サッカー選手のイップス 空間定位と身体の位置覚

輝かしい成績を収めていたトップアスリートから相談を受ける機会のほとんどはこの「イップス」です。 今回は動画で空間定位の異常を引き起こす1症例を紹介しながら、イップスを起こす原因を説明したいと思います。

症例:
社会人サッカー

現病歴:
右サイドのトップでプレーしているが、センタリングが思うように上がらない。
股関節痛(グロインペインgroin pain)を長く患っており、現在は落ち着いているが股関節を曲げる屈曲可動域は未だ回復はしていない。
当初感じていた蹴る時の痛みはないためプレーに支障はないと考え、スポーツマッサージと針をしながらプレーを続ける。

既往歴:
2年前 右もも肉離れ
1年前 右足捻挫
半年前 groin pain

触診・検査:
右四頭筋(緊張↑、筋出力低下、反射テスト速度低下)
股関節可動域
屈曲 右80° 左110°
外転 右30° 左40°
内転 右5° 左20°
外旋 右=左
内旋 右<左

腸腰筋(緊張↑、圧痛+、筋出力低下、反射テスト速度低下、γ運動ループ低下)

腰椎左側弯
骨盤の触診 右ASIN変位(前内方変位)

足関節の可動域
内反↓、外反↑、舟状骨下方変位、距骨の外側上方変位

————————————————–

考察:
2年前の肉離れは上部腰椎の可動性制限により大腿四頭筋の緊張が強くなり、急な負荷がかかった際に肉離れを起こす。肉離れ自体は経過とともに改善をしたが、そもそもの上部腰椎(大腿神経)の機能異常は残ったままだったことにより、急な切り返しの際に腿の筋肉が収縮できず、捻挫を起こした。
足関節が一般的な捻挫(外反捻挫)の反対の内反の可動域が悪かったことから、足関節の捻挫後の固定(内反の方へ引っ張るテーピング)により、徐々に扁平足のように内反足へと変位していった。
その影響で、股関節も内旋し、骨盤も前方回旋され、結果groin painを発症。

groin painと骨盤の機能障害について説明した動画はこちらです。股関節の治療について興味のある方はこちらをご参照ください。

治療計画:
センタリングというインパクトの大きな動作として必要な大腿四頭筋と腸腰筋の神経的調整と骨盤の変位による股関節の空間定位の調整。
これをoutcomeに設定し、競技のパフォーマンスが改善するかを経過観察しました。

治療詳細:
大腿四頭筋、腸腰筋の収縮力や神経系の機能を見ながら上部腰椎を治療。
骨盤の前方回旋、および股関節の可動域を牽引や弛緩法で優しく緩める。
足関節(主に舟状骨、距骨)を調整を行う。

結果:
股関節前面の神経系改善により、細かい切り返しができるようになりました。
そして足関節機能改善によって股関節の回旋可動域も上がり、インサイドの蹴りもスムーズに運べるようになり、センタリングも狙ったところに上がりやすくなりました。
肉離れと捻挫の後遺症がまだ健側と比べるとあるようなので筋トレも一緒に行いながら経過観察を続けています。
今回の症例は、過去の怪我が、その人の足が持っている空間の認識する能力(空間定位)を歪ませてしまって起こった不調(イップス)でした。

股関節が持つ空間認識の異常について説明した動画を作成しましたので興味のある方はこちらを参照ください。

 

“イップス”のほとんどはこの空間定位の異常といっていいと私は思っています。思い描いたように実際の体は動いておらず、今までやっていた行為から知らずにずれてしまう状態です。
治すためには、いつ頃からおかしいのか、おかしくなった背景には過去の怪我と関連することがほとんどですので、既往歴から考察することも重要です。
最後に空間定位とめまい感、高次機能障害の関連について

「めまい感」を起こす空間定位(空間認識)の異常は耳にある耳石が起こすだけでなく、各関節の機能障害でも起こります。
位置覚と呼ばれる関節受容器の異常で起こるこのめまい感は、時には今回のようにスポーツ障害の「イップス」を起こす原因でもあります。
このイップスはいわゆるBody Imageと呼ばれる自分の体の認識する能力に異常と関連しているため、body imageが障害されると言われているパーキンソン病や線維筋痛症などにも関わってきます。

