ゴルフ 坐骨神経痛 足元からの治療と腰からの治療

「腰から足を治す方法」か、「足元から腰を調整する」かどちらが良いのか、という議論はいろんな場面で発生します。

今回はヘルニアにより腰から足にかけての痺れと痛みを抱えていた方に対しての腰からと足からの双方向からの治療により相乗効果が得られた症例を御紹介します。


症例:
女性(OL)趣味ゴルフ

症状:
2年前ゴルフ中に腰を痛め(ヘルニア持ち)、屈めない、反れないという症状で来院。
週に一回の治療、5回目でかなり改善。
ゴルフに復帰し、月一回の治療で経過観察中。

治療目標は、腰足の痛みは落ち着いており、ゴルフをしても痛めない腰を目標に、コンディショニングとして行なっている状態でした。

現在の症状は:
左足に体重が乗せられない。左片足立ちかなり不安定。親指で強く踏ん張らないと立てない、踏ん張ると足裏がつる。

検査・触診:
股関節の筋力テスト
大腿筋膜張筋、腸腰筋左<右
→左足の壁の機能低下と股関節からの回旋力の低下、左片足立ち不安定に関与

足関節筋力テスト 左長母趾屈筋減弱
→ L5/S1神経圧迫示唆、重心が後ろに移動しやすい。足の裏のつりと関与

SLR(坐骨神経痛伸展テスト) 左30°、右35°
→坐骨神経の伸長不全(圧迫箇所がどこかに存在)

腰椎の触診
L5左下方(L5/S1の圧迫が示唆)、(※下記の写真は右側のL5下方変位)
仙骨も左下方(梨状筋による坐骨神経痛もあるかも)

IMG_0324
右側L5/S1圧迫モデル

片脚立ち時トレンデレンブルグ兆候+
→中臀筋の機能障害
※ここで仙骨の下方変位があるにも関わらずトレンデレンブルグ兆候があるのに注意。何かの大小による片脚立ちができないのかも・・・。

23591709-076A-4DB8-BD8B-7EA8C869B9B5
左トレンデレンブルグ兆候モデル

治療:
左L5/S1の狭窄の解放
左股関節の調整により股関節外転筋力及び長母趾屈筋の筋力の正常化を図る。
体幹の回旋可動域の調整

回旋モビリゼーション
回旋モビリゼーション

治療結果:
股関節の筋力も上がるが、左片足立ちで左母指球(土踏まず)で強く踏ん張らないとバランスを保てない。
バランスを取ろうとしてるうちに足裏がつってくる


再度触診・検査:
左扁平足>右(舟状骨下方変位)
重心右足優位

治療:
足底圧の強い足根骨の調整。
左重心移動をしやすくなる部位を探し調整。
今回は距骨頭の下方変位。

扁平足の治療についての機能解剖学的調整に関する動画はこちらを参照ください

治療効果:
バランス取りやすくなり、片足重心安定。バランスを崩す際には母指球側に落ちていく。その際に親指で踏ん張ると足裏がつりそうになる
→再度L5/S1を調整
足裏のつり感なく安定

考察:
そもそもの足裏や股関節の筋力低下は腰の神経障害から来ていた。その筋肉を使わない立ち方で足の関節が再構築され、足底圧及び重心を身体が覚えてしまった。
腰からの治療で筋肉の促通が行えても身体の重心やバランスの取り方までは変えられず足下からの調整も必要な状態となってた。

まとめ:
適切なタイミングで適切なポイントを適切に対応すれば難しい病態も改善します。マルチモビディティ(複合病態)は単純な坐骨神経痛でさえ存在しているので、何度もフィードバックを行いながら進めていくことで良い変化を与えられます。

足腰の痛みでお困りの方は一度ご相談ください

ゴルフの左股関節の役割に対する検査と治療について説明した動画はこちら

ランニング障害 インソールで悪化した症例

ランナー膝やシンスプリントなど足の障害の治療としてインソールを使用している方を大勢見かけます。
インソールで治る方はたくさんいらっしゃいますが、一方で治らない方、悪化する方もいらっしゃいます。


