手のこわばり ヘバーデン結節?リウマチ?腱鞘炎?

手のこわばりを経験される方は多く、
検査でリウマチと診断される方、
リウマチではなかったためヘバーデン結節・ブシャール関節と診断される方
動かした際の引っかかりがあったため、バネ指・腱鞘炎と診断される方、
様々です。

診断名はなんであれ、症状に目を向けると改善させることは難しいことではありません。

①指を動かす際の筋肉(腱)に問題がある場合

→マッサージで改善します。

②関節の変形が問題である場合

→進行度にも影響しますが、関節調整で改善します。

③神経の障害がある場合

→神経の圧迫部位を見つけ、解放すれば改善します。

今回は、手のこわばりと痛みヘバーデン結節を診断された方に対して、検査を行なって行くと神経の障害による手の強張りだったことがわかりました。

検査の様子を動画で撮ることができましたのでご紹介します。

セラピーローカリゼーションというテクニックで、障害部位を解放することで変化する様子を確認します。

うまく見つけることができれば治療は簡単です。

ヒッティングスポーツ 腱鞘炎と神経障害

腱鞘炎や関節炎は頻繁に見かける症状の一つで、難しい症状はたまにあるものの、だいたい5回以内で結果が出る症状です。
診察で重要なのが、「行うべき行為」と「症状の部位」です。 

今回は「ゴルフ」を趣味にする方の「左人差し指」を曲げた時の痛みについて症例を元に機能解剖学的に原因を紹介します。キーワードは【指を支配する神経系】です。

ゴルフなどのようにクラブやラケットを握る競技では人差し指や母指の症状が比較的多く見られます。

 

手の障害の分類
手の障害の分類

理由は大きく2つあります。今回の「左手人差し指」はクラブやラケットを持つ際に、①グリップ部分に対して指が横(中指の方向)に押される形になります。

指の内転ストレスと腱鞘炎
指の内転ストレスと腱鞘炎

そこにスイング時にしなってくる②クラブの重みが加わると痛みを起こしやすくなります。 ではどうすれば治るのか、それぞれに対してお答えします。 ①の指が横にかかるストレスに耐えられるようにするためには、指と指の間にある骨間筋と呼ばれる筋肉が強くなければなりません。

 

手の内在筋
手の内在筋


 通常この筋肉が異常を起こすのは尺骨神経と呼ばれる神経の障害が多いので、尺骨神経を促通することで大体の場合は改善できます。 ②のクラブの重みがなぜ加わるか、ですが、ダウンスイング時シャフトのしなりが戻ってくるタイミングでリストターンが上手くできていれば、人差し指には力がかかりません。このリストターンは肘で行われているので肘の機能異常を改善すると指の痛みも改善します。 更に言えば、左手においてはリストターンに使われる回外筋は指を伸展する筋肉を支配する後骨間神経を通しているため、それも効果がある理由です。

回外筋と後骨間神経

 「痛みある部位と症状」そして「必要とされる動き」これを組み合わせるとなかなか治らなかった痛みも意外と改善できるものです。

 

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

数ヶ月にも及ぶ腱鞘炎(弾発指、バネ指) 東京都港区 さいたま市

腱鞘炎は主に頚神経の絞扼による神経症状と言っても過言ではありません。
それは指が他の部位の筋肉に比べて神経の結合が過密なため、肩や肘に比べて、原因に神経障害が必ず潜んでいるからです。

症例:右手の腱鞘炎 趣味テニス 女性

バネ指発症は一年前、徐々に改善してきて弾発現象は治るものの、指のこわばりは続き、曲がらない。

検査:
強張りは薬指が一番強く、次いで小指、中指から親指にかけては違和感はほぼない。
薬指の屈筋腱が浮き、ドュプトレイン拘縮に似た状態となっていました。

手関節の機能検査:橈屈制限(豆状骨月状骨の橈側変位)


これはギオン菅と呼ばれる尺骨神経の絞扼が考えられます。

ギオン菅.001

肘関節の機能検査:屈曲、回外、回内の制限
手の平を返す動作である回外筋、回内筋は手首を動かす筋肉を支配する神経を通すため、指の症状とも関連が高い筋肉です。
正中神経、橈骨神経の絞扼の疑い有

