肘の痛み 多角的な視点で原因を探る手法 さいたま市アギトス鍼灸整骨院/ 東京都田町・三田にしむら治療院

動画で一通りの流れを説明しました。

症例報告をもとに、一つ一つの解説に興味ある方は以下に記載していきます。

症例:30代男性 テニス

昔からテニス肘を患っており、体幹のトレーニングや肩の強化を行い始めて、その後逆に肩の痛みと運動制限が出現、今回の来院に至ります。

初診時と2回目までは肩の治療(胸郭出口症候群)のため、肩の可動域を評価として治療を行いました。

肩の痛みと腕の疲労感(こちらの症例で以前紹介しました。)

今回はその後、3回目の来院時における肘の検査と治療についてご紹介します。

まずは前回行った肩の治療について簡単に紹介します。


テニス肘 肩の可動域制限
初診時の肩の可動域

第2肋骨が上方に変位し、第3肋骨は逆に下方に変位していたため、そこで大胸筋(および小胸筋)が緊張と機能制限を起こし、痛みが出ていると予想しました。

胸椎と頸椎の治療で肩の痛みはすぐに改善し、2回目の治療後は全く気にならないまでに改善しました。

テニス肘 肋骨の変位


 

3回目の来院時はメンテナンスで、ということでしたが、数年前からテニスをすると肘の内側が痛くなる、いわゆる野球肘、内側上果炎を指標として、治療を進めることにしました。

一般的にいうテニス肘というのは、肘の外側の痛みでひどいと物を握ることすら痛みが出てしまいます。

しかし今回は、肘の内側で手首を掌側に折り畳む動きや指を曲げる筋肉が付着する内側上果を痛めていました。

筋力テストで手首の固定力を評価してみます。

肋骨の変位によって肩の可動域が変わるということは、肘も同様に肋骨の問題で変わることがあります。

今回もそのパターンなのか、肩を下げた状態と筋力を比較してみました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

写真ではわかりづらいですが、手首の腱が肩を下げた時の方がはっきりと浮き出ているのが分かる方もいるかと思います。

つまり、胸郭出口症候群の症状が多少、肘の痛みにも影響を出していたことがわかります。

テニス肘 脊椎の触診

筋力が改善する肩を下げている状態と、筋力が落ちる肩を水平にしている場合で脊椎に何が起こっているか確認してみます。

すると、筋力が低下している肩を水平にしている状態では、左側弯(左凸の歪み)が現れているのがわかります。

 


ここで一つの疑問が出てきます。

①肩を下げている方が、脊椎ばまっすぐということは、腰や骨盤、股関節に問題があり、その部分を補正するために、体を傾けている。

※股関節の変位と肩の障害の動画が参考になるかと思います。

もしくは

②スイングする動作で起こる体の回旋時に体が傾くような異常動作がある

※椎骨のカップリングの動画を見ていただくと少し理解できるかと思います。

 

 

①かどうかを評価するために、座ったまま足踏み(股関節の屈曲)をしてもらいました。

テニス肘 腿上げ右肩下がり

 

左肩が上がり、右肩が下がってくるので、股関節も一つ問題点とわかりました。

 

②かどうかを把握するために回旋と側屈の関係をチェックしてみます。

テニス肘 回旋可動域制限

骨盤の左回旋時は、体幹が左側屈できなくなります。

腹斜筋の一部が固くなっているようです。

 

※全ての検査の後、治療してみた結果、①と②は相関関係にあったようで、一方を治すともう片方も改善し、両方治療することでそれぞれの動きが問題なくなりました。

 


次に行った検査に戻ります。

 

左肩を上げなければ、肘がストレスなく機能することがわかりましたが、ここでまた一つ疑問が生まれます。

高いボールを打つ場合、体を右に傾けず(左肩を上げず)に打つことは不可能です。
どうすれば肩をあげても手首肘の筋肉が機能したままでいられるでしょうか?

