胃の痛み・足のしびれ 神経障害と内臓

腰痛もないのに「足がしびれている、別で胃も痛い」いったい何が起こっているんだろう?と不安になっている方も多いと思います。
わたし自身の身をもって感じている不安でもありました。
しかし施術で良くなることを知った今はそんなに不思議ではありません。

 今日は胃の痛み(機能性ディスペプシア)と足のしびれについての症例を紹介致します。

足のしびれは、必ず腰が原因であるとは言い切れないが、やはり最も多い原因は腰からであるのは間違いないでしょう。 

腰痛がなくても押さえられてみて「圧痛」を感じる場合、そこはしびれと関連している場合があります。
 その圧痛のポイントが胃と関連していれば2つの異なった症状を出していても不思議ではありません。
 それでは症例をもとに細かく検証していきましょう。


 

症例 : 男性風邪を引き、長時間の睡眠によって腰痛を発症。体調の改善に伴い、いつもの日常生活に戻れ腰痛は改善。
その数週間後、食後に起こる胃痛と膨満感が始まる。
それに続くように右足大腿部内側のしびれが出現。
来院に至る


 

検査・触診 圧痛は「第1腰椎」でした。右は大腿部に放散痛があり、しびれと関連することが予想できました。 

可動域検査
SLR 右30度 左40度
外転 右30度 左40度

腹部の触診
季肋部に強い圧痛浅い層では左に緊張があり、深い層では右にも強い圧痛と右下肢に放散しました。


 

考察:

 第1腰椎の左下方変位(右起立筋の緊張過多)による後腹膜のねじれが起こり十二指腸の機能を制限させ、同部位より始まる大腿神経を刺激して右モモのしびれを発症。

胃十二指腸 第一腰椎変位
胃十二指腸 第一腰椎変位

胃痛の原因

 胃潰瘍は基本は空腹時痛が症状なので、食後の胃痛を最近では、「機能性ディスペプシア」胃の運動機能低下による症状と言われ始めています。

これは我々の技術でも改善できる症状です。
今回の症例から治療法を考えていきます。

 機能異常の原因としては、胃は後腹膜臓器ではないので動きは大きく神経的な要因が多いことが予想できます。

十二指腸は後腹膜臓器ですので、腰のすぐ表側に固定され、腰の状態で十二指腸は動きを悪くすることがあります。

胃十二指腸 第一腰椎
胃十二指腸 第一腰椎

胃痛を改善させるためには、
①胃に向かう神経系の促通による機能改善
②腰部の調整による後腹膜を介した十二指腸の機能改善


今回の症例は主に②でした。 

第1腰椎の治療そして第1腰椎の変位に対してバランスを崩していそうな背部や骨盤を調整してその場でしびれは改善しました。
座っている体勢が悪く、確かに食後にお腹を圧迫させていそうでしたので、姿勢維持のために治療を続けていて、しびれは体調の悪い時だけ出ている、そんな状態で落ち着いています。

不妊治療 骨盤内神経刺鍼

鍼灸治療を続けて妊娠できたという方もいますが、当院では必ずしも鍼灸治療を受けている人が妊娠しているわけではありません。

それはなぜか、鍼灸でも整体でも、「どこを刺激するか」が重要だからです。
もちろん針の刺激は指で押すよりも神経に対する刺激としてとても有効です。

まず、最近の鍼灸治療での不妊治療に対する効果についてご説明します。

 

東洋医学的な考え方
「経絡」いわゆる「気の流れ」から見た手足のツボやお腹や脈を診て、治療するツボを判定する方法があります。
そこでよく使われる膀胱系のツボの1つ「次髎」(☆印)について紹介します。

次髎ジリョウのツボ
次髎ジリョウ

東洋医学的に使われているツボですが、西洋医学の観点からも重要なツボです。
西洋医学でも重要なツボとされているのは、「坐骨神経」と並行して走る「陰部神経」が骨盤内の臓器に付着するからです。

鍼灸学会では不妊治療に「陰部神経」や「骨盤内神経」が重要であるという研究結果が挙げられています。
当院で不妊治療で困っていた方で無事出産された方というのは、ほとんどが当初腰痛で紹介されてきた方々です。
つまり腰痛である状態が、骨盤内神経を障害させ、結果、子宮内膜や骨盤の正常な機能を妨げていたということです。

腰痛が良くなっていく中で、不妊についての相談が発覚し、そのまま妊娠出産という嬉しい報告を聞くことができました。

腰痛を患っている方や、下肢の痛みを患っている方の中で不妊を患っている方は、足の方へと向かう神経と並行して走る、骨盤の中へと向かう神経の問題を抱えている場合がありますので、ちゃんとした腰の治療を受ける必要があります。

特に不妊専門で治療している治療院は腰痛に対する知識が乏しいため、腰痛を患っている方で不妊治療に通っている方は、腰痛に対する専門の治療をきちんと受けることをお勧めします。

不妊・逆子治療 婦人科に対する治療効果

開業して何年も経つと3世代に渡り治療させて頂くことがよくよくあります。

お母様が来院されていたことをきっかけとして娘の不妊治療、孫の発達障害やスポーツ障害を治療させていただく機会はどんどん増えていきます。

いつもありがとうございます。

 

この度、ご懐妊後、お腹の中で順調に育っていた30週目に「逆子」であることがわかり、逆子に対する治療が始まりました。

東洋医学では足の小指にある「至陰」というツボが有名です。

 

PXT00001683809602
至陰のツボ

 

至陰へのお灸に加えて、構造学的に逆子を見ていきます。

腹診から胎児の動きを予想します。

 

婦人科の学問によれば、

出産前に子供の頭が骨盤の中にスッポリとはまり込むことで、出産の準備が始まります。

骨盤の傾斜や仙骨の後傾、ゆがみは子供の頭が降り辛くなります。

プリンシンプル参加婦人科学
プリンシンプル参加婦人科学 胎児の回旋

腹部を優しく触診しながら子供の動きが悪い方向を探し、腰椎や骨盤の動きの悪い方向と関連付けながら施術を行っていると

今回の症例では3回目の施術後の検診で逆子が治っていました。

不妊や逆子の治療経験も増えてきて、命の誕生を耳にする喜びは格別です。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典