今回はランナー膝で悩んでいる方の症例と共にインソールの危険性についてお話します。

 

 

症例:
30代女性 

現病歴:
1ヶ月前から毎回5㎞程度走ったところで右大腿外側に痛みを感じるようになる。
1週間ほど前から右足底にも痛みが出たため来院。
 

既往歴:
1年前から腰痛で悩んでおり、様々な場所で治療を受けるも改善せず。
2週間前にランナー仲間から勧められたインソールを付けてみるも改善はあまり見られなかった。

触診・理学検査:
大腿外側の触診→大腿筋膜張筋の緊張↑・圧痛(+)
いわゆるランナー膝であることはすぐにわかります。

さてどこから治療を始めればいいか、全身の検査と細かい触診を行なっていきます。

SLR 右30° 左45°
股関節の外転 右30° 左45°
内転 右15° 左20° 

筋力テスト:
大腿筋膜張筋↓(痛みなし)
出力を見ると、神経系の問題の有無が把握でき、明らかに腰部の治療を必要としている状態でした。
 

考察:
元々腰痛があり、大腿外側の痛みも徐々に出てくるという点を考えると、単なる筋肉の損傷ではなく、神経の圧迫によって痛みが出たと考えられます。  

腰部の触診:
(大腿外側の筋肉である大腿筋膜張筋を支配している上殿神経は腰椎4~5番目から出ている為、腰を触診します。)
L4/5間狭窄

 

fullsizeoutput_45a.jpeg

足底の触診:
舟状骨背側変位=内側縦アーチの上昇
足底筋の緊張↑ 圧痛+(母趾側において優位)
前脛骨筋の緊張↑圧痛+、筋力低下 

IMG_0798

考察:
腰部L4/5の狭窄 →L4/5支配神経の障害(上殿神経・腓骨神経)
→大腿筋膜張筋の筋力低下と痛み(上殿神経の障害)
 

前脛骨筋の過緊張と筋力低下および内側縦アーチの上昇(腓骨神経の障害)
インソールを見ると立方骨と呼ばれる外側縦アーチを形成する骨を押し上げるようなインソールとなっていました。
装具師の話では内側のアーチが高く、重心が右足の外にかかっており、それが足の外側になっているという分析だったそうです。

実際には腰部の狭窄によるアーチの変化と大腿部の痛みだったため、立方骨を無理に押し上げる行為が余計な足の痛みを引き起こしていたようです。 

 

治療:
腰部L4/5のリリース足根骨の調整(舟状骨および立方骨)
股関節のリリース
痛み10→2 

治療頻度;
週に一回の治療を3回行なったところで、10kmでも痛みなし。
2週に一回の治療に切り替わり、症状はないが、自己新記録を出すためのコンディショニング調整を今は行なっています。  

まとめ:
インソールは足元から起こった症状に対してはかなり有効ではあるが、腰部から起こった症状には変化がありません。
足根骨や重心の位置も足元から変えることが果たして有効なのか、現在に至る症状と触診結果から検討する必要があります。
ただ腰の問題が長くかかっていた場合、足元からの治療も必要なため、インソールを補助的に用いることは我々もよく行なっています。
腰から、足から、一方からの治療ではなく、双方から変化を見ることをお勧めします。

足腰やランニングの障害でお困りの方はご相談ください。

サッカー選手のイップス 空間定位と身体の位置覚

輝かしい成績を収めていたトップアスリートから相談を受ける機会のほとんどはこの「イップス」です。 今回は動画で空間定位の異常を引き起こす1症例を紹介しながら、イップスを起こす原因を説明したいと思います。

症例:
社会人サッカー

現病歴:
右サイドのトップでプレーしているが、センタリングが思うように上がらない。
股関節痛(グロインペインgroin pain)を長く患っており、現在は落ち着いているが股関節を曲げる屈曲可動域は未だ回復はしていない。
当初感じていた蹴る時の痛みはないためプレーに支障はないと考え、スポーツマッサージと針をしながらプレーを続ける。