 

テニス肘 より高い打点 Oリング
より高い打点 Oリング

今回は、指のピンチ機能(Oリングテスト)で見てみましょう。

小指と親指をくっつけておけず、特に小指が私の力に負けて開いてきてしまいます。

テニス肘 骨盤と脊椎の補正
テニス肘 骨盤と脊椎の補正

 

骨盤の触診で左側下がっていることがわかりました(左股関節の内転制限)。

骨盤を補正し、その際に起こる脊椎の歪みをまず補正し、再度筋力検査を行ってみます。

テニス肘 Oring 強化
骨盤を補正した後のOリングテスト

 

つまり、左の骨盤が下がっているために、通常よりも左肩を上げる動作を入れなければ打点にたどり着くことができず、それが最初の肋骨の異常な上方変位を起こしていたと思われます。

 

実際の治療をこの後行い、検査の結果通り、筋力は改善、肘の内側上果炎の痛みもなくなりました。

下記二つの症例も関連したものですので参考にしていただければ幸いです。

腕の筋力低下 上肢の神経障害とその原因

肩の痛みと腕の疲労感

肘の細かい検査と触診についての症例はこちら

スポーツ選手における選手生命に関わる肘関節の障害

 

 

西村 公典


安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

 

肩の痛みと腕の疲労感 東京港区 埼玉県さいたま市 治療院

肩の痛みで来院される方は少なくありませんが、その中でも3割くらいの方にこんな腕の症状をお持ちの方がいらっしゃいます。

「腕が重い」
「腕がすぐ疲れる」
「あまり使っていないのに腕がパンパン」
「腕が冷たい感じ」
「腕が締め付けられる感覚」

こういった症状が肩の痛み以外にある場合に、真っ先に頭に浮かぶのは「胸郭出口症候群」です。

今までにも何度か症例報告させていただいています。

今回は、テニスを行っている方の症例をお伝えします。
「#1肩の痛み」「#2胸の張り」「#3テニス肘」「#4腕の張りと疲労感」


症例

男性 体育の教員 専門テニス

症状:「#1肩の痛み」「#2胸の張り」「#3テニス肘」「#4腕の張りと疲労感」

今回、「胸の張り」「腕の疲労感」も訴えていることから、すぐに小胸筋による胸郭出口症候群が浮かびます。

小胸筋による動脈の狭窄
小胸筋による動脈の狭窄

上の図のように、肋骨から肩甲骨の突起である烏口突起に付着する小胸筋の下を血管と神経が通り抜けるため、小胸筋が緊張をすると、腕が冷えるような感覚(血管の狭窄)や腕の倦怠感(運動神経の障害)、手が痺れる(感覚神経の障害)といった症状を引き起こします。

小胸筋 神経の圧迫
小胸筋 神経の圧迫

さて、胸郭出口症候群(今回の場合は小胸筋による問題)であることを見つけるのはそんなに難しくないのですが、なぜ小胸筋が硬くなってしまうのかを見つけるのはとても難しいことです。


触診

今回、肋骨の触診を行うと(患側は左側)

肋骨の触診
肋骨の触診

※右下の図は第3肋骨(写真では第2になって間違っています)です。

上記の図のように第2肋骨は持ち上がり、第3肋骨は下に下がっています。

こういった肋骨の不均衡は小胸筋の緊張や弱化、痛みを起こすため肋骨の問題を取り除くと胸郭出口症候群も改善します。

 


治療

 

 

肩の可動域・肘の筋力・手の握力などを事前に検査し、肋骨の治療後にどう変わるか経過を見てみます。

上の動画にあるように、肩の可動域および手の筋力、テニス肘の症状も改善することができました。

 


【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

手のこわばり ヘバーデン結節?リウマチ?腱鞘炎?

手のこわばりを経験される方は多く、
検査でリウマチと診断される方、
リウマチではなかったためヘバーデン結節・ブシャール関節と診断される方
動かした際の引っかかりがあったため、バネ指・腱鞘炎と診断される方、
様々です。

診断名はなんであれ、症状に目を向けると改善させることは難しいことではありません。

①指を動かす際の筋肉(腱)に問題がある場合

→マッサージで改善します。

②関節の変形が問題である場合

→進行度にも影響しますが、関節調整で改善します。

③神経の障害がある場合

→神経の圧迫部位を見つけ、解放すれば改善します。

今回は、手のこわばりと痛みヘバーデン結節を診断された方に対して、検査を行なって行くと神経の障害による手の強張りだったことがわかりました。

検査の様子を動画で撮ることができましたのでご紹介します。

セラピーローカリゼーションというテクニックで、障害部位を解放することで変化する様子を確認します。

うまく見つけることができれば治療は簡単です。

スポーツ選手における選手生命に関わる肘関節の障害 東京都港区田町・三田 埼玉県さいたま市さいたま新都心・大宮・浦和

肩や上肢の症状に対する検査と治療の紹介動画を作成しました。
ご参考までにご覧いただければ幸いです。

肘関節の触診と治療についての講義を数年行っているからなのか、肘関節の障害に悩み、当院に来院される方はとても多くいらっしゃいます。

数ヶ月から数年間、肘の症状に悩まされ、このまま練習を続ければ、もう壊れてしまう。

そんな状態の方もいました。

多くは競技復帰はもちろんのこと、輝かしい成績にまで成長する選手や学生もたくさんいますので、諦めずに競技を続けられる方法を提供できれば幸いです。

今日は肘の関節に数年悩むテニスプレーヤーについて良い変化が出てきたので一部紹介しながら、この問題について考察したいと思います。

症例:テニスプレイヤー(女性)