当院ではこの空間定位を治すことによって高次機能障害に対する治療にも応用しています。

スポーツ障害やパフォーマンスが思うように出ない方、その他にも脳障害などでお困りの方は是非一度ご相談ください。

胃の痛み・足のしびれ 神経障害と内臓

腰痛もないのに「足がしびれている、別で胃も痛い」いったい何が起こっているんだろう?と不安になっている方も多いと思います。
わたし自身の身をもって感じている不安でもありました。
しかし施術で良くなることを知った今はそんなに不思議ではありません。

 今日は胃の痛み(機能性ディスペプシア)と足のしびれについての症例を紹介致します。

足のしびれは、必ず腰が原因であるとは言い切れないが、やはり最も多い原因は腰からであるのは間違いないでしょう。 

腰痛がなくても押さえられてみて「圧痛」を感じる場合、そこはしびれと関連している場合があります。
 その圧痛のポイントが胃と関連していれば2つの異なった症状を出していても不思議ではありません。
 それでは症例をもとに細かく検証していきましょう。


 

症例 : 男性風邪を引き、長時間の睡眠によって腰痛を発症。体調の改善に伴い、いつもの日常生活に戻れ腰痛は改善。
その数週間後、食後に起こる胃痛と膨満感が始まる。
それに続くように右足大腿部内側のしびれが出現。
来院に至る


 

検査・触診 圧痛は「第1腰椎」でした。右は大腿部に放散痛があり、しびれと関連することが予想できました。 

可動域検査
SLR 右30度 左40度
外転 右30度 左40度

腹部の触診
季肋部に強い圧痛浅い層では左に緊張があり、深い層では右にも強い圧痛と右下肢に放散しました。


 

考察:

 第1腰椎の左下方変位(右起立筋の緊張過多)による後腹膜のねじれが起こり十二指腸の機能を制限させ、同部位より始まる大腿神経を刺激して右モモのしびれを発症。

胃十二指腸 第一腰椎変位
胃十二指腸 第一腰椎変位

胃痛の原因

 胃潰瘍は基本は空腹時痛が症状なので、食後の胃痛を最近では、「機能性ディスペプシア」胃の運動機能低下による症状と言われ始めています。

これは我々の技術でも改善できる症状です。
今回の症例から治療法を考えていきます。

 機能異常の原因としては、胃は後腹膜臓器ではないので動きは大きく神経的な要因が多いことが予想できます。

十二指腸は後腹膜臓器ですので、腰のすぐ表側に固定され、腰の状態で十二指腸は動きを悪くすることがあります。

胃十二指腸 第一腰椎
胃十二指腸 第一腰椎

胃痛を改善させるためには、
①胃に向かう神経系の促通による機能改善
②腰部の調整による後腹膜を介した十二指腸の機能改善


今回の症例は主に②でした。 

第1腰椎の治療そして第1腰椎の変位に対してバランスを崩していそうな背部や骨盤を調整してその場でしびれは改善しました。
座っている体勢が悪く、確かに食後にお腹を圧迫させていそうでしたので、姿勢維持のために治療を続けていて、しびれは体調の悪い時だけ出ている、そんな状態で落ち着いています。

足が重い 大腿神経障害 坐骨神経の絞扼 吐き気 星状神経節過敏 交通事故

交通事故は些細な衝突であっても、その後様々な症状を出すことがあります。

頚椎捻挫、いわゆる”ムチウチ”は誰でも想像できる病態ですが、そのほかに意外と多いのが

  • 「足の付け根(股関節)が痛い」
  • 「足首が痛い、動かない」
  • 「足全体が重い」
  • 「足がつる」

こういった足の症状です。

今日の症例の神経障害のポイントはこちら
腕神経叢、頸神経根障害、星状神経節、迷走神経、胸神経(交感神経節)、大腿神経、仙骨神経叢、坐骨神経、腸骨下腹神経

症例:

女性 30代
交通事故から1ヶ月経ち徐々に悪化
・右肩から手の先までの痺れと重だるさ
・吐き気に近い気持ち悪さ
・右股関節付け根の痛みと足が重くて持ち上がらない
・階段の上りで足が持ち上がらない
・右足首全体の動かしにくさ
・足のつれ(こむら返り)
・みぞおちから下腹部にかけてのつれ感

病態:

肩からての症状:
腕神経叢の絞扼神経障害、頚椎症、頚椎捻挫の関連痛、頸神経根障害、肩肘のトリガーポイント

吐き気 気持ち悪さ:
ムチウチによる星状神経節の興奮、迷走神経の過敏症、胸神経の過敏症

右股関節付け根、右足の持ち上がらなさ:
大腿神経の障害、腸腰筋の拘縮、上部腰椎の機能不全、股関節の狭小

右足首全体の動かしにくさ、足のつれ:
坐骨神経障害、仙骨の障害、腰椎の障害

みぞおちから下腹部にかけてのつれ感:
腸骨下腹神経の障害、腸腰筋・腹斜筋の緊張

 

治療:

頚椎右側弯(左回旋変位、左側屈変位)
下部胸椎・上部腰椎右側弯(左側屈変位)
腰椎の機能制限(左回旋変位・左側屈変位)
右股関節のけん引

 

経過:

1回目:
肩の可動域30度→80度
右股関節屈曲80度→90度
SLR右30度→45度
自覚症状では、腕の重さは50%改善、足の重さはなし、足首が少し動かしにくい程度

2回目(前回から3日後):
症状はほぼ最初と同じようになっていた
肩の可動域40度→90度
右股関節屈曲80度→95度
SLR右30度→45度
自覚症状は、足の重さも足首の動かしづらさもなく快調。腕の重さは80度を超えると重い

3回目(前回から3日後):
2回目の治療の後、階段も楽に上り下りできた。右肩首の重さはあるが、比較的腕もマシ。
肩の可動域70度→120度
右股関節屈曲95度→120度
SLR右50度→70度

ちょっと無理するとまた症状は出てしまうが、日常辛くてと言った不調はなく過ごせている。
現在は最後の腕の上がりにくさと、症状の安定を目的として経過を見ている。

 

 

アクセルやブレーキを踏んでいる右足に多く生じる症状ですが、たまに反対の左側に出ることもあります。

なぜだと思いますか?

それは腰からの神経痛が関与しているからです。

もともと症状を持っていた方が事故によって増悪するケースもあれば、腰下肢痛を患ったことがない人でも突然の衝撃を受けてからなる人もいます。

 

事故が関与しているから、その衝撃が足首を負担かけたと最初思われます。
それは股関節においても同様です。衝撃は足を通して股関節にも伝わるため、ブレーキを踏みながら踏ん張る場合はなおさら股関節まで力は及びます。

当初はそう言った捻挫様の痛みであったものも次第に腰部の過緊張となり、神経痛に発展んすることもあるのです。

 

交通事故の後も続く症状や腰痛・痺れに苦悩している皆様のお力になれれば幸いです。

 

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
連絡先:03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

連絡先:048-708-2011

代表の西村に治療を希望する場合は、事前予約が必要になります。

お電話かメールでお問い合わせください。

 

西村 公典

交通事故から悩まされる手のしびれや首肩の痛み 田町・三田 与野・さいたま新都心 治療院

肩や手の痛みに対する治療紹介動画はこちら

東京都の治療院は完全自由診療のため、交通事故の自賠責保険での治療はほとんど皆無ですが、保険治療が中止になり、その後も続く症状のために通院される方は今まで多くいらっしゃっています。

変わって、埼玉では保険診療も取り扱いしているため、交通事故の自賠責保険を使って直後から通院している方もいらっしゃいます。

事故直後は状態変化も多いため、具合が落ち着くまでは経過観察をしながら”優しくリラックスさせ、事故後の過剰な防御反応を落ち着かせるような治療”になります。
事故から経過が経っても良くなっていない場合は、”事故後に自分自身を守るために体が覚えてしまっている悪い癖を変える治療”が必要になります。

今日は経過が経っても良くなっていない場合の説明をしたいと思います。

結論から言うと「体が受けた外力」について考える事が大切です。

どのように力を受けたかを知るためには、事故の状態を知る必要があります。
把握するためのいくつかの重要な問いかけを紹介します。

①足はブレーキペダルを踏んでいたかどうか
→踏んでいれば足関節・膝関節・股関節の緊張を検査して治療しなければなりません。

②左座席か右座席か
→座席によってシートベルトから受ける力も変わります。それに合わせて体幹の治療の方向が変わります。

③ハンドルは握っていたか
→ハンドルをどのように握っていたかによって手首、肘、肩にかかる力が変わります。

④どこを向いていたか
→進行方向を向いていれば、首は前後にだけ力を受けます。もしサイドミラーを見ていたり、後ろを見ていたりすると、首をひねった状態で前後方向に力を受けるためより集中して力を受けてしまいます。