既往歴:
2年前 右もも肉離れ
1年前 右足捻挫
半年前 groin pain

触診・検査:
右四頭筋(緊張↑、筋出力低下、反射テスト速度低下)
股関節可動域
屈曲 右80° 左110°
外転 右30° 左40°
内転 右5° 左20°
外旋 右=左
内旋 右<左

腸腰筋(緊張↑、圧痛+、筋出力低下、反射テスト速度低下、γ運動ループ低下)

腰椎左側弯
骨盤の触診 右ASIN変位(前内方変位)

足関節の可動域
内反↓、外反↑、舟状骨下方変位、距骨の外側上方変位

————————————————–

考察:
2年前の肉離れは上部腰椎の可動性制限により大腿四頭筋の緊張が強くなり、急な負荷がかかった際に肉離れを起こす。肉離れ自体は経過とともに改善をしたが、そもそもの上部腰椎(大腿神経)の機能異常は残ったままだったことにより、急な切り返しの際に腿の筋肉が収縮できず、捻挫を起こした。
足関節が一般的な捻挫(外反捻挫)の反対の内反の可動域が悪かったことから、足関節の捻挫後の固定(内反の方へ引っ張るテーピング)により、徐々に扁平足のように内反足へと変位していった。
その影響で、股関節も内旋し、骨盤も前方回旋され、結果groin painを発症。

groin painと骨盤の機能障害について説明した動画はこちらです。股関節の治療について興味のある方はこちらをご参照ください。

治療計画:
センタリングというインパクトの大きな動作として必要な大腿四頭筋と腸腰筋の神経的調整と骨盤の変位による股関節の空間定位の調整。
これをoutcomeに設定し、競技のパフォーマンスが改善するかを経過観察しました。

治療詳細:
大腿四頭筋、腸腰筋の収縮力や神経系の機能を見ながら上部腰椎を治療。
骨盤の前方回旋、および股関節の可動域を牽引や弛緩法で優しく緩める。
足関節(主に舟状骨、距骨)を調整を行う。

結果:
股関節前面の神経系改善により、細かい切り返しができるようになりました。
そして足関節機能改善によって股関節の回旋可動域も上がり、インサイドの蹴りもスムーズに運べるようになり、センタリングも狙ったところに上がりやすくなりました。
肉離れと捻挫の後遺症がまだ健側と比べるとあるようなので筋トレも一緒に行いながら経過観察を続けています。
今回の症例は、過去の怪我が、その人の足が持っている空間の認識する能力(空間定位)を歪ませてしまって起こった不調(イップス)でした。

股関節が持つ空間認識の異常について説明した動画を作成しましたので興味のある方はこちらを参照ください。

 

“イップス”のほとんどはこの空間定位の異常といっていいと私は思っています。思い描いたように実際の体は動いておらず、今までやっていた行為から知らずにずれてしまう状態です。
治すためには、いつ頃からおかしいのか、おかしくなった背景には過去の怪我と関連することがほとんどですので、既往歴から考察することも重要です。
最後に空間定位とめまい感、高次機能障害の関連について

「めまい感」を起こす空間定位(空間認識)の異常は耳にある耳石が起こすだけでなく、各関節の機能障害でも起こります。
位置覚と呼ばれる関節受容器の異常で起こるこのめまい感は、時には今回のようにスポーツ障害の「イップス」を起こす原因でもあります。
このイップスはいわゆるBody Imageと呼ばれる自分の体の認識する能力に異常と関連しているため、body imageが障害されると言われているパーキンソン病や線維筋痛症などにも関わってきます。

当院ではこの空間定位を治すことによって高次機能障害に対する治療にも応用しています。

スポーツ障害やパフォーマンスが思うように出ない方、その他にも脳障害などでお困りの方は是非一度ご相談ください。

ヒッティングスポーツ 腱鞘炎と神経障害

腱鞘炎や関節炎は頻繁に見かける症状の一つで、難しい症状はたまにあるものの、だいたい5回以内で結果が出る症状です。
診察で重要なのが、「行うべき行為」と「症状の部位」です。 