数年前より【内側上果炎】(いわゆるゴルフ肘、野球肘)と診断を受け、トレーニング、フォームの改善、電気治療、マッサージと、プロ野球選手も来られるような有名な治療院や病院で治療を受けてきましたが、改善はせず、悪化する岐路をたどっていました。

肘の講義をしていたこともあって、その選手と知り合うことになり、治療を始めたところ、4回目に一段階目の効果が出始めました。

 

CT画像を見る限り、「問題がないn.p」と言われてしまうのもよくわかります。

確かに重篤な問題がないのは私自身にもわかるようなキレイな関節でした。
骨に異常がなければ、サポーター、テーピング、電気治療、針、マッサージ、ストレッチ、フォームの修正、が処方および指導されるというのは、なんら違和感はありません。

しかし、触って、機能検査をした後にCTの画像を見れば、そこから取り出せる情報は全く別なものになります。

当院では触診結果から治療計画を立て、毎回フィードバックを得ながら治療を進めていきます。

スクリーンショット 2018-11-02 17.44.01

スクリーンショット 2018-11-02 17.44.27

今回のように確かにこのCTだけを見たら、「とても綺麗な肘で問題なから安心してください」なんて言われてしまいますが、触診をした後に、このCTを見るといくつかの治療ポイントが明確になってきます。

1つ目は
【上腕骨内側上顆の後方変位】(資料内の緑ひし形マーク)

2つ目は
【橈骨頭の後方変位】(資料内オレンジのひし形マーク)

でした。
おそらくこれは肩の内旋変位によるものであると予測でき、回内の治療と伸展の治療を行なっていきました。

ただ、CTを見るのと何が違うのか、
そう、「触診」が全くないのです。

治すべき場所を探せば、いくらでもあるような肘なのにも関わらず、ただマッサージと、特殊な良い電気をかけても治りません。

1つ1つの筋肉の機能検査を行い、
1つ1つの関節の機能検査を行い、
1つ1つの神経の機能検査を行い、
1つ1つ治していくと、いつの間にか、肘が伸びるようになりました。

一段階肘は伸びましたが、そこでまた止まってしまいます。
次に試行錯誤の末見つけたのが、

【骨間筋】と【回外の機能制限】

これを改善すると、直後から肘の伸展が数年ぶりに伸びました。

まだサーブの時に必要な完全伸展までは達成していないものの、かなり改善が見られています。

おそらくもう一段階何かを見つけなければなりませんが、おそらくもうすぐそこまできているのを我々は実感しています。

それから経過が進み、今までの治療で可動域はほとんど問題なくなり、以前よりパフォーマンスも上昇、表情も明るくなってきました。

しかし、プレー後半は肘の筋肉が張り、パフォーマンスが低下してしまいます。

確かに可動域はほぼ完全になっていましたが、最終域でガチッとした硬さが残っています。

動画でも紹介している頸神経の治療で筋肉の張りも取れ、肩肘ともに軽く動くようにできました。

他の可動域も測ってみると、右の股関節の外旋、足関節の背屈が異常に固く、肘の筋力テストも股関節と足関節のポジションで弱くなることがわかりました。

つまり、下肢の機能障害があり、その分、「手打ち」をしていたようです。

下肢の硬さを取るとさらに肘は力強くなり、長い時間も差し支えなくプレーができるようになっています。

 

選手生命を脅かす肘関節の痛み、後戻りができないことになる前にちゃんと見直す期間があるとその後の競技人生も変わってきます。

当院の治療を希望される皆様へ

もしすでに画像診断を受けたものがあれば、持参していただくと診察の助けとなります。
治療は肘だけでなく、肩、首、手、背中、腰とすべての関節の機能検査を行い、肘にかかる負担すべてに対して治療を施しますので、各関節の機能検査を行います。

過去にあった症状も参考にしますので、これまでに負った怪我も思い出しながら来院していただけると早い段階で変化を出すことができます。

肘など、身体の痛みや不調で苦しむ方のお力に少しでもなれれば幸いです。

 