⑤事故に合う瞬間を予期していたか
→突然受ける場合は、力は脱力しているのに対し、事故の寸前でぶつかるのがわかった場合は、体を固めて衝撃に準備をします。

⑥どの方向から接触したのか
→前後方向でまっすぐ受けたのか、横から当たったのかによって受ける力、それに対抗する身体の筋緊張が変わります。

⑦こちらも動いていたか、止まっていたか
→責任がどちらに及ぶのかも影響しますが、身体が受ける力の方向も変わるので把握が必要です。

もし痛いところを触るだけで、受けた力の方向と、身体がその力に対応した緊張を理解せずに治療を続けていたのなら、それでは一行に良くなりません。

少しでも良い変化を出すための「身体への問いかけ」、当院ではそれを大切に日々治療に当たっています。

お力になれれば幸いです。

安心安全丁寧な治療

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
048-708-2011
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

パーキンソン症候群や高次機能障害に対する治療の注意点 東京港区 埼玉県さいたま市

昨日は、全国に訪問医療マッサージ事業所を持つ会社に講義に行ってきました。
この場を借りて、そのような機会を与えてくださった方々に感謝申し上げます。

さて、内容はというと、事前に聞き取り調査した臨床で起こっている課題に対してお答えする形式を今回とりました。

主な内容としては
・認知症患者に対する意思疎通や治療の進め方などコミュニケーションについて
・パーキンソン病およびパーキンソン症候群に対する治療
・高次機能障害に対する評価、分析、治療
・機能訓練に対する全般的な治療方法
・筋力トレーニングについて

全ての話に繋がることが「患者さんの脳へのストレスを取り除くこと」と「障害されている脳の機能に刺激が加わるようにいろんなアプローチをかけること」を提案をしました。

「脳へのストレス」というのは
例を挙げると、目の悪い方が、メガネなしで生活をするようなイメージです。
足元に注意を巡らせたり、少しでも見えるように目を凝らす、そんなことをすれば疲れますよね?
他に例を挙げれば、騒音の中で会話をするようなイメージです。
騒音の中から、集中して相手の声をキャッチアップして聞き取り、大きな声と口をハッキリと動かして相手に伝えるように話すというのはとても疲れます?

神経疾患を患っている方というのは、注意と集中によって脳に多大な負荷がかかっています。

静かな環境での治療や閉眼によって脳にかかるストレスを減らすことはもちろんのこと、半側空間無視などがある方ではどういったポジションで治療するかによっても脳にかかるストレスを減らすことができます。

空間無視のように脳の障害された機能がわかっている場合、適度にその部位への刺激がリハビリとなり、とても良い変化が現れてくるものです。

ここで注意が必要なのが、

障害された神経や脳の局在に対して、その注意を働かせれば、とても良い変化が出ますが、疲労がある日にそれを行うと、反対にとても疲れて次の日に動けなくなることなども生じます。

当院では、
治療は体調が安定して受けられるように、週に一回または2週に一回といったように決まった頻度かつ、その人がもっとも楽な時間帯に治療を受けることをお勧めしています。

 

脳に障害を負った方だけでなく、例えば「めまい」などのように脳神経が関与する症状の場合も、治療後に疲れを感じることもあり、治療を受ける日の体調に注意することが必要です。

 

少しでも皆さんのお力になれるようにその人に合わせた治療頻度や治療の刺激の量を調整できますよう、皆様にもご協力いただければ幸いです。

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

 

不妊・逆子治療 婦人科に対する治療効果

開業して何年も経つと3世代に渡り治療させて頂くことがよくよくあります。

お母様が来院されていたことをきっかけとして娘の不妊治療、孫の発達障害やスポーツ障害を治療させていただく機会はどんどん増えていきます。

いつもありがとうございます。

 

この度、ご懐妊後、お腹の中で順調に育っていた30週目に「逆子」であることがわかり、逆子に対する治療が始まりました。

東洋医学では足の小指にある「至陰」というツボが有名です。

 

PXT00001683809602
至陰のツボ

 

至陰へのお灸に加えて、構造学的に逆子を見ていきます。

腹診から胎児の動きを予想します。

 