今回は「ゴルフ」を趣味にする方の「左人差し指」を曲げた時の痛みについて症例を元に機能解剖学的に原因を紹介します。キーワードは【指を支配する神経系】です。

ゴルフなどのようにクラブやラケットを握る競技では人差し指や母指の症状が比較的多く見られます。

手の障害の分類
手の障害の分類

理由は大きく2つあります。今回の「左手人差し指」はクラブやラケットを持つ際に、①グリップ部分に対して指が横(中指の方向)に押される形になります。

指の内転ストレスと腱鞘炎
指の内転ストレスと腱鞘炎

そこにスイング時にしなってくる②クラブの重みが加わると痛みを起こしやすくなります。 ではどうすれば治るのか、それぞれに対してお答えします。 ①の指が横にかかるストレスに耐えられるようにするためには、指と指の間にある骨間筋と呼ばれる筋肉が強くなければなりません。

 

手の内在筋
手の内在筋


 通常この筋肉が異常を起こすのは尺骨神経と呼ばれる神経の障害が多いので、尺骨神経を促通することで大体の場合は改善できます。 ②のクラブの重みがなぜ加わるか、ですが、ダウンスイング時シャフトのしなりが戻ってくるタイミングでリストターンが上手くできていれば、人差し指には力がかかりません。このリストターンは肘で行われているので肘の機能異常を改善すると指の痛みも改善します。 更に言えば、左手においてはリストターンに使われる回外筋は指を伸展する筋肉を支配する後骨間神経を通しているため、それも効果がある理由です。

回外筋と後骨間神経

 「痛みある部位と症状」そして「必要とされる動き」これを組み合わせるとなかなか治らなかった痛みも意外と改善できるものです。

ゴルフ ダウンスイング時の腰の引っかかり感

毎年行われるゴルフ競技ティーチングプロの大会PGAティーチングプロ選手権大会が今年も始まります。

昨年2018年の結果はこちらのリンクで見れます。
第20回PGAティーチングプロ選手権リンク

当院に通って頂いているティーチングプロ達も参加されていますので良い報告を期待しています。

 

今日はゴルフ競技でよく相談される「スイング時の右腰の引っ掛かり」について症例も兼ねてご説明します。

スイング競技ではどれも起こり得る症状ですが、特にゴルフが多いのは、打点が低いことにあるかもしれません。

打点が低いと詰まりやすいのはなぜか、それは身体の左回旋動作には右側屈が加わるような関節の構造になっているからです。

テニスのようにボールに縦回転を加えたい場合や、野球のように打ちおろす場合など、その競技動作に合わせた動作を、股関節と連動し、説明したような椎骨の回旋側屈を巧みに行なっています。

 

症例:男性

ゴルフでダウンスイング時に右腰から脇腹にかけてつまり感を感じる

第3腰椎に左側屈変位があり、左回旋時に右腰の圧迫が考えられます。

回旋と側屈の治療後問題なくスイングできるようになりました。
股関節や足首の機能異常も多く見受けられ、全身の調整をして大会に臨んでいます。

今回のようにゴルフでは、
腰で回す事を意識すればするほど、右の腰は狭くなっていきます。
もしそこに加えて回りづらい腰椎が存在していたら痛みや動作時の違和感が出現するのは必然でしょう。
ゴルフのスイングでも右肩が下がりすぎる、もしくは左肩が高すぎる、そんな指摘を受けている方がいればそれも腰椎の過剰な側屈が起こっているからかもしれません。

ゴルフでの不調などでお困りの方のお力になれれば幸いです。

2019年世界陸上選出!
応援よろしくお願いします!
2019年全日本ジュニアテニス選手権優勝!
応援ありがとうございます!