安心安全な優しい施術

【にしむら 治療院】

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

JR田町駅から徒歩2分、都営浅草線三田駅から徒歩1分、都営三田線三田駅から徒歩2分

Tel : 03-6435-2437

ホームページはこちら


【アギトス鍼灸整骨院】

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分、さいたま新都心駅から徒歩12分
敷地内駐車場4台完備

Tell : 048-708-2011

ホームページはこちら

 

 

肩の痛みの多くは肘関節由来

肩関節の治療の基本概念を動画で紹介しています。
ご参考までにどうぞ


 
理論編

数年にわたり、肘関節の触診・検査・治療を講義させていただいてきて、ほとんどの治療家が肘関節の治療を行ってきていない現状に気付かされます。
肘関節の痛みである、テニス肘でさえも周囲の筋肉をほぐすことしか行われていないのです。

肘の検査と治療は肩関節の問題にも必ず必要な部位となりますので、今日はその理由である一つを「テニスを行っている患者さんの肩の痛み」を例としてご紹介します。

スポーツによる肩関節の疾患として多いのが、
【上腕二頭筋腱鞘炎】
【腱板損傷】
【インピンジメント症候群】です。

まずは「上腕二頭筋腱腱鞘炎」と肘の関わりについて

上腕二頭筋腱
上腕二頭筋腱

上腕二頭筋、いわゆる力こぶの筋肉は腕をあげる筋肉でありながら、手のひらを返す(肘の回外)動きを行っているため、テニスで言えばサーブやバックハンドで時に主に働きます。


ここで重要なのが、上腕二頭筋が肩と肘の二つの関節をまたぐ長い筋肉であるという特徴です。
肘の機能障害があった場合に、上腕二頭筋は大きな負担を背負わないといけないのです。
そう言った理由から
上腕二頭筋腱鞘炎は肩の痛みとして訴えてこられますが、実はその背景には必ずといって良いほど肘の機能障害が隠れています。

続いて「腱板損傷」と肘の関わりについて

腱板を構成する筋肉の中で棘上筋が比較的損傷率の高いと言われていますが、この筋肉と肘関節の関わりは「インピンジメント症候群」でお話しします。

2番目に損傷率が高いのが「棘下筋」。

棘下筋
棘下筋

この筋肉の作用は肩を外旋する動きとなり、バックハンドで大活躍する筋肉ですバックハンドで上腕二頭筋が関与するという話を先ほど述べたとおり、二頭筋と棘下筋は協調して働きます。
つまり肘の動きと棘下筋の筋力も関与するのです。

最後に「インピンジメント症候群」と肘の関わりです。

肩が60°から120°にかけて関節内の圧力が高まる構造をしていることから、何かの問題で肩関節の隙間が狭くなっていると、60°〜120°でコリっと音がしたり、引っかかったり、痛みが出たりします。
これがインピンジメント(衝突)症候群と呼ばれる現象です。

関節の隙間が狭いことで起こる棘上筋の損傷(インピンジメント)は肩の回旋運動が原因で起こります。

棘上筋
棘上筋

腕をあげるときには肩の回旋運動が自然と受動的に行うことによって関節の隙間を常にキープしているのですが、それが筋肉の緊張によってや肩甲骨や鎖骨、肘関節の機能障害によって妨げられると、結果インピンジメントしてしまうのです。

さらに肘関節が重要と訴えるのにはもう一つ大きな理由があります。

目的の方向へ飛ばすヒッティングスポーツにおいて、ボールと道具の面というのが重要になってきます。
つまり手の平が目的の方向に対して向くために、肩の受動的な回旋に対して、肘関節が緩衝しなければ、面自体が変わり、ボールが他所に飛んで行ってしまいます。

このことから、肩の痛みだけでなく、競技のパフォーマンスとも関係するため、肘関節の機能検査と治療ができなければ、ヒッティングスポーツにおいてはきちんとしたスポーツコンディショニングも行えません。

我々は関節の機能構造学や神経学、そして空間の認識能力など様々な身体の機能を用いて安心安全で優しい治療を行っています。
肩の痛みやスポーツのパフォーマンスでお悩みの方のお力になれれば幸いです。

肩を動かすと脇がゴリゴリ擦れる音がする

ゴルフ障害 肩・肘・手のコーディネーション

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

アギトス鍼灸整骨院 代表

048-708-2011

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

ゴルフ 左肩を使うための脊柱の運動連鎖

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

fullsizeoutput_4e
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典