回外筋の絞扼神経
回外筋の絞扼神経

頚椎(頸神経)の触診:C5の下方変位
頸神経の障害による屈筋腱の機能障害

指に関わる神経の絞扼が疑われる箇所を改善することで8割くらい指の強張りが改善しました。
3回目の治療で引っ掛かり、可動域共に完治致しました。

肩の痛みの多くは肘関節由来

肩関節の治療の基本概念を動画で紹介しています。
ご参考までにどうぞ


 
理論編

数年にわたり、肘関節の触診・検査・治療を講義させていただいてきて、ほとんどの治療家が肘関節の治療を行ってきていない現状に気付かされます。
肘関節の痛みである、テニス肘でさえも周囲の筋肉をほぐすことしか行われていないのです。

肘の検査と治療は肩関節の問題にも必ず必要な部位となりますので、今日はその理由である一つを「テニスを行っている患者さんの肩の痛み」を例としてご紹介します。

スポーツによる肩関節の疾患として多いのが、
【上腕二頭筋腱鞘炎】
【腱板損傷】
【インピンジメント症候群】です。

まずは「上腕二頭筋腱腱鞘炎」と肘の関わりについて

上腕二頭筋腱
上腕二頭筋腱

上腕二頭筋、いわゆる力こぶの筋肉は腕をあげる筋肉でありながら、手のひらを返す(肘の回外)動きを行っているため、テニスで言えばサーブやバックハンドで時に主に働きます。


ここで重要なのが、上腕二頭筋が肩と肘の二つの関節をまたぐ長い筋肉であるという特徴です。
肘の機能障害があった場合に、上腕二頭筋は大きな負担を背負わないといけないのです。
そう言った理由から
上腕二頭筋腱鞘炎は肩の痛みとして訴えてこられますが、実はその背景には必ずといって良いほど肘の機能障害が隠れています。

続いて「腱板損傷」と肘の関わりについて

腱板を構成する筋肉の中で棘上筋が比較的損傷率の高いと言われていますが、この筋肉と肘関節の関わりは「インピンジメント症候群」でお話しします。

2番目に損傷率が高いのが「棘下筋」。

棘下筋
棘下筋

この筋肉の作用は肩を外旋する動きとなり、バックハンドで大活躍する筋肉ですバックハンドで上腕二頭筋が関与するという話を先ほど述べたとおり、二頭筋と棘下筋は協調して働きます。
つまり肘の動きと棘下筋の筋力も関与するのです。

最後に「インピンジメント症候群」と肘の関わりです。

肩が60°から120°にかけて関節内の圧力が高まる構造をしていることから、何かの問題で肩関節の隙間が狭くなっていると、60°〜120°でコリっと音がしたり、引っかかったり、痛みが出たりします。
これがインピンジメント(衝突)症候群と呼ばれる現象です。

関節の隙間が狭いことで起こる棘上筋の損傷(インピンジメント)は肩の回旋運動が原因で起こります。

棘上筋
棘上筋

腕をあげるときには肩の回旋運動が自然と受動的に行うことによって関節の隙間を常にキープしているのですが、それが筋肉の緊張によってや肩甲骨や鎖骨、肘関節の機能障害によって妨げられると、結果インピンジメントしてしまうのです。

さらに肘関節が重要と訴えるのにはもう一つ大きな理由があります。

目的の方向へ飛ばすヒッティングスポーツにおいて、ボールと道具の面というのが重要になってきます。
つまり手の平が目的の方向に対して向くために、肩の受動的な回旋に対して、肘関節が緩衝しなければ、面自体が変わり、ボールが他所に飛んで行ってしまいます。

このことから、肩の痛みだけでなく、競技のパフォーマンスとも関係するため、肘関節の機能検査と治療ができなければ、ヒッティングスポーツにおいてはきちんとしたスポーツコンディショニングも行えません。

我々は関節の機能構造学や神経学、そして空間の認識能力など様々な身体の機能を用いて安心安全で優しい治療を行っています。
肩の痛みやスポーツのパフォーマンスでお悩みの方のお力になれれば幸いです。

肩を動かすと脇がゴリゴリ擦れる音がする

ゴルフ障害 肩・肘・手のコーディネーション

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

手の腱鞘炎 神経学的調整法にて改善

子育て、レジ打ち、品出し、テニスやゴルフ、人によっては手をそんなに使っていない人まで腱鞘炎になります。

【なぜ手に負担をかけていない人にも腱鞘炎になるのでしょうか?】

 

問題が手や指より手前にあるからです。

これまでに何度もこの話は説明していますので今回は症例報告のみさせていただきます。

 

過去の腱鞘炎の症例についてはこちら

バネ指・腱鞘炎に対する治療

繰り返す足首の痛み・こわばり  関節炎?腱鞘炎?捻挫?リウマチ?