スポーツ選手における選手生命に関わる肘関節の障害 東京都港区田町・三田 埼玉県さいたま市さいたま新都心・大宮・浦和

肩や上肢の症状に対する検査と治療の紹介動画を作成しました。
ご参考までにご覧いただければ幸いです。

肘関節の触診と治療についての講義を数年行っているからなのか、肘関節の障害に悩み、当院に来院される方はとても多くいらっしゃいます。

数ヶ月から数年間、肘の症状に悩まされ、このまま練習を続ければ、もう壊れてしまう。

そんな状態の方もいました。

多くは競技復帰はもちろんのこと、輝かしい成績にまで成長する選手や学生もたくさんいますので、諦めずに競技を続けられる方法を提供できれば幸いです。

今日は肘の関節に数年悩むテニスプレーヤーについて良い変化が出てきたので一部紹介しながら、この問題について考察したいと思います。

症例:テニスプレイヤー(女性)

数年前より【内側上果炎】(いわゆるゴルフ肘、野球肘)と診断を受け、トレーニング、フォームの改善、電気治療、マッサージと、プロ野球選手も来られるような有名な治療院や病院で治療を受けてきましたが、改善はせず、悪化する岐路をたどっていました。

肘の講義をしていたこともあって、その選手と知り合うことになり、治療を始めたところ、4回目に一段階目の効果が出始めました。

CT画像を見る限り、「問題がないn.p」と言われてしまうのもよくわかります。

確かに重篤な問題がないのは私自身にもわかるようなキレイな関節でした。
骨に異常がなければ、サポーター、テーピング、電気治療、針、マッサージ、ストレッチ、フォームの修正、が処方および指導されるというのは、なんら違和感はありません。

しかし、触って、機能検査をした後にCTの画像を見れば、そこから取り出せる情報は全く別なものになります。

当院では触診結果から治療計画を立て、毎回フィードバックを得ながら治療を進めていきます。

スクリーンショット 2018-11-02 17.44.01

スクリーンショット 2018-11-02 17.44.27

今回のように確かにこのCTだけを見たら、「とても綺麗な肘で問題なから安心してください」なんて言われてしまいますが、触診をした後に、このCTを見るといくつかの治療ポイントが明確になってきます。

1つ目は
【上腕骨内側上顆の後方変位】(資料内の緑ひし形マーク)

2つ目は
【橈骨頭の後方変位】(資料内オレンジのひし形マーク)

でした。
おそらくこれは肩の内旋変位によるものであると予測でき、回内の治療と伸展の治療を行なっていきました。

ただ、CTを見るのと何が違うのか、
そう、「触診」が全くないのです。

治すべき場所を探せば、いくらでもあるような肘なのにも関わらず、ただマッサージと、特殊な良い電気をかけても治りません。

1つ1つの筋肉の機能検査を行い、
1つ1つの関節の機能検査を行い、
1つ1つの神経の機能検査を行い、
1つ1つ治していくと、いつの間にか、肘が伸びるようになりました。

一段階肘は伸びましたが、そこでまた止まってしまいます。
次に試行錯誤の末見つけたのが、

【骨間筋】と【回外の機能制限】

これを改善すると、直後から肘の伸展が数年ぶりに伸びました。

まだサーブの時に必要な完全伸展までは達成していないものの、かなり改善が見られています。

おそらくもう一段階何かを見つけなければなりませんが、おそらくもうすぐそこまできているのを我々は実感しています。

それから経過が進み、今までの治療で可動域はほとんど問題なくなり、以前よりパフォーマンスも上昇、表情も明るくなってきました。

しかし、プレー後半は肘の筋肉が張り、パフォーマンスが低下してしまいます。

確かに可動域はほぼ完全になっていましたが、最終域でガチッとした硬さが残っています。

動画でも紹介している頸神経の治療で筋肉の張りも取れ、肩肘ともに軽く動くようにできました。

他の可動域も測ってみると、右の股関節の外旋、足関節の背屈が異常に固く、肘の筋力テストも股関節と足関節のポジションで弱くなることがわかりました。

つまり、下肢の機能障害があり、その分、「手打ち」をしていたようです。

下肢の硬さを取るとさらに肘は力強くなり、長い時間も差し支えなくプレーができるようになっています。

 

選手生命を脅かす肘関節の痛み、後戻りができないことになる前にちゃんと見直す期間があるとその後の競技人生も変わってきます。

当院の治療を希望される皆様へ

もしすでに画像診断を受けたものがあれば、持参していただくと診察の助けとなります。
治療は肘だけでなく、肩、首、手、背中、腰とすべての関節の機能検査を行い、肘にかかる負担すべてに対して治療を施しますので、各関節の機能検査を行います。

