スポーツコンディショニング

不定愁訴

声の高さ 痙攣性発声障害

ジストニアの1つとして紹介される「痙攣性発声障害」は、歌手に多く、歌うことを諦める必要があるため、とても深刻な症状です。 一般的な症状として、声帯の張力が保てずに声帯の異常な震えが起こり、発する声も震え「かすれる」「声が震える」など...
不定愁訴

下肢のリズム障害 歩行・ランニング・ドラム

歩行やランニングのように自動的プロセスによる運動や、ドラムのように一定のリズムを刻む運動における障害に、痛みとは別に「リズムを上手く形成できない」という症状をきたして来院される方が珍しいものではなくいらっしゃいます。 今日はドラム演...
ゴルフ肘・野球肘

肘の痛みと予測的姿勢調整

今回はゴルフの肘の障害についてです。 ゴルフ肘や野球肘・テニス肘といったように、スポーツにおいて肘の障害は多く存在しています。 ご紹介したスポーツ障害からもわかるように、ボールを打つ競技・道具を使う競技にとても多いです。 ...
イップス

ピアノ 箏(琴) 指の強張りや痛み

前回、ピアニストの指の障害についてお話ししました。 ピアノの演奏は左右に規則正しく配列された鍵盤を上から下に押す動きであるために、前方への力は手の強張りを生み出してしまう、という話でした。 ピアノ ジストニア 手の障害 ...
腰・股関節の障害

腹斜筋の過緊張による腰痛 筋肉は走行を立体的に掴む必要がある

今回の受講生から紹介された治らない腰痛の症例では、2つポイントがありました。 ①”腹筋は腰痛を改善させる”は間違いない事実ですが、時に"腹筋が腰痛を増悪させる”こともある②筋肉は、痛みを起こしている部分に付着する筋肉だけが痛みの原因...
イップス

ランニングコンディショニング 動力学変換の異常

スポーツ障害やスポーツにおける不調だけに限らず、腰痛や膝の痛みなど運動器疾患を治すために必要な共通概念に「動力学変換」というものを知らないといけないと私は思っています。動力学変換とは・・・
タイトルとURLをコピーしました