不定愁訴

不定愁訴

視覚の2つのシステムとスポーツ障害

脳神経機能から見て視覚には2つのシステムがあります。 そのシステムの違いは、脳の神経伝達の2つの経路の違いとしても知られています。 1つは背側経路で、【行為の視覚システム】です。 もう1つは腹側経路で、【知覚の視覚システ...
不定愁訴

靴を変えてからめまいで歩けない

めまいやふらつきは脳神経外科受診に対して頭痛の次に多いと言われています。 主に画像診断で脳に問題がないとわかれば、身体の機能障害が経度見られる程度であれば経過観察となるケースがほとんどです。 脳の障害と平衡感覚の受容器である耳...
不定愁訴

文字を読むのが疲れる 頭痛やめまいの神経学

在宅ワークが進み、普段であればデスクトップパソコンの大きな画面で見ていたのが、タブレット型パソコンによる画面が小さくなり、十分な仕事場を確保できずに画面に近づいてしまっている、そんな方から頭痛やふらつきの相談がありました。 その他に...
不定愁訴

頭痛 引っ張られるめまい感

頭痛に加えて、片方に引っ張られるような感覚のあるめまいの症例について今回はご紹介します。 これまでにめまいは様々な病態の治療を経験してきましたが、今回は視覚と頭の傾きがポイントでした。 症例(現病歴) ここ数ヶ月間、めま...
不定愁訴

声のかすれなど発声の障害

パーキンソニズムによる声のかすれなどの症状でお困りの方で来院された方が、一回目の治療でかなり改善されたので、前回投稿した「声のかすれ」に詳細を加えていきたいと思います。 声のかすれ 嗄声 反回神経の麻痺 今回は以前の投稿で...
不定愁訴

声がかすれる 嗄声 反回神経の障害

今日は「声がかすれる(嗄声)」や「喉のいがいが」「喉の痒み」「咳が出る」についてです。 声を出す声帯の機能異常や、喉の粘膜の知覚の問題ですので、その解剖学を理解すると良い結果が出ます。 嗄声の病態については、後半で述べます。 ※大動脈瘤...
タイトルとURLをコピーしました