過去にあった症状も参考にしますので、これまでに負った怪我も思い出しながら来院していただけると早い段階で変化を出すことができます。

肘など、身体の痛みや不調で苦しむ方のお力に少しでもなれれば幸いです。

安心安全丁寧な治療

JR田町駅、都営浅草線三田駅徒歩1分
03-6435-2437
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院院長
にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま新都心駅徒歩12分、与野駅徒歩5分、施設内駐車場4台有
048-708-2011
さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201
アギトス鍼灸整骨院 代表
アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典

長らく続くテニス肘 運動連鎖と関節運動学的調整法

肩と首の検査と治療について紹介動画を作成しました。
ご参照いただければ幸いです。

【身体内部に存在する動きの制限を見つけ治療する】

最近はテニスのインストラクター、ゴルフのティーチングプロ、様々な競技のコーチから選手やクライアントを紹介していただいています。

スポーツトレーナーという職種と、我々との大きな違いは何だろうか、こんな問いを自分自身に立てた時、一つ浮かぶのは「触って真実を明らかにする」ということにあるかもしれません。

今日はテニス肘の症例をご紹介しながらその説明をさせていただきたいと思います。

「テニス肘が治らない」

そんな状態に対し、トレーナーはこう考えました。

「体幹の回旋が弱い、肩甲骨の固定が弱い、それによって手打ちとなり、テニス肘を起こしている」

それに対して、体幹の回旋強化、肩甲骨のトレーニングを始めました。

テニスのコーチはこう考えました。

「手打ちとなっている。ボールの打点が少し遅れている。」

それに対して、フォームの修正、主に体幹の回旋から行い打点を前に意識させました。

休むと肘の痛みは改善するも、テニスを再開するとまた痛みが出現する、そして変わらず体幹の回旋は制限され、打点も遅れてしまう。

こういった繰り返し痛みに悩む状態に陥った際に紹介され、体を診ることになります。

実際に体を診てみると、
体幹の左回旋は制限されています。
肩甲骨は外側かつ前方に押し出されており、いわゆる肩が内に巻いている状態。
肘は内側が張り出すように、外側への反り返りが強くなっています。外反肘と言います。

トレーナーやコーチと見解は変わりません。

ここからが我々の本領を発揮する場所です。

体幹の左回旋の制限は第10胸椎でした。
胸椎の5番目は逆に左回旋している状態で停止しており、肩甲骨を外側へと押し広げているようです。
骨盤も左に回旋が強く行われており、足の力が骨盤の回旋により吸収されています。

エクササイズ・リハビリ・フォームの改善のほとんどは、プレイヤー自らの力によって作り上げて行きますが、治療家は相手の体の中にその機能を作ることができます。

”体幹の回旋が遅れる理由”これが体の内部にある場合、エクササイズやリハビリではなかなか改善する事が出来ません。

どの部位に制限があるかを触診し、その部分の動きを作ってあげる。

こうする事で本来の思ったままの動きが可能になります。

実際に今回の場合も、
第10胸椎の回旋を治療し、第5胸椎の回旋を治療するとともに肩甲骨をリリース、そして骨盤の回旋を治して地面からの力を上肢まで導いて行きました。

もちろん肘の関節の治療も施しましたが、その前から肘の痛みも改善し、テニスをしても気にならなくなりました。

悪いフォームを起こしうる身体内部の問題、ここにアプローチするのが我々の仕事です。

テニス肘やスポーツ障害で苦しむ方のお力になれれば幸いです。

長らく続く、腰痛や足の障害にお困りの方のお力になれば幸いです。

安心安全丁寧な治療

03-6435-2437

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院院長

にしむら治療院ホームページはこちら

さいたま市中央区下落合1013-1スピカビル201

アギトス鍼灸整骨院 代表

アギトス鍼灸整骨院ホームページはこちら

西村 公典