手のこわばりや腱鞘炎に肋骨の機能異常が多い

 

主訴:腰痛と左手の腱鞘炎

腰痛は昔からあり左足に坐骨神経痛を持っています。この数週間で左手の痺れが起こり、手のこわばりと腱鞘炎様の痛みまで出現しました。

※「腱鞘炎様」としているのは、炎症がある場合はその場で痛みが消失することはないのですが、今回は痛みが消えたので「様」をつけています。腱鞘炎と思われて来院する方の6割はその場で痛みが消えます。

 

仕事は仕分けをしているので手を使っています。
そのため本人も休めば治ると思っていたのですが、それでも痛みは消えず、来院されました。
輪ゴムを左手で広げて、物を閉じるため?左手の母指に痛みが出たようです。

親指を反らすと手の甲に痛みが走り、いわゆるド・ケルバンと呼ばれる状態です。

【治療で改善したポイント】は「」でした。

肘の検査と治療
肘の検査と治療

 

首肩肘手と【動きの触診】を用いて検査をすると、全てに異常が見つかります。
仕分けの仕事ですから、痛みのあるポイントだけではなく、当然手から腕全体に問題が出ています。
そこから指の動きと関連するポイントを探るべく、普段行なっている手の動きから推測すると、手関節と肘関節が可能性が高いと判断しました。

一つ一つ改善させてみると
その場で痛みがなくなりました

まだこわばりが残るため、頚椎の状態や骨盤の傾きなど、もう少し全体を見ながら治療する必要はありますが、【肘で良くなる】ことがわかれば運動療法や家でのストレッチも伝えやすいです。

その後わかったのですが、手のこわばりは腰痛の治療の過程で改善しました。

腰椎骨盤の歪みモデル
腰椎骨盤の歪みモデル

 

皆さんの手の痛みの原因はどこにあるでしょうか?

 

手の痛みでお困りの方のお力になれれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

バネ指・腱鞘炎に対する治療

手で有名な病院でもこれからお話しする治療と検査はほとんど行われていません。

今までに何万人という腱鞘炎の方を治療させていただいていて、ほとんどの人が手術する必要なく治っています。

今日はその検査と治療の一部をご紹介します。

簡単な動画でご紹介しています。

動画はこちらからご覧ください。

腱鞘炎で腫れることの多い指の根元の関節の機能についてお話しします。

指の動きは、「曲げる」「伸ばす」といった普段行う動きと、指同士を「寄せる」「離す」といった小さな動きが可能です。

さて皆さんここで、

反対の手で指をつまみ、捻ってみてください。

どうあがいても、意識的に指は捻ることはできませんが、外から力を加えると簡単に捻ることができます。

他動的な回旋
他動的な回旋

もしこの関節の捻る動きになんらかの障害が生じた場合は途端に指は曲がりにくくなります。

腱鞘炎が治りにくい人の中にはこの動きに制限がある人がいます。

皆さんはこの動きを検査してもらったことはありますか?

ないという方は是非一度当院へご連絡ください。

きっと良い結果が期待できるでしょう。

03-6435-2437

Email : nishimura@hari.space

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

 

担当 西村 公典

手のこわばりや腱鞘炎に肋骨の機能異常が多い

腰痛や肩こりだけでなく、足や手の痛みや運動障害で来られる方は少なくありません。

足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。

以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は「手のこわばり」を訴えて来られた方の症例についてお話しします。

 

手の神経支配

何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。

ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。

IMG_0495
頚神経叢

過去に記載した腱鞘炎の治療についてはこちら

手首・指(腱鞘炎ばね指)・肘の痛み(テニス肘)の症例 ゴルフ・テニス・釣り オフィスワーク

治らない肩や手の痛みの原因は肘にある 症例2

 

ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。

さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。


症例

40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。

来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限があります。

スクリーンショット 2018-01-18 14.56.18.png
手の腱と腱鞘 解剖図
腱の解剖学 ネッターの解剖学参照
腱の解剖学 ネッターの解剖学参照
腱鞘の構造 ネッターの解剖学参照
腱鞘の構造 ネッターの解剖学参照

念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。

 

手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。

IMG_0498
胸郭出口症候群

つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、(下記の図)
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。

鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。

fullsizeoutput_e8

右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。

同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。

二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。

それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。

手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。

 


手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。

無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典