きは、「曲げる」「伸ばす」といった普段行う動きと、指同士を「寄せる」「離す」といった小さな動きが可能です。

さて皆さんここで、

反対の手で指をつまみ、捻ってみてください。

どうあがいても、意識的に指は捻ることはできませんが、外から力を加えると簡単に捻ることができます。

他動的な回旋
他動的な回旋

もしこの関節の捻る動きになんらかの障害が生じた場合は途端に指は曲がりにくくなります。

腱鞘炎が治りにくい人の中にはこの動きに制限がある人がいます。

皆さんはこの動きを検査してもらったことはありますか?

ないという方は是非一度当院へご連絡ください。

きっと良い結果が期待できるでしょう。

03-6435-2437

Email : nishimura@hari.space

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

 

担当 西村 公典

手のこわばりや腱鞘炎に肋骨の機能異常が多い

腰痛や肩こりだけでなく、足や手の痛みや運動障害で来られる方は少なくありません。

足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。

以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は「手のこわばり」を訴えて来られた方の症例についてお話しします。

 

手の神経支配

何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。

ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。

IMG_0495
頚神経叢

過去に記載した腱鞘炎の治療についてはこちら

手首・指(腱鞘炎ばね指)・肘の痛み(テニス肘)の症例 ゴルフ・テニス・釣り オフィスワーク

治らない肩や手の痛みの原因は肘にある 症例2

 

ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。

さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。


症例

40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。

来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限があります。

スクリーンショット 2018-01-18 14.56.18.png
手の腱と腱鞘 解剖図
腱の解剖学 ネッターの解剖学参照
腱の解剖学 ネッターの解剖学参照
腱鞘の構造 ネッターの解剖学参照
腱鞘の構造 ネッターの解剖学参照

念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。

 

手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。

IMG_0498
胸郭出口症候群

つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、(下記の図)
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。

鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。

fullsizeoutput_e8

右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。

同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。

二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。

それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。

手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。

 


手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。

無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

ゴルフ障害 肩・肘・手のコーディネーション

最近はますますゴルフによる障害の方が増えてきました。

プロやティーチングプロにもお越しいただき、いろんな視点を皆様から教えて頂いております。

人それぞれ、目的としている動作には若干の違いがあり、私は治療家として、患者さんが求めている動作を遂行するために必要な動きを、「筋肉」「関節」「神経」の点から治療していきます。

今回、右ひじのリストターン(肘の回内)が障害されているために起こった肩と首の痛みについて治療考察を述べたいと思います。

50代男性
ゴルフを始めて数十年、長らく軽い腰痛と臀部痛を抱えていましたが、ここ数ヶ月、右の首から肩にかけての痛みに悩まされ当院へ来院されました。

腰痛はゴルフの疲労からくるもので右の下部腰椎、臀部に思い痛みがあるものの、日常に困る程度ではない。
右肩はテイクバック時のトップで痛み、日常生活でも肩は水平以上にあげると痛みが出るようになってきています。

右肩は左よりも高く上がり、頚椎から出る頸神経も右側は強く緊張しており、この頸神経が肩の痛みと関連していることがわかります。

肩甲上腕神経
なら治療は簡単です。
肩が上がっている部分を探し、頚椎にかかる負担を取り除く、そして頚椎の可動性が減少している部分を改善し、肩甲上腕神経の機能問題を改善すれば良くなります。

 

頸神経
治療後はうまくいっていたのですが、ゴルフ後にまた肩が上がらなくなることを繰り返してしまいます。こういった場合は治療ポイントが足りていないことが多いため、再度検討する必要があります。

今行えない動きは、右の股関節の外転、屈曲。
骨盤は右が上がっているため、腰部の神経の圧迫も多少出ているようです。
腰仙関節の治療と仙腸関節の治療で腰下肢の可動域と鈍痛は解消されました。
右の腰部の持ち上がりが肩を上方へと突き上げていることも考えられましたが、多少の肩の可動域は改善するものの、それだけでは思うような結果にまでは辿り着けませんでした。

 

IMG_0511腰仙関節・仙腸関節

仙腸関節
右肘の可動域を測ると回内・屈曲が制限しており、それがインパクト時に必要なリストターンを抑制してしまい、結果、肩の内旋という動作でカバーしたために起こった体幹の左屈(右肩上がり)だとわかりました。

肩内旋
通常肩の痛みでは肘の検査を欠かさないのですが、頚椎の治療で良い結果が出ていたために、細かく治療しなかったのが今回仇となってしまったようです。

少しでも早く、そして少しでも軽くなるように今後も精進を続けていきたいと思います。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

 

ゴルフ 左肩を使うための脊柱の運動連鎖

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

fullsizeoutput_4e
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典