婦人科の学問によれば、

出産前に子供の頭が骨盤の中にスッポリとはまり込むことで、出産の準備が始まります。

骨盤の傾斜や仙骨の後傾、ゆがみは子供の頭が降り辛くなります。

プリンシンプル参加婦人科学
プリンシンプル参加婦人科学 胎児の回旋

腹部を優しく触診しながら子供の動きが悪い方向を探し、腰椎や骨盤の動きの悪い方向と関連付けながら施術を行っていると

今回の症例では3回目の施術後の検診で逆子が治っていました。

不妊や逆子の治療経験も増えてきて、命の誕生を耳にする喜びは格別です。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

腰部脊柱管狭窄症・仙腸関節の機能不全・股関節の機能不全 どの症状がどの病態と関連しているか

当院の来院で一番多いのが腰下肢痛で、その中でも脊柱管狭窄症と診断されている人が大部分を占めます。
腰部脊柱管狭窄症と言えば、手術が適応とされる疾患であり、実際に手術をされている人は、当院に来院されている方の3割くらいはいらっしゃいます。
なぜ手術をされているのに、腰下肢痛で来院されるのかと言えば、もちろん手術で症状が緩和されないからです。
抱えていた症状のうち、いくつかは改善され、いくつかは残るといった結果から推測するに、抱えている症状が、『腰部脊柱管狭窄症』という一つの病態では言い表すことができないほど多様な病態が絡んでいることが予測できます。
腰部脊柱管狭窄症が起こす多様な症状
腰部脊柱管狭窄症が起こす多様な症状

現在は多様な病態が身体の中で共存している中で様々な症状を出していることが理解されてきました。

脊柱管狭窄症の手術で一番効果が表れにくいのが ”足のしびれ” と言われています。
中には筋力低下を起こしていて、”しびれ”  や ”感覚が鈍い” という感覚神経の障害だけでなく運動神経の障害まで起こっている方も多数います。
実際に「爪先立ちができない」として来院されている方はとても多く、手術後も改善されない方が、仙腸関節や腰背部、股関節の治療で改善しています。
まず、そのヒトの身体にどんな機能制限があるかを把握することが前進するための最初の一歩となります。
皆様は各関節の機能検査を受けてきているでしょうか?
画像による診断だけだったり、ただ足を上げたり、触れた触覚検査、腱反射だけで病名を診断されてはいませんか?
当院では背骨から骨盤、股関節、足首に至るまでの一つ一つの関節を検査し、抱える症状のどこがどの部分と関連しているのかを考えていきます。
足のしびれには多様な病態が共存している
足のしびれには多様な病態が共存している
実際のレントゲン画像と触診で得た情報をもとにモデルを作成してみました。
fullsizeoutput_1301.jpeg
腰部脊柱管狭窄症 多様な病態モデル
脊柱管狭窄症と診断され、症状は股関節の前方・外方・後方と、全体の痛みと痺れがあり、歩いているうちにだんだんと足が上がらなくなった方がいました。
確かに腰椎の変形も歪みも強く、狭窄症が認められるだろうといった触診具合でしたが、きちんと仙腸関節と股関節の可動性を上げることができた時、その方は途中休むこともなく歩けるようになりました。
この図を見ての通り、画面左側の右股関節は関節面が大腿骨に被さるように骨盤の傾斜を伴っています。
特に右の骨盤の傾きがひどいため、仙腸関節の機能異常も存在していることがわかります。
実際に仙腸関節を調整すると股関節の機能制限も改善してきました。
股関節の過剰な緊張が仙腸関節の異常をきたすとともに、骨盤の傾きがまた股関節の緊張を起こすと言った悪循環が存在しています。
また仙腸関節の不安定が腰部のスタビリティに影響を及ぼし、本来持っていた脊柱管狭窄症の状態を悪化させていたも考えられるでしょう。
こう言った複数の病態が同時に存在しているパターンはかなりの率で拝見します。
『脊柱管狭窄症』と診断されたヒトのうち、手術をしても良くならなかった人はほとんどこう言った現象を持っています。
手術したけど良くならない・手術した後から悪化した・できるだけ手術したくないなど、どんな方でも諦めずに身体の細かな分析と評価と改善を繰り返し行えば必ず光は見えてきます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

 

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

 

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典